ちょっとささやかな世間話

なるほどと思うことや気になることいろんなことなどついて書いているブログです。

季節の言葉 季節の行事、風物詩 冬の行事、風物詩

節分は日本だけの行事?豆まきをする意味は?なぜ年の数だけ豆を食べる?

投稿日:2020年11月28日 更新日:



節分の日に「鬼は外、福は内」と掛け声をかけながら豆まきをする日本の伝統行事ですが、日本各地の神社でも季節の行事として節分の日に節分祭で豆まきが行われます。
節分の日のニュースで芸能人や力士、俳優などが有名な神社などで豆をまく光景を目にします。節分は2月3日をイメージしますが、2月3日が節分の日と決まっているわけではないです。
節分は立春の前日となります。季語は冬の季語です。
豆まきをする意味、由来は
節分の豆まきの豆はなぜ大豆を使用するの
節分でなぜ年の数だけ豆を食べる 



豆まきをする意味、由来は


「鬼は外、福は内」こどものいるご家庭などではこどもは豆まきをするのを楽しみにしているところもあるようです。
ところで、何で節分の日に豆まきをするのでしょうか?
節分の日は季節が冬から春に変わる日の前日が節分の日になります。二十四節気では立春の前日です。立春は旧暦では1年の始まりであり、厳しい冬の寒さから春に移り変わるめでたい日です。

古くは中国から伝来した追儺(ついな)という習慣が始まりと言われます。追儺が日本に伝来したのは奈良時代と言われています。節分の行事の追儺は鎌倉時代まで大晦日に行われていました。

追儺は紀元前五世紀ごろの周の時代のころ中国から伝わった習慣で、中国の方相氏(ほうそうし)という官職の者が、武器を持って悪霊を追い払ったのです。
日本に伝来すると宮中では舎人(とねり)が鬼の役となり、大舎人長(おおとねりちょう)が四ツ目の面をかぶって鬼を追い払うようになったようです。このような習慣が一般に広まり、大晦日に行われていましたが大晦日ではなく立春の前日の節分に豆まきが行われるようになったといわれています。

豆まきが盛んになったのは江戸時代からです。最初の頃は豆ではなくをぶつけていたようです。桃には悪霊退散で邪悪なものを避ける働きがあるとされていました。しだいに邪気を払う豆をまくようになったといわれています。大豆には邪気をはらう霊力があるとされ、大豆を炒ってからまくようになったようです

スポンサーリンク

日本では季節の行事として知られている節分ですが、節分でお祝いするのは日本だけの文化のようです。中国から伝わった節分ですから、中国でも節分の行事を行われていると思いますが、季節の行事として節分でお祝いするのは日本だけのようです。

 

節分の豆まきの豆はなぜ大豆を使用するの

「鬼は外、福は内」と掛け声をかけながら豆まきをして福を呼び込みます。豆まきの豆は福豆と呼ばれています。

節分に使う豆は炒った大豆を使うことが多いのですが、地域によって落花生を使うところもあるようです。大豆(豆)は、米、ひえ、あわ、麦と同じ、五穀の一つです。穀物や果実には精霊が宿ると言われています。豆には魔を滅するの意味から魔滅という漢字もあり、豆は邪気を払う意味があるようです。

豆まきの豆は炒った大豆を使います。普通の大豆を使うとまいた豆から芽が出る可能性があります。まいた豆から芽が出ると縁起が悪いとされているので豆まきの豆は炒った大豆を使います。

箱をかぶって鬼に変身!小袋をまいて遊べる節分セット

(楽天市場)

節分になぜ年の数だけ豆を食べる?食べる量は?


節分に年の数だけ豆を食べると良いと言われています。また、節分に豆を年の数だけ、もしくは年の数より1個多く、食べると良いとも言われています。
豆まきの豆は年の数だけ、それともプラス1個どちらが正しいのでしょうか?疑問です。

どちらでも良いようです。年の数だけ豆まきの豆を食べることで、年の数だけ福を身体に取り入れるというのが節分で年の数だけ豆を食べる意味です。

福豆を食べてる時に、今まで何個食べたと頭の中が混乱することありませんか?
福豆を食べた数、はじめは数えていたけど何個食べたかわからなくなった。
福豆は年の数だけ食べるとありますが、それ以上食べても問題ないです。ただ、食べ過ぎは身体によくないですね。

節分は冬から春に季節が変わることをお祝いする行事です。来年も健康で過ごせますようにとの願いが込められています。

豆まきをする意味、由来は
節分の豆まきの豆はなぜ大豆を使用するの
節分でなぜ年の数だけ豆を食べる 

豆まきは昼、夜、時間帯は?外にまいた豆はどうする?掃除する?大豆の代わりに落花生?

スポンサーリンク







-季節の言葉, 季節の行事、風物詩, 冬の行事、風物詩
-

執筆者:

関連記事

ヒガンバナ(彼岸花)は庭に植えてはいけない?持ち帰ると火事になるとは?

ヒガンバナ(彼岸花)は庭に植えてはいけない、持ち帰ると火事になる? 秋に田んぼやあぜ道に花を咲かせるヒガンバナ(彼岸花)、ヒガンバナは9月中旬以降、お彼岸の時期に真っ赤な花を咲かせます。 秋のお彼岸の …

二十四節気寒露とは、寒露の意味は、寒露はいつ!?食べ物は?

二十四節気寒露とは、寒露の意味は、寒露はいつ!?食べ物は? 二十四節気17節気は寒露(かんろ)です。 白露 ➡ 秋分 ➡ 寒露です。 寒露のころの季節は、朝晩がめっきり冷え込むようになってきます。寒露 …

二十四節気立冬は冬の季語、立冬はいつですか?立冬の食べ物は冬瓜?

  立冬(りっとう)は二十四節気19節気です。 暦の上では冬の始まりとされていますが、本格的な冬の寒さはしばらく時間があります。 かぼちゃは冬至の食べ物で知られていますが、立冬の旬な食べ物と …

八十八夜の季節はいつ、意味は?八十八夜の食べ物はお茶、お茶は縁起がいい

夏も近づく八十八夜♪ 夏の季節が近づいてきてすっかり汗ばむ陽気になって、そろそろ八十八夜です。 それこそ、夏も近づく八十八夜 お茶摘みの歌でも知っている、夏も近づく八十八夜、 なぜ、八十八夜というので …

二十四節気小寒とはいつ、読み方、意味は?小寒と大寒、食べ物は?

二十四節気第23節気は小寒で(しょうかん)と読みます。 寒さが厳しくなってきたと感じる季節です。 大雪 ➡ 冬至 ➡ 小寒です。 小寒とはいつ、小寒の意味は? 小寒は冬至から15日後になります。太陽の …




カテゴリー

スポンサードリンク


アクセス解析レポート