ちょっとささやかな世間話

なるほどと思うことや気になることいろんなことなどついて書いているブログです。

季節の行事、風物詩 冬の行事、風物詩

クリスマスツリーの星やオーナメントの名前、意味は?クリスマスは 何色?

投稿日:2020年10月15日 更新日:



クリスマスツリーの星やオーナメントの名前、意味は?クリスマスは 何色、意味は?

12月になると、お店や家庭にイルミネーションやクリスマスツリーを飾っていて、一気にクリスマスの雰囲気とともに、もう、年末感がとても感じます。

クリスマスツリーはクリスマスツリーの木のもみの木にクリスマスツリーのてっぺんに星やベル、天使などのいろんな種類のオーナメントを飾り、クリスマスの演出を華やかにしてくれます。

いつからクリスマスツリーを飾るのかは決まりがないのですが、12月からクリスマスツリーを飾ることが多いようです。
アメリカなどでは11月の第4木曜日の感謝祭のサンクスギビングが終わると、一気にクリスマスムードが高まって来ます。

クリスマスツリーで楽しいクリスマスを過ごせればいいですね。


クリスマスツリーの飾りのオーナメントに意味がある?由来は?

クリスマスツリーのオーナメントは、もみの木に飾られている飾り、装飾品を指します。

クリスマスツリーの木にはいろんなオーナメントが華やかに飾られていますが、それぞれのオーナメントには意味があります。

クリスマスツリーの丸い球はクーグル、リンゴ、天使、ベル、キャンディ、オーナメントの意味は?




 

クリスマスツリーに飾ってある数々のオーナメント、クリスマスを華やかに演出してくれます。

クリスマスツリーのオーナメントのそれぞれには意味があります。

クリスマスツリーのオーナメントで丸い球はクーゲルと呼ばれいます。丸い球はもともとはリンゴが飾られていたようですが、いつのころからか丸い球に変わっていったと言われています。

天使のオーナメントはキリストの誕生をマリアなどに知らせた天使、ベルのオーナメントはキリストの誕生を知らせるベルで美しい音色には魔除けの力があると言われています。

杖の形をしたキャンディは、キャンディー・ケーンと言われ、羊飼いの杖です。

クリスマスツリーのイルミネーション、とても華やかに彩ってくれます。イルミネーションは世界を照らす光であるキリストを表しているとされています。

他にも、いろいろなオーナメントがありますのでクリスマスツリーを楽しむときにはオーナメントの意味を思い出してたのしんでみてはいかがでしょうか?

クリスマスツリーの木はもみの木、意味は?



クリスマスツリーの木には、もみの木が使用されることが多いですが、クリスマスツリーの木にもみの木については諸説あると言われています。

クリスマスツリーの木の種類はもみの木でマツ科もみ属の常緑針葉樹です。もみの木は日本にも広く自生しています。

クリスマスで想像される地域はヨーロッパの北、中部です。冬は大変寒さが厳しい地域でもあります。そのような厳しい冬にもかかわらず、もみの木には緑色の葉っぱが茂っています。大変な冬の寒さの中、葉っぱが茂っているもみの木は永遠の命の象徴と言われています。

クリスマスツリーの発祥の国は、由来は?



 

クリスマスツリーはキリスト教から由来しているものではないようです。クリスマスツリーには、諸説ありますが、クリスマスツリーの発祥地はドイツのアルザス地方も一説です。
この地方のクリスマスにはマーケットなどの前に鮮やかにライトアップされたツリーを飾るなど、毎年クリスマスを盛大に祝っています。ゲルマン民族の冬至のお祭りユールから由来しているという説です。北欧ではクリスマスをユールと呼ぶ地方もあるようです。

クリスマスツリーのてっぺんの星の名前は?星を飾る意味・由来は?

クリスマスツリーのてっぺんには星が飾られています。クリスマスツリーのてっぺんに飾られている星の名前はベツレヘムの星と言われています。

星を飾られることが多いのですが、イギリスなどではクリスマスエンジェルという天使が飾られるようです。

ベツレヘムの星の意味は東方の三賢者にイエスキリストの誕生を知らせ、ベツレヘムに導いた希望の星の意味です。

クリスマスツリーのイルミネーション、とても華やかに彩ってくれます。イルミネーションは世界を照らす光であるキリストを表しているとされています。

スポンサーリンク

他にも、いろいろなオーナメントがありますのでクリスマスツリーを楽しむときにはオーナメントの意味を思い出してたのしんでみてはいかがでしょうか?

