ちょっとささやかな世間話

なるほどと思うことや気になることいろんなことなどついて書いているブログです。

季節の言葉

二十四節気第23節気は小寒、意味は、食べ物は?

投稿日:2018年11月3日 更新日:

二十四節気第23節気は小寒(しょうかん)です。

寒さが厳しくなってきたと感じる季節です。

大雪 ➡ 冬至 ➡ 小寒です。

スポンサーリンク
 

小寒とは

小寒は冬至から15日後になります。太陽の黄経が二百八十五度に達する時刻を含む日のことです。

新暦では一月六日ごろになります。

寒の入りを迎え、いっそう寒さが身にしみる時期です。

小寒の日から大寒(だいかん)と節分(せつぶん)を過ぎ、寒が明けるまでの三十日間を「寒の内(かんのうち)」といいます。

日脚はだんだん伸びてきていますが、寒の内が1年で最も寒い時期です。

また、暖冬になる年は寒が明けて二月に寒くなることがよくあります。

 

お手紙では寒のうちの時期、このころより寒中見舞いの時期です。

寒の時期は体の芯から冷えるようでとても寒い時期ですね。

早く春になってほしいと思いますが、寒に入ってからの1か月は一番寒い時期といわれています。

「寒四郎(かんしろう)」と「寒九(かんく)」とは、「寒試し(かんだめし)」とは

小寒に入って4日目を「寒四郎(かんしろう)」、九日目を「寒九(かんく)」と呼びます。

スポンサーリンク

「寒四郎」「寒九」について調べてみると

「寒四郎」は寒の入りの4日目でこの日に晴れればこの年は豊作になるようです。

「寒九」は寒の入り九日目で寒四郎とは逆にこの日に雨が降ればこの年は豊作になるといわれています。

寒試しとは旧暦の小寒から大寒までの天候から立春以降の天候を予測することを寒試しといいます。

小寒の七十二候では

芹(セリ)が良く育ち

地中で凍った泉が動きはじめ

雄の雉(きじ)が鳴きはじめる

芹が良く育ち、地中の泉が動きはじめ、雉が鳴きはじめる。

春に向かっているようで、動植物たちが目覚めて活動を始め、凍り付いた大地にも少しずつ春の兆しを感じる季節です。

小寒の食べ物は

タラ

冬のなべ物でもタラは美味しいです。寒い時期にはおなじみのお魚です。タラには、良質なタンパク質、カリウム、カルシウム、リンなどミネラルをバランスよく含むお魚です。脂質が少なく低カロリー、低コレステロールです。

アンコウ

ぶよぶよして見た目がちょっとと思うお魚ですが、美味しいお魚で、寒い時期になるとあんこう鍋はとても美味しいです。アンコウは冬が旬で歯以外はすべて食用になるありがたいお魚です。

カブ

セリ
セリはビタミンCやミネラル、βカロテン、食物繊維など含むお野菜です。

 

春の七草について

以上、小寒について調べてみました。

小寒は寒の入りで一年で一番寒い時期です。

体の芯から寒いと思う時期です。かぜやインフルエンザなどに気を付けてすごしたいですね。

二十四節気第24節気は大寒です。

スポンサーリンク







-季節の言葉
-

執筆者:

関連記事

二十四節気小暑の期間はいつからいつまで、読み方、意味、飲食は?

二十四節気第11節気は小暑 芒種 ➡ 夏至 ➡ 小暑です。 小暑の期間はいつからいつまで目次1 小暑の期間はいつからいつまで2 小暑の時期は七夕の節句3 小暑の七十二候は4 小暑の時期の飲食は 小暑は …

冬から春に向かっているのに、寒いのは寒の戻り、意味、時期、原因は!?

天気予報で「寒の戻り」という言葉を聞いたことがあると思います。 「寒の戻り」とは何でしょうか? スポンサーリンク 一般的に春は一気に訪れるのではなく、冬から寒暖を繰り返しながら徐々に暖かくなっていきま …

立冬は冬の季語、立冬はいつですか?挨拶文の立冬の候の時期は?食べ物は冬瓜?

立冬(りっとう)は二十四節気19節気です。 暦の上では冬の始まりとされていますが、本格的な冬の寒さの到来はしばらく時間があるようです。 かぼちゃは冬至のイメージなんだが、立冬の旬な食べ物といえばかぼち …

二十四節気第20節気小雪とは、意味は、食べ物は?

二十四節気第20節気は小雪(しょうせつ)です。 霜降 ➡ 立冬 ➡ 小雪です。 スポンサーリンク 風情のある言葉、こゆきと書いて小雪です。 小雪、漢字をみると小さい雪と書きますが、冬はまだまだかなと思 …

十五夜、中秋の名月はいつ?十三夜とは?十五夜の楽しみ方は?

日本では昔からお月見をする風習で、お月見をする、お団子を食べる、すすきをかざる、などの風習があります。 十五夜の楽しみとといえば、お団子を食べながら月見をすることでしょう。 もし、十五夜になぜお団子を …

スポンサードリンク


当サイトメニュー

スポンサードリンク