ちょっとささやかな世間話

なるほどと思うことや気になることいろんなことなどついて書いているブログです。

季節の行事、風物詩 何の記念日 その他いろいろ

招き猫は豪徳寺が有名ですね!招き猫の色、猫の手の御利益、意味は?

投稿日:2018年11月4日 更新日:



顔をかしげて前足をあげ、耳の上をこする猫の姿、愛らしいしぐさの招き猫。

店先に座って「おいで、おいで」と手招きをしている招き猫、招き猫は商家の縁起物として親しまれています。

片手をあげてにこやかに愛嬌たっぷりの招き猫ですが、この愛くるしい招き猫はいったいどのようにして誕生したのでしょうか?

また、招き猫は何かご利益があるのでしょうか。

招き猫の誕生の由来を調べてみました。

スポンサーリンク

招き猫の神社は東京の豪徳寺、由来は?御利益で有名?

招き猫は小田急線に豪徳寺という駅があります。豪徳寺と同じ名前の寺院豪徳寺があります。この豪徳寺のなかに、正面を格子づくりにした四角い黒いお堂の招福殿という建物があります。

堂のなかには、子供の背丈ほどの大ぶりな招き猫が置いてあり、寺では、それを「招福猫児」としてあがめています。
堂のわきには、猫塚がつくられていて、そばにある小屋にはたくさんの招き猫が奉納してあります。

招き猫は豪徳寺が由来で、徳川家の譜代大名の有力者で彦根藩主の井伊家の菩提寺でありました。

井伊家と豪徳寺のかかわりは、江戸時代、井伊直孝が世田谷15か村の領主になったその数年後の夏の日の出来事です。

直孝は鷹狩りに出かけ、世田谷の弘徳庵という貧しげな寺にさしかかった時、一匹の猫がその門の前にいて、直孝一行に手招きをするようなしぐさをした。

不思議に思った直孝は、そのいわれを知りたくて弘徳庵の住職と話してみたくなった。

住職に本堂に案内されたところ、にわかに夕立にみまわれました。直孝は住職そのときといた三世因果の法にたいそう感銘を受けた。

直孝は、不思議な猫に招かれたこと、急な雨をしのげたこと、ありがたい法話に接した喜びで、貧しい弘徳庵を再興したいと考えました。

寛永15年(1638年)に、寺領と堂塔を寄進したうえで、そこを井伊家の菩提寺にしました。

弘徳庵は井伊直孝の戒名、久昌院豪徳天英居士にちなんで豪徳寺になりました。

豪徳寺は、寺の再興の縁をつくった招き猫を奉納する習慣がつくられたと言われます。

招き猫の右手、左手、白黒など色には意味がある?

招き猫の手の意味は?

お店などにちょこんと鎮座しているかわいい招き猫、招き猫は右手、左手をあげていますが手をあげるにはどんな意味があるのでしょうか?

・右手をあげている招き猫 お金を招く
・左手をあげている招き猫 お客を招く

手がぐっと長く耳を越している招き猫

スポンサーリンク

手がぐっと長く耳を越している招き猫は手長とよばれ、遠くからも福をたくさんよせるとして珍重されています。

招き猫、白、黒、赤、金、ピンク色の御利益、意味は?

白い招き猫が多いようですが、黒、赤などいろんな種類の色の招き猫の縁起物があります。

招き猫の色の違いは、どんな意味があるのでしょうか?

白色の招き猫が多いのですが、黒色、赤色、金色、ピンクなどもあります。

白色の招き猫  開運招福
黒色の招き猫  家内安全、魔よけ、厄除け
赤色の招き猫  無病息災
金色の招き猫  財運出世
ピンクの招き猫 恋愛成就

招き猫が持っている持ち物は小判、打ち出の小づちなどさまざまです。

招き猫は福を持ってきてくれるという日本の伝統的な縁起物です。

招き猫は種類、色、手のあげ方などさまざまな招き猫がありますが、古くから伝統のある招き猫、なにかご利益があればいいなと思います。

インテリアとして千客万来、商売繫盛、家内安全の縁起物として愛されている招き猫、お店の開店祝いなどにも良い贈り物でしょう。

招き猫の日とは、由来は

招き猫は福が来てほしいと願う縁起物ですが、招き猫の日があるのをご存知ですか?

招き猫の日は9月29日です。

なんで9月29日なんでしょうか。9月(くる)29日(福)の語呂合わせです。

1995年に招き猫の愛好団体の日本招猫愛好団体が制定されました。

縁起物と言われる招き猫について調べてみました。

インテリアとしても似合う招き猫、福が来れば良いですね。

スポンサーリンク







-季節の行事、風物詩, 何の記念日, その他いろいろ

執筆者:

関連記事

鏡餅の起源歴史、意味、理由は?鏡餅はいつからいつまで飾る?鏡開きは鏡餅を食べる!?

日本には昔からいろんな風習がありますが、日本古来の風習の意味や由来はなぜと思うことも。 お正月の風習でも、門松、お年玉、お雑煮などの風習がありますが、鏡餅をお供えすることもあります。 正月に欠かすこと …

三寒四温(さんかんしおん)の意味は、季節はいつ?三寒四温、日本ではまれ?

三寒四温(さんかんしおん)の意味は、季節はいつ?三寒四温、日本ではまれ? 春先になると、「三寒四温(さんかんしおん)」という言葉をよく耳にします。 三寒四温の中身を単純に見てみると3つ寒い、4つ温かい …

ダルマのダルマの由来、意味は?赤い色、形は丸い形をしているのはなぜ?

ダルマは伝統的な縁起物として人気の置物です。 ダルマのダルマの由来、意味は?赤い色、形は丸い形をしているのはなぜについては、ダルマはなぜ赤い色で丸い形をしているのかについては、ダルマのモデルは達磨大師 …

オクラのへた、産毛は取らないでも食べられる?オクラ 生で食べてしまった、注意点は?

スーパーの野菜売り場でよくみるオクラ、実は、栄養が豊富なすごい野菜です。 オクラの特徴はネバネバ成分は水溶性食物繊維で、オクラは栄養がすごく豊富でカラダにはとても良いと言われています。 オクラのヌメリ …

だるま(達磨)の目を入れる意味は?どっちから入れる?用が済んだだるまのその後は?

真っ赤で立派な体格、太い眉のだるまは、願掛けする伝統的な縁起物。 だるまの願掛けは、目標達成、商売繫盛、家内安全、健康祈願、就職祈願など人それぞれですが、だるまに願掛けをして願い事が叶ったら良いですね …

スポンサードリンク


当サイトメニュー

スポンサードリンク


アクセス解析レポート