クリスマスと言えば何色?クリスマスカラーの意味とは



クリスマスと言えば何色をイメージしますか?クリスマスにはクリスマスらしいクリスマスカラーがあります。
クリスマスカラーと言えば、赤色、緑色、白色、金・銀色ですね。
赤色はキリストの血の色で愛と寛大さを表している

緑色はクリスマスツリーのもみの木からきているようです。冬には多くの木が枯れてしまうのですが、もみの木はクリスマスの寒いときでも緑色の葉っぱをつけているので、希望の木として、北欧では人々の心に残っているようです。
白色は純潔の色です。雪の色、聖なる意味を表していると言われています。
金・銀はキリストの高潔さ、気高さを表しているようです。

クリスマスの赤い葉っぱの名前、由来は?クリスマスのギザギザの葉っぱの名前は?

サンタクロースが赤色の服を着ているのはなぜ?



サンタクロースは赤色の服を着てトナカイに乗ってプレゼントを配る優しいおじいさんというイメージだと思います。
もともとは、サンタクロースの服は、赤色ではなく、白や普通の服、北欧では緑だったようです。サンタクロースの顔の表情は柔和な表情ではなく怖い表情であったとも言われています。ちょっとショックですね。

サンタクロースの服が赤色になったのは、コカ・コーラの色、赤色が影響しているようです。サンタクロースが笑顔で白い髭を生やして赤い服を着たイメージが定着して現代のサンタさんになっています。サンタクロースは優しい表情のお顔でトナカイに乗ってプレゼントを配るイメージのほうが断然いいですね!

インテリア、クリスマスツリー、オーナメント、のアイテム選びに

クリスマスツリーのオーナメントには意味がある?由来は?
クリスマスツリーの木の種類は?
クリスマスツリーの発祥の国は、由来は?
クリスマスツリーのてっぺんに星がありますが、星を飾る意味は?
クリスマスと言えば何色?クリスマスカラーの意味とは

クリスマスになれば何気なく見ているクリスマスツリーと彩っているオーナメントです。
クリスマスツリーはきれいだなと、クリスマスツリーを飾りたいと思う人もいるでしょうか。

スポンサーリンク







-季節の行事、風物詩, 冬の行事、風物詩
-

執筆者:

関連記事

ポインセチアの原産地、クリスマスに飾る理由、花言葉は怖い、結婚しないとは?

クリスマスの代表的花で知られているポインセチア、クリスマスシーズンには、お花屋さんでもよく見かける植物です。 ポインセチアの赤色と緑色がクリスマスの雰囲気にとてもマッチしています。 ポインセチアの華や …

菜の花がスーパーに並ぶ旬の時期はいつ?菜の花は生で食べられる?

菜の花の時期、スーパーの店先に並ぶ春の季節!菜の花は生で食べられる?目次1 菜の花の時期、スーパーの店先に並ぶ春の季節!菜の花は生で食べられる?1.1 旬の菜の花がスーパーなどの店先に並ぶ時期は?1. …

ダルマの由来、意味は?赤い色、形は丸い形をしているのはなぜ?

ダルマは伝統的な縁起物として人気の置物です。 ダルマのダルマの由来、意味は?赤い色、形は丸い形をしているのはなぜについては、ダルマはなぜ赤い色で丸い形をしているのかについては、ダルマのモデルは達磨大師 …

三寒四温の意味は、時期・季節はいつ?三寒四温の逆の四字熟語はある?

三寒四温(さんかんしおん)の意味は、時期、季節はいつ? 春先になると、「三寒四温(さんかんしおん)」という言葉をよく耳にします。 三寒四温の中身を単純に見てみると3つ寒い、4つ温かいとあります。 3つ …

豆まきは昼、夜、時間帯は?外にまいた豆はどうする?掃除する?大豆の代わりに落花生?

「鬼は外、福は内」の掛け声で豆まきをする節分。 日本の季節の伝統行事である節分に豆まきすること 節分の行事を子供さんに教えることが必要と、豆まきをする家庭もあるようです。 マンションの家庭では、家も散 …




サイトカテゴリー

スポンサードリンク


アクセス解析レポート