ちょっとささやかな世間話

なるほどと思うことや気になることいろんなことなどついて書いているブログです。

季節の行事、風物詩 夏の行事、風物詩 何の記念日

半夏生とは、意味、由来は?半夏生にタコを食べるのはなぜ?半夏生鯖いわれは?

投稿日:2020年5月13日 更新日:



半夏生とは、由来は、半夏生にタコはなぜ?半夏生鯖いわれは?

季節の言葉として「半夏生」の日があります。

半夏生とは季節の雑節のひとつです。

半夏生はの季語です。

半夏生とは半夏という薬草が生えるころ、雑節です。

半夏生のいわれ、由来

半夏生の日の頃には半夏(烏柄杓)という上のほうに白い葉がなる薬草が生えるころで半夏生と言われます。
半夏生は七十二候、雑節のひとつで夏至から11日目の7月1日ごろにあたります。

半夏生には大雨が降るとの言い伝えがあり、農家にとっては夏至から半夏生の間に田植えを終わらせる農作業の目安として半夏生の日は大事な日と言われいます。

半夏生には何を食べる風習がある?

農家では田植えが終わったら、労をねぎらい田んぼの神様にお祝いして特別な食べ物を食べる風習が残っています。

関西地方ではタコを食べる風習だったり、福井県では半夏生鯖、香川県では半夏生のころ、うどんを食べる慣わしがあり、7月2日をうどんの日に設定されています。

スポンサーリンク
半夏生にタコを食べるのはなぜ

関西地方では半夏生のころ食べるの風習があります。タコは足が8本あって吸盤が付いています。

田植えをした稲がしっかりと地につくようにとの願いが込められていると言われています。

半夏生の日には鯖一匹丸ごと食べる習慣があるのはなぜ

福井県大野市とその周辺の地域では半夏生の日には鯖一匹丸ごと食べる習慣があります。
福井県大野市は福井県東部にあります。
半夏生の日に食べる鯖を半夏生鯖といいます。
半夏生の日に鯖一匹丸ごと食べる習慣は江戸時代のころ大野藩藩主が飛び地の越前海岸から鯖を取り寄せて田植え疲れの農家の家族全員に栄養を摂るよう推奨したことが始まりの起源といわれています。

「鯖一匹丸ごと食べる」
以上、
半夏生とは、意味、由来は?
半夏生の食べ物はタコ、半夏生鯖、うどん
半夏生鯖
について調べてみました。


(楽天市場)

スポンサーリンク







-季節の行事、風物詩, 夏の行事、風物詩, 何の記念日
-

執筆者:

関連記事

かいわれ大根は生で食べる、食べ方は?かいわれ大根は洗う、洗わない?

かいわれ大根は生で食べる、食べ方は?かいわれ大根は洗う、洗わない?目次1 かいわれ大根は生で食べる、食べ方は?かいわれ大根は洗う、洗わない?1.1 かいわれ大根とは1.2 かいわれ大根は生で食べる野菜 …

梅雨の終わり咲く半夏生はどんな花?なぜ葉っぱが白くなる、原因と理由は?

梅雨の終わり咲く半夏生はどんな花?半夏生の葉っぱが白くなるのはなぜ、理由は?目次1 梅雨の終わり咲く半夏生はどんな花?半夏生の葉っぱが白くなるのはなぜ、理由は?1.1 梅雨の終わりに咲く半夏生とはどん …

芒種から5日後くらいで入梅の時期、入梅の頃のいわしは脂がのっている。

入梅の時期のお手紙の挨拶分は、入梅のころのいわしは脂がのっていて美味しいと言われいます。 6月に入ると梅雨入りはいつ梅雨入りするのか、ととても気になります。 6月、雨の日が続くと外出するのもおっくうに …

春の七草の名前や意味、由来は、七草粥とは!?

春の七草の時期になると、春の七草は秋の七草よりもニュースなどでよく取り上げられています。。 春の七草はセリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ スポンサーリンク 春の七草を七草が …

八十八夜、季節はいつ、意味は?

夏も近づく八十八夜♪ 夏の季節が近づくとすっかり汗ばむ陽気になって、そろそろ八十八夜ですね。 それこそ、夏も近づく八十八夜 お茶摘みの歌でも知っている、夏も近づく八十八夜(^^♪ なぜ、八十八夜という …

スポンサードリンク


当サイトメニュー

スポンサードリンク