ちょっとささやかな世間話

なるほどと思うことや気になることいろんなことなどついて書いているブログです。

季節の言葉

啓蟄にひな祭りの雛人形を片付けると良いの?啓蟄にこもはずしの意味とは?

投稿日:2018年8月13日 更新日:

二十四節気の季語、啓蟄、啓蟄の日に雛人形を片付けると良いと言われています。

二十四節気の啓蟄とは

難しい漢字で書かれています啓蟄ですが、啓蟄の読み方はは「けいちつ」と読みます。

啓蟄について調べてみました。

ひな祭りの雛人形を片付けする日は啓蟄の日が良い

雛人形をお片付けする日に決まりはありませんが、啓蟄の日が良いと言われています。

啓蟄の日が良いと言われていますが、雛人形をしまう日はお天気が良い日、湿気のないお天気が良い日に大切にお片付けするようにしましょう。

啓蟄のこもはずしとは

啓蟄の風習にこもはずしがあります。

ニュースで啓蟄の話題として取り上げられることもありますが、啓蟄にお城や庭園などで冬の時期に樹木に巻き付けた藁でできた菰を外します。

外した菰には松の葉を食べるマツカレハの幼虫マツケムシなどの害虫が入っており、害虫駆除の目的の意味があるようです。

菰に入っている益虫は除けて、害虫だけを選別して菰を焼く行事のことです。

二十四節気啓蟄とは何、啓蟄の虫の種類は、啓蟄はいつ?

二十四節気季語の啓蟄の時期は下図では 雨水 ➡ 啓蟄 ➡ 春分 となります。

二十四節気では、1番目は立春からはじまり雨水の次は啓蟄にあたります。

蟄とは、冬の間、地中に閉じこもっている虫のことをさします。

啓蟄に出てくる虫の種類は、冬の時期、地中で眠っていたカエル、あり、トカゲ、ミミズ、虫などが目覚めになる時期です。

暖かくなってきて生物が地中からでてくる、冬から春にかけて、暖かくなってきて冬ごもりを終え、土の中から外へ出てくることを「啓蟄」といいます。

スポンサーリンク

もともとは旧暦二月節の二十四節気の一つで、新暦では毎年三月六日ごろの時期を啓蟄と言っていました。

啓蟄の期間としては、この日から、次の節気の春分前日までをさします。

啓という字は「啓蒙」「啓発」というように、開けたり明けたりという意味がありますが、「拝啓」「一筆啓上」のように申し上げるという意味でつかわれることもあります。

啓蟄の候(けいちつのこう)

啓蟄という言葉ですが、3月の手紙の季語として、手紙の挨拶でも使用されている言葉です。

啓蟄の候は3月5日から3月19日まで使える時節の挨拶です。

「啓蟄の候」は啓蟄の時期に春が近づいてきて、気温が温かくなり、冬ごもりしていた虫たちもでてくるきざしを感じる季節をあらわします。

拝啓 啓蟄の候 いかがお過ごしでしょうか。

拝啓 啓蟄の候 ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

などのように、季節の言葉を入れて手紙を送ると季節感が感じるお手紙になります。

また、手紙を送る相手方が目上の人だと拝啓の代わりに謹啓をつかうこともあります。

啓蟄の食べ物は

啓蟄の頃は地中から虫が出てくる季節ですが、タケノコやワラビ、ぜんまいなどの野菜や植物なども山菜も地中のエネルギーを蓄えていて、春が旬の食べ物です。

この時期の玉ねぎは新玉ねぎといわれ、皮が薄く、実の水分が多くてやわらかい、という特徴がある玉ねぎです。

たけのこの炊き込みご飯やたけのこのてんぷらなど美味しい時期です。二十四節気の啓蟄の次は二十四節気春分です。

 

スポンサーリンク







-季節の言葉
-

執筆者:

関連記事

二十四節気第14節気処暑とは、意味、食べ物は!?

二十四節気第14節気 処暑とは 二十四節気第14節気は処暑です。 大暑 ➡ 立秋 ➡ 処暑です。 スポンサーリンク スポンサーリンク

冬から春に向かっているのに、寒いのは寒の戻り、意味、時期、原因は!?

天気予報で「寒の戻り」という言葉を聞いたことがあると思います。 「寒の戻り」とは何でしょうか? スポンサーリンク 一般的に春は一気に訪れるのではなく、冬から寒暖を繰り返しながら徐々に暖かくなっていきま …

二十四節気第20節気小雪とは、意味は、食べ物は?

二十四節気第20節気は小雪(しょうせつ)です。 霜降 ➡ 立冬 ➡ 小雪です。 スポンサーリンク 風情のある言葉、こゆきと書いて小雪です。 小雪、漢字をみると小さい雪と書きますが、冬はまだまだかなと思 …

十五夜、中秋の名月はいつ?十三夜とは?十五夜の楽しみ方は?

日本では昔からお月見をする風習で、お月見をする、お団子を食べる、すすきをかざる、などの風習があります。 十五夜の楽しみとといえば、お団子を食べながら月見をすることでしょう。 もし、十五夜になぜお団子を …

二十四節気第1節立春はいつ、立春の挨拶文

最近、忙しい毎日を過ごす現代において、季節についての関心が薄れてきているようです。 季節の言葉とか立春などについての関心が少なくなってきてはいないでしょうか。 スポンサーリンク 立春とは春をイメージす …

スポンサードリンク


当サイトメニュー

スポンサードリンク