ちょっとささやかな世間話

なるほどと思うことや気になることいろんなことなどついて書いているブログです。

季節の行事、風物詩 冬の行事、風物詩

豆まきは昼、夜、時間帯は?外にまいた豆はどうする?掃除する?大豆の代わりに落花生?

投稿日:2020年12月1日 更新日:



節分の日には「鬼は外、福は内」の掛け声で豆まきをする家庭もあると思います。
日本の季節の伝統行事である節分に豆まきすること
節分の行事を子供さんに教えることが必要と、豆まきをする家庭もあるようですね。

マンションに住んでいる家庭では、家も散らかるし、外にも豆をまくこともできないので、豆まきをしない家庭もあるようです。

小さい子供さんにとっては豆まきをするのがイベントみたいで楽しみにしているでしょうね。豆まきをする時間は昼、夜、豆まきする時間帯は何時がベスト?

豆まきは昼、夜、豆まきする時間帯は何時が良い

節分の日、豆まきをするのに良い時間は何時?昼か夜か決まっている?
豆まきをする時間があんまり遅いとご近所さんのご迷惑にもなりそうだし。。。
鬼は日の暮れる夜に現れると言われているので夕方から夜の時間帯が一番良い時間帯と言えます。夕方から夜なら家族もみなさんそろいますしね。

でも、神社や保育園などでは昼間も豆まきをしていますので豆まきをする時間を気にしなくていいのかもしれませんね。夕方から夜は家族がそろう時間、豆まきをして家族の福をお祈りしましょう。

スポンサーリンク

豆まきでまいた豆は拾って食べる?

節分は立春の前日で新しい年を祝い、「鬼は外、福は内」と邪気を払い神様に感謝する季節の行事です。

節分の豆まきでまいた豆は捨てるのは良いのでしょうか?それとも、豆は拾って食べるものなのでしょうか?

基本的には外にまいた豆は捨てるのは良くないですが、衛生的にも食べるのはチョット食べるのはためらいますよね。

では、節分に豆まきをする福豆は食べ物、粗末にするので良くないのでは?

豆まきをした後の豆は食べ物なのでもったいない、粗末に扱うのはどうなの?

豆などの穀物や果実には精霊が宿ると言われています。
豆には魔を滅するの意味から魔滅という漢字もあり、豆は邪気を払う意味があるので豆まきをした後の豆を捨てるのは基本良くないことです。
でも、外にまいた豆を拾って食べるのも抵抗があります。衛生的にも良くないですね。

最近では豆が汚れないように袋ごと包んで売っている商品もあります。
外にまいた豆は基本的には捨てる事になるでしょう。また、犬や猫などのペットやはとなどに食べてもらうのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

豆まきをして外にまいた豆は掃除する?

節分の豆まきは邪気を払うために「鬼は外、福は内」との掛け声で豆まきをしますが、豆まきをした後は、外にまいた豆がお庭や道路など所々に散らかっています。外にまいた豆は基本的には捨てることは良くないようですが、道路にまいた豆を放置されていたら通行人がつまずいて怪我でもしたら大変なことになってしまいます。

豆まきをした後の豆でご近所に迷惑が掛からないように外にまいた豆の掃除は必ずした方が良いです。トラブルにならないためにも。
節分の豆について調べてみると、大豆の代わりに落花生で豆まきする地域もあるようです。

節分の豆まきには落花生、落花生の地域は

節分に使う豆は節分用に大豆を炒った福豆ですが、落花生で豆まきをする地域もあります。北海道、東北、北陸、九州の一部などでは大豆の代わりに落花生で豆まきをするようです。
落花生なら豆まきをしたら外にまいた豆は見つけやすいし、掃除にも困らないでしょうね。また、落花生は殻付きなので殻をむいて食べられるのもいいかもしれませんね。

豆まきをした豆を拾って食べるのは衛生的にチョット抵抗があります。そして、掃除も大変です。
豆まきをした豆を食べることができて掃除に困らない方法は袋ごとの豆で豆まきをすることも一つの方法です。

袋ごとの豆で豆まきをする

豆まきをした後、豆をそのまま放置しておくとご近所迷惑にもなりますし通行人がつまずいたりすることもあるでしょう。大豆は拾うのが大変で、豆を踏みつけるとぐちゃぐちゃになりますし、湿気を帯びるとフニャフニャになり掃除するのが面倒になります。
もし、豆まきの豆にこだわりがなければ、落花生で豆まきをすると地面に落ちても見つけやすいですし、落花生は殻でおおわれて汚れていないので食べることできます。
また、最近では豆を小袋に入れて豆まきをしている人もいいます。小袋に入っている大豆なら衛生的にも良いです。

(楽天市場)
豆まきは昼、夜、豆まきする時間帯は何時が良い
豆まきでまいた豆は拾って食べる?
豆まきをした後の豆は食べ物なのでもったいない、粗末に扱うのはどうなの?
豆まきをして外にまいた豆は掃除する?
節分の豆まきには落花生、落花生の地域は
袋ごとの豆で豆まきをする

節分は日本だけの行事?豆まきをする意味は?なぜ年の数だけ豆を食べる?

スポンサーリンク







-季節の行事、風物詩, 冬の行事、風物詩
-

執筆者:

関連記事

ひまわり(向日葵)は何科の植物、原産地はどこ?ひまわりの季節は何月?

夏に咲くひまわり(向日葵)の黄色い花は夏のイメージがピッタリの植物です。 ひまわりの種を撒いて、芽が生えてくるとひまわりの成長を観察するのは、とても興味深いものです。 ひまわりは16世紀にヨーロッパに …

ダルマの目、どちらから入れるのが正しいの?

ダルマは禅宗の始祖である、達磨大師が座禅する姿を形に表したものです。 ダルマは願掛けする伝統的な縁起物です。 よく選挙の当選した人がダルマに目を入れている光景を見かけることがあります。 ダルマに目を入 …

三寒四温(さんかんしおん)の意味は、季節はいつ?三寒四温、日本ではまれ?

三寒四温(さんかんしおん)の意味は、季節はいつ?三寒四温、日本ではまれ? 春先になると、「三寒四温(さんかんしおん)」という言葉をよく耳にします。 三寒四温の中身を単純に見てみると3つ寒い、4つ温かい …

鏡餅の裏白にはどんな意味がある?裏白の向き、使い方は?鏡餅にこんぶはなぜ?

鏡餅にはお正月の歳神様へのお供え物、今年1年間無病息災で過ごせるように祈願する縁起物です。 鏡餅には、まあるいお餅に、みかんのような果物の橙、半紙、裏白、こんぶ、干し柿などが飾られています。 お正月の …

ヒガンバナ(彼岸花)は庭に植えてはいけないのはなぜ?持ち帰ると火事になるとは?

ヒガンバナの花言葉、彼岸花は庭に植えてはいけない、持ち帰ると火事になる? 秋に田んぼやあぜ道に花を咲かせるヒガンバナ(彼岸花)、ヒガンバナは9月中旬以降、お彼岸の時期に真っ赤な花を咲かせます。 秋のお …

スポンサードリンク


当サイトメニュー

スポンサードリンク