ちょっとささやかな世間話

当ブログはアフィリエイト広告を含むことがあります。

季節の行事、風物詩 何の記念日 夏の行事、風物詩

半夏生とは、意味、由来は?半夏生にタコを食べるのはなぜ?半夏生鯖のいわれは?

投稿日:2020年5月13日 更新日:



半夏生とは、由来は、半夏生にタコはなぜ?半夏生鯖いわれは?

季節の言葉として「半夏生」の日があります。

半夏生とは季節の雑節のひとつです。

半夏生はの季語です。

半夏生とは半夏という薬草が生えるころ、雑節です。

半夏生のいわれ、由来

半夏生の日の頃は、半夏(烏柄杓)という上のほうに白い葉がなる薬草が生えるころで、半夏生と言われます。
半夏生は、七十二候、雑節のひとつで、夏至から11日目の7月1日ごろにあたります。

半夏生に大雨が降るとの言い伝えがあり、農家にとっては夏至から半夏生の間に田植えを終わらせる農作業の目安として、半夏生の日は大事な日と言われいます。

半夏生には何を食べる風習がある?

農家では田植えが終わったら、労をねぎらい田んぼの神様にお祝いして、特別な食べ物を食べる風習があります。

関西地方ではタコを食べる風習だったり、福井県では半夏生鯖、香川県では半夏生のころ、うどんを食べる慣わしがあり、7月2日をうどんの日に設定されています。

半夏生にタコを食べるのはなぜ

関西地方では、半夏生のころ食べるの風習があります。タコは足が8本あって吸盤が付いています。

田植えをした稲がしっかりと地につくようにとの願いが込められていると言われています。

半夏生の日には鯖一匹丸ごと食べる習慣があるのはなぜ

福井県大野市とその周辺の地域では半夏生の日には鯖一匹丸ごと食べる習慣があります。
福井県大野市は福井県東部にあります。

スポンサーリンク

半夏生の日に食べる鯖を半夏生鯖といいます。
半夏生の日に鯖一匹丸ごと食べる習慣は江戸時代のころ大野藩藩主が飛び地の越前海岸から鯖を取り寄せて田植え疲れの農家の家族全員に栄養を摂るよう推奨したことが始まりの起源といわれています。

半夏生とは、意味、由来は?
半夏生の食べ物はタコ、半夏生鯖、うどん
半夏生鯖
について調べてみました。

 

スポンサーリンク

-季節の行事、風物詩, 何の記念日, 夏の行事、風物詩
-

執筆者:

関連記事

いちじくがスーパーに並ぶ時期と値段の相場は?いちじくには花言葉がある?

季節の野菜、果物が店頭に並んでいると季節感を感じます。 夏の季節になると、「いちじくがもう売られている!」、「もういちじくがスーパーに並ぶ時期なの」 とうもろこしやマツタケなどをスーパーの野菜売り場で …

百日紅は植えてはいけないのはなぜ?サルスベリの花の咲く季節・時期、花言葉は?

百日紅(サルスベリ)は植えてはいけないとは?花の季節の時期、花言葉は? 百日紅は公園や街路樹などでもよく見られるおなじみの樹木です。 百日紅の花の色は赤、白、濃いピンク色など色とりどりのお花を咲かせて …

金木犀(きんもくせい)とは、きんもくせいの花言葉、どんなにおいがする?

あなたはきんもくせいのニオイは好きですか? きんもくせいのニオイが漂ってくると秋の気配を感じさせるお花です。 少し暑さがマシになってきた秋のシーズン、金木犀(きんもくせい)の甘く強い香りがブーンと漂っ …

冬至七種の風習の食べ物は、「ん」のつく食べ物で運をつける!冬至の季節にかぼちゃ?

冬至七種の風習の食べ物は、「ん」のつく食べ物で運をつける!冬至の季節にかぼちゃ? 冬至の風習「冬至七種(とうじのななくさ)」は「ん」のつく食べ物で運盛り。 冬至は北半球では1年の中で昼間が最も短い日が …

招き猫の左右の手の向きには意味がある?招き猫の色、黒、赤、金色など意味は?

店先に座って「おいで、おいで」と手招きをしているような招き猫は、商売の縁起物の置物でとても親しまれています。 片手をあげてにこやかで愛嬌たっぷりの招き猫ですが、招き猫はいったいどのようにして誕生したの …







カテゴリー

スポンサードリンク


PAL CLOSET ONLINE STORE(パルクローゼットオンラインストア)

テキストのコピーはできません。