ちょっとささやかな世間話

なるほどと思うことや気になることいろんなことなどついて書いているブログです。

季節の言葉

二十四節気寒露とは、寒露の意味は、寒露はいつ!?食べ物は?

投稿日:2018年10月7日 更新日:



二十四節気寒露とは、寒露の意味は、寒露はいつ!?食べ物は?

二十四節気17節気は寒露(かんろ)です。

白露 ➡ 秋分 ➡ 寒露です。

寒露のころの季節は、朝晩がめっきり冷え込むようになってきます。寒露のころの気候はとても過ごしやすい時期です。

スポンサーリンク

寒露という言葉自体はとても寒いイメージがありますが、寒露の季節は秋です。

寒露とはいつ、意味は?

二十四節気17節気の寒露とはいつ?


寒露は太陽の黄経が百九十五度の時刻を含む日を言います。秋分の15日後にあたり、新暦では10月9日頃になります。

寒露とは晩秋から初冬にかけての露のことを意味します。

寒露のころになるともう10月ですので、秋が深まり実りの秋で食べ物がおいしい季節でもあり、気候的に暑くもなく寒くもなくおしゃれを楽しめる季節です。

露が、冷気にあたって凍りそうになるような、秋の深まりを感じさせる時期です。

夜の野原に行けば、虫の声がまるで音楽を奏でるように鳴いています。
秋の澄んだ夜空を見上げ、虫の声で深まる秋を感じる次第です。

スポンサーリンク

寒露の七十二候では

鴻雁来(こうがんきたる)鴻雁(こうがん)が飛来をはじめ
菊花開(きくのはなひらく)菊の花が咲き
蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)蟋蟀(キリギリス)が戸のあたりで鳴く

秋が深まり、夏鳥は南へ、ツグミやガンなどの冬鳥が飛来し、栗や柿が取れはじめます。
菊の花も咲き虫の声もうるさいほど鳴く季節です。

お手紙の挨拶文は寒露の候(かんろのこう)

寒露の時期の挨拶文は寒露の候を使います。露が冷気にあたって凍りそうになるような秋の深まりを感じさせる時期です。

寒露のころの食べ物は、寒露の旬の食べ物

寒露のころは味覚の秋です。
食欲の秋で寒露のころが旬を迎える食べ物はキノコ類、栗、サツマイモなどが代表的な寒露のころが旬の秋のおいしい食べ物です。

行楽の秋で、キノコ狩りやサツマイモの芋ほりが楽しめるのも寒露のころです。
キノコやサツマイモ、栗の炊き込みご飯もおいしいです。

寒露のころは新米が収穫されるころです。新米の旨味も堪能したいですね。

寒露のころのお魚はさんまが旬といえます。さんまは秋には脂がのっていてとてもおいしい時期です。

寒露のころは、おいしい食べ物がありおしゃれを楽しむことができる季節ですが、朝晩の温度差が大きいので体調管理が大切です。

二十四節気18節気霜降とは、意味は、食べ物は?

スポンサーリンク







-季節の言葉
-

執筆者:

関連記事

二十四節気大暑の候、意味、食べ物は?大暑と天ぷらとの関係は?

二十四節気第12節は大暑(たいしょ)です。 大暑は夏の季語です。 大暑という漢字を見ただけでもすごく暑いイメージですが、本当にとても暑い時期です。 大暑の時期には、各地では花火大会や夏祭りなど夏の行事 …

二十四節気候清明とは、いつ?清明節、清明の食材・食べ物、花は?

清明は、二十四節気で春分のあと節気、5節は清明になります。 二十四節気の清明とはいつ?目次1 二十四節気の清明とはいつ?1.1 二十四節気清明とは、1.2 清明節は1.3 清明七十二候1.4 二十四節 …

十五夜はいつ?十三夜とは?十五夜は何をする、何を食べる?

中秋の名月の月を眺めて楽しむ十五夜、お月見をする、お団子を食べる、すすきをかざるなどの日本古来の風習です。 古くからの日本の風習の十五夜、中秋の名月、なぜお団子を食べるの?、 日本の風習の年中行事とし …

二十四節気大雪とは、読み方、意味は、大雪の頃の食べ物は?

二十四節気第21節気は大雪(たいせつ)です。 大雪とは、雪が降りだすころで、山沿いでは雪が降り、平地でも雪が降る所もあります。大雪の時期はこれから本格的に寒くなってくる季節です。 立冬 ➡ 小雪 ➡  …

二十四節気小暑の期間はいつからいつまで、読み方、意味、飲食は?

二十四節気第11節気は小暑 芒種 ➡ 夏至 ➡ 小暑です。 小暑の期間はいつからいつまで目次1 小暑の期間はいつからいつまで2 小暑の時期は七夕の節句3 小暑の七十二候は4 小暑の時期の飲食は 小暑は …




サイトカテゴリー

スポンサードリンク


アクセス解析レポート