ちょっとささやかな世間話

当ブログはアフィリエイト広告を含むことがあります。

食材、食事 秋の行事、風物詩

冬瓜はなぜ冬、名前の由来、旬はいつ?冬瓜は煮物が美味しいが生で食べられる?

投稿日:2021年5月1日 更新日:



冬瓜はなぜ冬、旬はいつ?冬瓜は煮物が美味しいが生で食べられる?


冬瓜は何科の植物?冬瓜が体を冷やすとは?

深緑色のラグビーボールのような形をした冬瓜は、東南アジア原産の野菜です。

中国由来で日本に伝わったと言われています。

ウリ科のつる性の一年草の植物で、冬瓜1個の重さは1㎏から大きなもので10㎏近くにもなると言われいます。

冬瓜は体を冷やす効果があるとされていて、夏の暑い時期に食べられることが多いようです。

冬瓜の名前には、なぜ冬がつく、 名前の由来は?

冬瓜は、日持ちができる野菜で、2、3カ月ほど長期間日持ちする野菜です。

夏に収穫した冬瓜の果実が冬まで日持ちできると言われていることから冬瓜と呼ばれています。

冬瓜は冬まで持つ野菜で、立冬に冬瓜を食べられることも多いようです。

長期間日持ちする冬瓜ですが、カットした冬瓜は傷みやすいので、保存するときはワタや種を取り除いて保存し、できるだけ早く食べるようにしましょう。

冬瓜とは何科の植物?、体を冷やすとは?
冬瓜はなぜ冬、 名前の由来は
冬瓜の季節、旬はいつ?
冬瓜は生で食べられる?
冬瓜の苦い理由は?食べたらどうなる?

冬瓜の季節、旬はいつ?

冬瓜は6月から9月の夏が旬の野菜です。

冬まで保存ができると言われますが、冬瓜は冷暗所で保存すれば2,3カ月保存ができる日持ちの良い野菜です。

冬瓜は水分が豊富で低カロリーで、食物繊維は便通改善、カリウムは老廃物を排出してくれる効果が見込めます。水分が約95%含まれていることから、暑い夏の時期カラダを冷やしてくれる夏が旬の野菜です。

冬瓜は6月から9月が収穫時期で、白い粉が付着している冬瓜が完熟しているものです。

冬瓜は生でも食べられる野菜?

冬瓜に含まれている水分は約95%で、水分の多い野菜です。

冬瓜の煮物料理、美味しいですね。煮込んだ冬瓜に薬味としてすりおろし生姜が美味しいです。

冬瓜は水分が多いので出汁がしみ込みやすく、冬瓜のスルッとした食感とだし汁のコラボした味は煮物にして食べると美味しいです。

冬瓜は煮込み料理の他にも生でも食べられる野菜です。

スポンサーリンク

生で食べられるとしたら冬瓜ですが、冬瓜の皮を剥いて実のやわらかい部分を薄くスライスして水に晒してからポン酢やドレッシングなどお好みでも食べられます。

生の冬瓜に少々の手間を加えて作る冬瓜の漬物は、ご飯と冬瓜の塩味はパリパリした食感で美味しいです。

冬瓜が苦い理由は?苦みがある冬瓜を食べたらどうなる?


冬瓜はまれに苦みがあるものがあります。

苦みは冬瓜に限らず、ズッキーニ、きゅうり、スイカなどのウリ科の植物に含まれる成分で、苦みの原因はククルビタシンという成分です。

ククルビタシンはヘタの部分に含まていることが多く、含まれている量は少ないですが、毒性があるので食べるには注意が必要です。

苦みのある冬瓜を料理する時は、皮を厚く剥いたり、下茹でをするようにしたら良いとされます。

冬瓜の皮は食べても大丈夫?栄養素はある?冬瓜についている白い粉の正体は!?

スポンサーリンク

-食材、食事, 秋の行事、風物詩
-

執筆者:

関連記事

いちじくの皮は洗う、洗わない?そのまま皮ごと食べれる?いちじくに栄養はある?

いちじくの皮はそのまま食べるときは洗う、洗わない?いちじくに栄養はある?いちじくの皮に毒とは? ほんのりと上品な甘味で栄養があるといわれる果物のいちじく。 いちじくはそのまま生で食べられますが、ジャム …

めかぶは、毎日食べるのはダメ?めかぶは低カロリー、納豆やキムチと食べれる?

山芋、オクラ、納豆、モロヘイヤなどネバネバ系の食べ物は、カラダにいいとされる食べ物が多いですが、めかぶもネバネバ系の食べ物です。 めかぶはスーパーなどのお魚売り場の近くでよく見かける海藻です。 スーパ …

みかんの中の白い皮と筋に名前がある?白い薄皮は食べたほうが良いのはなぜ?

みかんの中の白い皮と筋の名前がある?白い薄皮は食べたほうが良いのはなぜ? 秋から冬にかけ食べることが多いみかんですが、みかんはカラダに良い成分が含まれているは良く知られています。 みかんを食べ過ぎると …

みかんは一日何個まで食べたら良い?みかんを食べすぎるのは良くない?

冬の季節の果物のみかん、みかんはビタミンCが豊富に含まれている柑橘系の果物です。 みかんは果物だからカラダによさそう、だからみかんを何個でも食べたら良いように思いますが、実際はどうなんでしょうか? み …

じゃがいもの食べる部分はどこ?じゃがいもの栄養成分、カロリーは?ご飯の代わりになる?

スーパーなどの野菜売り場で一年中見かけるお馴染みの野菜、じゃがいも。 じゃがいもは、煮物、炒め物、味噌汁の具などいろいろ調理に使いやすい食材です。 じゃがいもは、土地を選ばずに、寒い地域でも、比較的に …







カテゴリー

スポンサードリンク


PAL CLOSET ONLINE STORE(パルクローゼットオンラインストア)

テキストのコピーはできません。