ちょっとささやかな世間話

なるほどと思うことや気になることいろんなことなどついて書いているブログです。

季節の行事、風物詩 夏の行事、風物詩 何の記念日

半夏生とは、意味、由来は?半夏生にタコを食べるのはなぜ?半夏生鯖いわれは?

投稿日:2020年5月13日 更新日:



半夏生とは、由来は、半夏生にタコはなぜ?半夏生鯖いわれは?

季節の言葉として「半夏生」の日があります。

半夏生とは季節の雑節のひとつです。

半夏生はの季語です。

半夏生とは半夏という薬草が生えるころ、雑節です。

半夏生のいわれ、由来

半夏生の日の頃には半夏(烏柄杓)という上のほうに白い葉がなる薬草が生えるころで半夏生と言われます。
半夏生は七十二候、雑節のひとつで夏至から11日目の7月1日ごろにあたります。

半夏生には大雨が降るとの言い伝えがあり、農家にとっては夏至から半夏生の間に田植えを終わらせる農作業の目安として半夏生の日は大事な日と言われいます。

半夏生には何を食べる風習がある?

農家では田植えが終わったら、労をねぎらい田んぼの神様にお祝いして特別な食べ物を食べる風習が残っています。

関西地方ではタコを食べる風習だったり、福井県では半夏生鯖、香川県では半夏生のころ、うどんを食べる慣わしがあり、7月2日をうどんの日に設定されています。

スポンサーリンク
半夏生にタコを食べるのはなぜ

関西地方では半夏生のころ食べるの風習があります。タコは足が8本あって吸盤が付いています。

田植えをした稲がしっかりと地につくようにとの願いが込められていると言われています。

半夏生の日には鯖一匹丸ごと食べる習慣があるのはなぜ

福井県大野市とその周辺の地域では半夏生の日には鯖一匹丸ごと食べる習慣があります。
福井県大野市は福井県東部にあります。
半夏生の日に食べる鯖を半夏生鯖といいます。
半夏生の日に鯖一匹丸ごと食べる習慣は江戸時代のころ大野藩藩主が飛び地の越前海岸から鯖を取り寄せて田植え疲れの農家の家族全員に栄養を摂るよう推奨したことが始まりの起源といわれています。

「鯖一匹丸ごと食べる」
以上、
半夏生とは、意味、由来は?
半夏生の食べ物はタコ、半夏生鯖、うどん
半夏生鯖
について調べてみました。


(楽天市場)

スポンサーリンク







-季節の行事、風物詩, 夏の行事、風物詩, 何の記念日
-

執筆者:

関連記事

おからはスーパーのどこの売り場で売っている?おからの値段はいくら?

おからはスーパーの売り場はどこ?おからの値段はいくら? おからは比較的安く買える食材です。おからとだしで炊いたおからの惣菜卯の花は、おからではおなじみお惣菜です。 おからは、豆腐を作るときに大豆から豆 …

打ち水で暑さ対策、打ち水のしきたり、歴史、打ち水の効果はある!

打ち水で暑さ対策、打ち水のしきたり、歴史、打ち水の効果はある! 京都の町では水をまく「打ち水」をまく光景をよくみることがあります。 京都は盆地なので夏の気温はジメジメしてとても暑いのです。 暑くなって …

刺身のつまのたんぽぽのような花は食べるもの?添える意味は何?

刺身のつまのたんぽぽに似た花は食用菊、食べると香りと味が楽しめる?     お刺身に添えてあるたんぽぽ?似た花は食用菊で食べられます目次1 お刺身に添えてあるたんぽぽ?似た花は食用 …

カスミソウが好きな人多いですね、花言葉は怖いって?感謝、清らかな心です

細かく繊細に分かれた茎の先に、小さい可憐な白い花がたくさん咲いているカスミソウ。カスミソウの花束は見栄えが良く白い色がとてもきれいです。 白くふわふわしたカスミソウは卒業式、お別れの時、誕生日、結婚記 …

七夕飾りの短冊の色、七夕飾りには意味がある?短冊の願い事は誰に願い事する?

七夕の短冊の色、七夕飾りには意味がある?短冊の願い事は誰に願い事する?目次1 七夕の短冊の色、七夕飾りには意味がある?短冊の願い事は誰に願い事する?2 七夕の短冊は色が五色ですが、五色には何か意味があ …

スポンサードリンク


当サイトメニュー

スポンサードリンク


アクセス解析レポート