ちょっとささやかな世間話

なるほどと思うことや気になることいろんなことなどついて書いているブログです。

季節の行事、風物詩 冬の行事、風物詩

春の七草の名前や意味、由来は、七草粥とは!?春の七草の名前の覚え方の順番は?

投稿日:2018年9月22日 更新日:



新年が明けてしばらくするとよく話題になる春の七草。

スーパーなどでは、春の七草を揃えたセットを売っているのをみかけますね。

 

春の七草はいつ、春の七草の種類の一覧は

春の七草はいつ?春の七草の種類の一覧は


春の七草は1月7日の朝に7種類の植物をおかゆにして食べる風習です。

春の七草の種類はセリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ

 

春の七草と七草がゆの意味

中国では昔新年の7日を「人日の節句」と言われています。

1月7日に7種類の野草を入れたおかゆを食べる習慣は古代の中国から渡ってきた習慣といわれています。

7つの草や野菜を混ぜた汁モノを食べる風習が始まりとされています。

七草がゆの始まりの頃は、七草がゆにいれる植物はどんな植物か穀物かは決まってなかったようです。

ただ、こうした7つの草や野菜を混ぜた汁モノを食べることで、邪気を払い、無病息災を祈ったとされます。

また、お正月に食べたご馳走などで疲れた胃を休める意味もあると言われています。

春の七種の由来

日本では年初に雪の間から芽を出した草を摘む「若菜摘み」という風習がありました。これが七種の原点と言われています。

春の七草はセリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ

七草粥は正月七日なのですが、七草粥は正月十五日に米や粟(アワ)、稗(ヒエ)、黍(キビ)、小豆(アズキ)などを入れて食べるお粥を七草がゆという場合もあるようです。

春の七草とは、春の七草の名前は


芹  (セリ)
芹はせり科の多年草で日本全国の山野に自生しています。セリのにおいは独特です。せりは、古くから食用としていたという記録もあります。

薺  (ナズナ)
薺の読み方はナズナです。読みにくい漢字です。ぺんぺん草ともいわれます。ぺんぺん草は道端で見かけるよくある植物です。

ぺんぺん草も食べれるんですね。ぺんぺん草は、ビタミン、ミネラル、食物繊維が含まれているようです。

ぺんぺん草は、アブラナ科の越年草で、ぺんぺん草の由来は「ぺんぺん」が三味線を弾く擬音語で、実の形が三味線のバチに似ていることから来ているとされます。
ナズナの花言葉は「あなたに私のすべてを捧げます」とのことです。

御形 (ゴギョウ
御形はハハコグサ(母子草)でありキク科ハハコグサ属の越年草です。日本全国の道端、野原などでも普通に見ることができます。
ハハコグサは昔草餅や日干ししてお茶にしたりしました。
ハハコグサの花言葉はいつも思う、無償の愛、忘れない、切実な思いという意味があるようです。まさにハハコグサのイメージにピッタリです。

スポンサーリンク

繫縷 (ハコベラ)

繫縷の読み方はハコベラです。はびこるから繁栄の意味もあると言われています。
花びらが小さく、かわいい花です。ナデシコ科越年草でみちばたに自生しています。
ハコベラの花言葉は愛らしい、初恋の思い出、ランデブーです。

仏の座(ホトケノザ)
ホトケノザは、コオニタビラコ(小鬼田平子)と呼ばれるキク科の植物です。黄色い花をつけます。
現在の紫紅色の花を付けるホトケノザではありません。

菘  (スズナ)
菘(スズナ)はカブ(蕪)をさします。

蘿蔔 (スズシロ)
蘿蔔(スズシロ)は大根をさします。

春の七草の覚え方の順番


せり なずな (5)
おぎょう はこべら (7)
ほとけのざ (5)
すずな すずしろ(7)
これぞななくさ(7)

5、7、5、7、7の短歌のようなリズムで覚える方法が一般的な覚え方と言われています。

春の七草の種類を覚えておくと、七草の知識も世間話などの会話にも役立つこととでしょう。

(楽天市場)
七草がゆの由来、意味は、七草粥は平安時代の頃から始まったとされています。

七草粥は春の七草、こうした野草や穀物を食べることで、邪気を払い、1年の無病息災を祈る食べ物です。

お正月のおせち料理などお正月食べ過ぎや暴飲暴食してしまうことあります。

七草粥は荒れた胃や内臓をいたわる食べ物として、正月7日に食べることになった風習と言われます。

春の七草と七草粥にも意味があるのですね!

秋の七草について


スポンサーリンク







-季節の行事、風物詩, 冬の行事、風物詩
-

執筆者:

関連記事

鏡餅の起源歴史、意味、理由は?鏡餅はいつからいつまで飾る?鏡開きは鏡餅を食べる!?

日本には昔からいろんな風習がありますが、日本古来の風習の意味や由来はなぜと思うことも。 お正月の風習でも、門松、お年玉、お雑煮などの風習がありますが、鏡餅をお供えすることもあります。 正月に欠かすこと …

菜の花は食べ過ぎても大丈夫?春の野菜の菜の花と菜花とは同じ野菜?

1月はまだまだ寒い時期で寒い日が続きますが、スーパーの店頭には早くも春を感じさせる菜の花が並んでいました。 菜の花は冬から春にかけてが旬の野菜です。 お惣菜として菜の花のおひたしが売られていましたので …

ひまわり(向日葵)は何科の植物、原産地はどこ?ひまわりの季節は何月?

夏に咲くひまわり(向日葵)の黄色い花は夏のイメージがピッタリの植物です。 ひまわりの種を撒いて、芽が生えてくるとひまわりの成長を観察するのは、とても興味深いものです。 ひまわりは16世紀にヨーロッパに …

縁起物の鏡餅にカビが生えたら食べる、捨てる? 捨てる方法は?カビ防止対策は?

お正月にお供えする鏡餅、鏡開きまでにお餅にカビが生えることもあります。カビの生えた鏡餅は食べても大丈夫なのでしょうか? 鏡餅は縁起物なので捨てるのは気が引けるし、食べ物を捨てるのはもったいないです。で …

ゆず湯に入るとピリピリと痛むのはなぜ?ゆずは何個いれる?使ったゆずの使い道はある?

ゆず湯に入るとピリピリと痛むのはなぜ?ゆずは何個いれる?使ったゆずの使い道はある? 冬の季節、カラダが凍えた時、お風呂に入るのは最高ですね。 お風呂に入ってカラダがほぐれるような瞬間、とても気持ちいい …




サイトカテゴリー

スポンサードリンク


アクセス解析レポート