ちょっとささやかな世間話

なるほどと思うことや気になることいろんなことなどついて書いているブログです。

季節の言葉

二十四節気、春の季節の季語の雨水はいつ。雨水におひな様を飾ると良い!?

投稿日:2018年8月5日 更新日:



二十四節気は、季節を表す言葉に四季(春夏秋冬)がありますが、二十四節気は四季よりも季節を細かく24に分けられています。

二十四節気は中国で考えられた季節を表す言葉であり、日本の季節感にはずれもあるかもしれません。

雨水とは、雨水の意味、いつ?

二十四節気では立春の次は季節は雨水(うすい)で、雨水は春の季語です。

雨水は立春の後15日で2月19日ごろから次の節気の啓蟄までの期間を指します。

立春 ➡ 雨水 ➡ 啓蟄

雨水とは、読み方、雨水はいつ?意味は?

二十四節気の雨水は、雪が雨へと変わり、氷が解けだす頃です。

雨季でもないのに雨水と呼ばれる意味は、雪の季節が過ぎて雪や氷から雨に変わる時期です。昔は農耕を始める目安となる時期でした。

太陽黄径330度、立春から数えて15日目ごろが雨水です。

雨水は春の雨が降りはじめる季節です。春の温かさに雪や氷が溶けて雨水になる日と言われています。

今まで冬の時期雪が降っていましたが寒さの峠を越えて降る雪が雨に変わる時期です。

雨水七十二候

土脉潤起 つちのしょううるおいおこる 気候が暖かくなり、雪が雨に変わり大地が潤う

霞始靆  かすみはじめてたなびく 春霞がかかるころ

草木萌動 そうもくめばえいずる 草木が芽生えるころ

雨水は、気候が暖かくなり、草木が芽生える春の季節です。

雨水にお雛様を飾ると良縁になる?

雨水にお雛様を飾ると良いと言われるところもあるようですが、なぜ、雨水にお雛様を飾ると良いと言われるのでしょうか?

もうすぐ、3月3日はひな祭りですが、ひな人形はいつ飾ればいいのと迷う人もいるかと思います。

おひな様を飾る時期に決まりはありませんが、節分が終わった立春から2月中旬にかけてかざるのが良いと言われています。

おひな様を飾る時期は、雨水の日に飾ると良いと言われています。雨水は春の温かさで雪や氷が雨水として降り注ぐ日です。

また、水は命の象徴の源と言えます。水神のみつはのめのかみは、豊穣をもたらす神であり、子宝、安産の神とも信仰されています。このようなことにより、雨水の日におひな様を飾ることにつながっているとされています。

お雛様を飾ると良いと言われるのは、雨水に飾ると、良縁に恵まれるといわれているようです。

雨水の時期の食べ物、植物は

雨水の時期の食べ物

ふきのとう、わらび、タラの芽などなどの山菜が芽を出す時期です。おひたしやてんぷらなどで春を感じるのも良いですね。

春キャベツ

スポンサーリンク

春キャベツは3月から5月くらいの春に出回るキャベツで、キャベツよりも小ぶりで、みずみずしくて、柔らかい食感と甘みがあっておいしいです。

キャベツにはビタミンCが豊富に含まれており、火を通さなくても柔らかいので、生のまま食べてみてはいかがでしょうか。ビタミンC以外にも食物繊維、ビタミンKなども含んでいるとされます。

からし菜

関東ではからし菜、高菜と言われる野菜も、春が旬の野菜です。

ピリッとした辛味を持つ野菜で、お漬物やお浸し、また、ごま油や唐辛子などで調理すると、白ご飯にも合う副菜にもなります。

菜の花

少し苦みがある菜の花は春が旬の野菜です。お浸しや辛し和え、味噌汁やお吸い物など食材を感じる料理も良いですね。

新玉ねぎ

新玉ねぎは3月から4月に出回る玉ねぎです。新玉ねぎは肉質は柔らかくてみずみずしいのが特徴です。みずみずしくて柔らかいのでスライスしてサラダでも食べれます。
普通の玉ねぎは、結構な日持ちしますが、新玉ねぎはみずみずしいので水分を含みますので長期保存はできないです。

はまぐり

はまぐりは、対となる貝がら同士でないとピッタリと合わないことは良く知られています。ひな祭りや祝い事など夫婦和合の縁起物の食材としては欠かせない食材です。はまぐりの旬は春で、ハマグリがプリプリして美味しさも増す時期です。

春わかめ

わかめは一年を通してとれますが、わかめの旬は春。わかめは低カロリー、食物繊維やミネラルなどを含んでいるとされます。

雨水の時期の植物

つばき

つばきは品種により開花時期は違うのですが、つばきは春の花とされます。

椿の季節、開花時期は?椿は縁起が悪い、良いのと言われますがその意味は?

ねこやなぎ

ねこやなぎは寒さが厳しい2月から3月が開花時期で、春の訪れを感じる草木で知られています。ふわふわとした綿毛がネコの毛にそっくり。
ねこやなぎの花言葉は率直です。

なずな
なずなは、ぺんぺん草ともいわれる春の七草のひとつです。道端や公園などいたるところで見かけます。

沈丁花
沈丁花は香りが良いことで知られる3月から4月が開花時期の花木です。

良縁に恵まれるなら、雨水の日に飾るほうが良いようです。

雨水の次は二十四節気啓蟄です。

啓蟄にひな祭りの雛人形を片付けると良い?啓蟄にこもはずしの意味は?

スポンサーリンク







-季節の言葉
-

執筆者:

関連記事

二十四節気小寒とはいつ、読み方、意味は?小寒と大寒、食べ物は?

二十四節気第23節気は小寒で(しょうかん)と読みます。 寒さが厳しくなってきたと感じる季節です。 大雪 ➡ 冬至 ➡ 小寒です。 小寒とはいつ、小寒の意味は?目次1 小寒とはいつ、小寒の意味は?1.1 …

二十四節気大雪とは、読み方、意味は、大雪の頃の食べ物は?

二十四節気第21節気は大雪(たいせつ)です。 大雪とは、雪が降りだすころで、山沿いでは雪が降り、平地でも雪が降る所もあります。大雪の時期はこれから本格的に寒くなってくる季節です。 立冬 ➡ 小雪 ➡  …

二十四節気大暑の候、意味、食べ物は?大暑と天ぷらとの関係は?

二十四節気第12節は大暑(たいしょ)です。 大暑は夏の季語です。 大暑という漢字を見ただけでもすごく暑いイメージですが、本当にとても暑い時期です。 大暑の時期には、各地では花火大会や夏祭りなど夏の行事 …

十五夜はいつ?十三夜とは?十五夜は何をする、何を食べる?

中秋の名月の月を眺めて楽しむ十五夜、お月見をする、お団子を食べる、すすきをかざるなどの日本古来の風習です。 古くからの日本の風習の十五夜、中秋の名月、なぜお団子を食べるの?、 日本の風習の年中行事とし …

二十四節気白露とは、意味は何、白露の旬の食べ物は!?

二十四節気第15節気白露です。 二十四節気では、「立秋」とか「春分」とかはよく耳にしますが、「白露」という言葉は少しなじみがないかもしれませんね。 二十四節気では 立秋 ➡ 処暑 ➡ 白露となります。 …




サイトカテゴリー

スポンサードリンク


アクセス解析レポート