ちょっとささやかな世間話

なるほどと思うことや気になることいろんなことなどついて書いているブログです。

植物 季節の行事、風物詩 夏の行事、風物詩

梅雨の終わり咲く半夏生はどんな花?なぜ葉っぱが白くなる、原因と理由は?

投稿日:2021年5月3日 更新日:



梅雨の終わり咲く半夏生はどんな花?半夏生の葉っぱが白くなるのはなぜ、理由は?

季節の雑節のひとつ、半夏生(はんげしょう)

半夏生には大雨が降るとの言い伝えがあり、農家にとっては夏至から半夏生の間に田植えを終わらせる農作業の目安として半夏生の日は大事な日と言われいます。

半夏生の日は、香川県ではうどんを食べる、福井県ではサバを食べる、関西地方の一部ではタコを食べるなどの風習があります。

梅雨の終わりの半夏生のころには植物の半夏生の花が咲く頃で、半夏生は夏の季語です。

梅雨の終わりに咲く半夏生とはどんな花

半夏生は見た目ドクダミに似たような植物です。

半夏生は、ドクダミ科ハンゲショウ属で、日本、朝鮮半島、中国、フィリピンなどでみられる植物です。別名はカタシログサ、半化粧、片白草、半夏生の花穂が咲く時期は6月から8月くらいです。花穂の下の葉っぱが半分白くなり半夏生は湿地や水辺で見られます。

スポンサーリンク
半夏生の名前の由来は、花言葉は

・暦の半夏生のころに花を咲かせるから半夏生
・葉っぱが半分白くなるから半化粧   という説があります。

半夏生の花言葉は内に秘めた情熱、内気

半夏生とは、意味、由来は?半夏生にタコを食べるのはなぜ?半夏生鯖いわれは?

半夏生はなぜ白くなる、白くなる理由は

半夏生の葉っぱがなんで白くなるのか、不思議です。半夏生の葉っぱは一部が漂白されたように白くなります。
葉っぱ白くなる原因は葉緑素を作らないのが理由と言われています。

葉緑素が無ければ緑色にはならないはずです。

葉緑素を作らないと何が起こるのか?、葉っぱが白くなることで半夏生に何か、メリットはなにがあるの?とか思います。

半夏生は虫媒花、葉っぱを白くすることで虫をおびき寄せているようです。虫をおびき寄せて受粉させるのが目的と言われています。

半夏生のころに咲く植物、半夏生。

半夏生の鑑賞できる植物園、自生している公園、寺社などが日本各地に半夏生の名所がありますので、涼し気な半夏生の姿を鑑賞して楽しみたいですね。

スポンサーリンク







-植物, 季節の行事、風物詩, 夏の行事、風物詩
-

執筆者:

関連記事

柿の花の開花時期は初夏で夏の季語、柿の花には花言葉がある!?

秋の味覚の一つの柿、甘くておいしいですね。 近くに台風で折れた柿の木があります。 台風でかなりダメージを受けたのですが、暖かくなってくると葉っぱが芽生えてきます。 秋の味覚の一つである柿ですが、柿には …

酉の市の意味、酉の日とは?商売繫盛の熊手は縁起物!?

11月には酉の市という言葉をよく聞きますが酉の市とはどんな祭礼なのでしょうか? 酉の市の熊手は、商売繫盛の縁起物として人気です。 スポンサーリンク 毎年11月の酉の日に神社で売られています。 なんで、 …

蚊遣りとは?蚊取り線香はどの様にして生まれた?蚊遣豚はなぜ豚の形をしている?

気温が暖かくなると虫が飛ぶ飛んだり、また、蚊も飛び始めます。 ひと昔前には、夕方になるとどこからともなく蚊取り線香のにおいがしてきました。 蚊が入ってくる玄関の軒先などに蚊取り線香を置いてあり、蚊取り …

干し柿の作り方、効能、栄養成分は?白い粉の正体は?

秋になると果物の代表といえば、梨ですね。 それと・・・秋には柿が実ります。柿は秋の代表的な果物です。 スポンサーリンク 田舎の方に行くと秋から冬にかけて軒下に柿がつるしてあるのをみかけます。 干し柿は …

三寒四温(さんかんしおん)の意味は、季節はいつ?三寒四温、日本ではまれ?

三寒四温(さんかんしおん)の意味は、季節はいつ?三寒四温、日本ではまれ? 春先になると、「三寒四温(さんかんしおん)」という言葉をよく耳にします。 三寒四温の中身を単純に見てみると3つ寒い、4つ温かい …

スポンサードリンク


当サイトメニュー

スポンサードリンク