ちょっとささやかな世間話

当ブログはアフィリエイト広告を含むことがあります。

季節の行事、風物詩 夏の行事、風物詩

芒種から5日後くらいで入梅の時期、入梅の頃のいわしは脂がのっている。

投稿日:2020年5月9日 更新日:



入梅のころのいわしは、脂がのっていて美味しいと言われいます。

6月の梅雨入りはいつ梅雨入りするのか、とても気になります。

6月梅雨で、雨の日が続くと外出するのもおっくうになります。

雨の時期は、外出する人も少なくなるので、レストラン、映画館、美術館など空いていることもあるでしょう。

晴れた日に行くよりもゆっくりできますので雨を楽しんで出かけるのもいいかもしれませんね。

梅雨を表す季節の言葉で「入梅」という季節の言葉があります。

季節の言葉ですが入梅について調べてみました。

入梅とは、芒種の時期は

入梅は、日本では、太陽黄経が80度またはその日とのことです。入梅の日は6月10日くらいです。

二十四節気芒種は6月6日からですので、入梅は芒種から数えて5日後ぐらいです。

二十四節気芒種とは

入梅と梅雨入りの違いは、梅雨入りの時期を示す雑節で暦の季節の言葉です。梅雨入りは気象用語で実際に梅雨に入った時期をさします。

スポンサーリンク

農家にとって、梅雨入りは田植えの時期を大変重要な時期です。

梅雨入りのとは何時から何時まで、梅雨明けはどうして決まるの

 

入梅の挨拶分とお花

梅雨の時期の手紙で季節の言葉は 入梅の候、初夏の候(みぎり)、あじさいの花も咲き始めました、梅雨入り間近となりましたなど季節感のある言葉を添えて手紙を送ります。

入梅のころに咲く花はあじさい、菖蒲、ツユクサなどです。

入梅いわしは、いつからが美味しい

いわしは、大衆魚としてお手頃に食べられる魚です。

梅雨の時期に獲れるまいわしのことを、季節の言葉にちなんで銚子では入梅いわし(にゅうばいいわし)と言われています。
梅雨の時期にとれる入梅イワシは脂ののりがとても良いいわしです。

千葉県の銚子のうめぇもん入梅いわし祭りは、入梅いわしのお祭りで、6月中旬過ぎから7月中開かれるようです。

いわしの脂がジュワっととてもおいしそうですね。

入梅とは、芒種の時期は
入梅の挨拶分とお花
入梅いわしはいつからが美味しいの

入梅は梅雨入りの季語ですが、雨の日は読書などいろいろ楽しんで過ごしてみてはいかがでしょうか。



 

 

スポンサーリンク

-季節の行事、風物詩, 夏の行事、風物詩

執筆者:

関連記事

三寒四温の意味は、時期・季節はいつ?三寒四温の逆の四字熟語はある?

三寒四温(さんかんしおん)の意味は、時期、季節はいつ? 春先になると、「三寒四温(さんかんしおん)」という言葉をよく耳にします。 三寒四温の中身を単純に見てみると3つ寒い、4つ温かいとあります。 3つ …

クリスマスの食べ物は、なぜ、チキン、ケーキなのか、理由、意味、発祥、由来は!?

クリスマスの食べ物は、なぜ、チキン、ケーキなのか、理由、意味、発祥、由来は!? クリスマス頃には、街では楽し気なクリスマス音楽が聞こえてきて、クリスマス気分を盛り上げてくれます。 クリスマスでは、食卓 …

カスミソウが好きな人多いですね、花言葉は怖いって?感謝、清らかな心です

細かく繊細に分かれた茎の先に、小さい可憐な白い花がたくさん咲いているカスミソウ。カスミソウの花束は見栄えが良く白い色がとてもきれいです。 白くふわふわしたカスミソウは卒業式、お別れの時、誕生日、結婚記 …

春の花のたんぽぽは雑草、野草?たんぽぽの名前の由来、花言葉は?毒性は?

春はたんぽぽの季節、雑草、野草どっち?毒はありません?名前の由来、花言葉は? 春に花が咲くたんぽぽ、光を浴びてたんぽぽが群生している風景は春の訪れを感じて、きれいな光景ですね。 寒い冬を乗り越えて、春 …

金木犀(きんもくせい)とは、きんもくせいの花言葉、どんなにおいがする?

あなたはきんもくせいのニオイは好きですか? きんもくせいのニオイが漂ってくると秋の気配を感じさせるお花です。 少し暑さがマシになってきた秋のシーズン、金木犀(きんもくせい)の甘く強い香りがブーンと漂っ …







カテゴリー

スポンサードリンク


PAL CLOSET ONLINE STORE(パルクローゼットオンラインストア)

テキストのコピーはできません。