ちょっとささやかな世間話

当ブログはアフィリエイト広告を含むことがあります。

季節の言葉

二十四節気大寒とは、意味は、大寒の卵を食べると良い?食べ物は?

投稿日:2018年11月8日 更新日:



二十四節気第24節気は大寒(だいかん)です。

冬至 ➡ 小寒 ➡ 大寒です。大きく寒いと書いて大寒、とても寒そうな季節ですね。

24節気の大寒とは?

立春からはじまり大寒は24番目の最後の節気です。

大寒はその名の通り一年でもっとも寒いころです。

大寒の時期、大雪になると雪おろしは大変です。大寒を過ぎれば次の季節は立春です。春が待ち遠しいですね。

大寒とは、意味は

大寒は太陽の黄経が3百度に達する時刻を含む日を大寒といいます。

大寒は新暦では1月20日ごろになります。

「寒の内(かんのうち)」の後半、大寒のこの日から立春までの15日間は一年で最も寒い時期とされています。

大寒と小寒

24節気では、大寒、小寒とありますが、小寒に入る日を寒の入りといい、24節気の小寒、大寒は寒、寒中と呼ばれます。

寒中に出すのが寒中見舞いです。また、武道などの「寒稽古」こという言葉を聞きますが、心身を鍛えるためにこの時期大寒に行われています。

日本各地の最低気温が記録されるのも大寒の時期です。

スポンサーリンク

大寒七十二候は

款冬華(ふきのはなさく) 蕗の薹(ふきのとう)が蕾を出すころ

水沢腹堅(さわみずこおりつめる)沢に氷が厚く張りつめる

鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)鶏が卵を産み始める、鶏も春の訪れを感じる頃ですね。

ふきのとうがつぼみをだし、沢の水が厚く張りつめ。ニワトリが卵を産み始める。

だんだんと春が近づいてくる春が待ち遠しいころですね。

大寒の日に生まれた卵を食べると良い?

大寒の日に生まれた卵を食べると良いと言われますが、大寒の日と卵とどんな関係があるのでしょうか?

大寒七十二候に鶏始乳とあるように鶏が卵を産み始める頃です。この時期の卵は生気に満ちあふれて、一年健康に暮らせると言われます。

また、風水的に大寒の卵を食べると金運上昇するとされ、大寒に生まれた卵は人気のようです。

大寒の頃は、空気中の雑菌が少ないことからお味噌を仕込む時期です。

大寒のころの旬の食べ物は

ワカサギ

湖でのワカサギ釣りは大寒の頃の行事でよくニュースでよく耳にします。
湖上で釣ったワカサギをてんぷら、フライなどにして食べるお馴染みの光景ですが、新鮮なワカサギが旬の時期です。

スポンサーリンク

メヒカリ

てんぷらやフライに、または干物としてもおいしいお魚です。メヒカリの栄養はカルシウムが摂れます。

水菜

スーパーでもおなじみの野菜です。なべ物にしたらカンタンにできる野菜です。
水菜は水分ばかりで栄養が無いような野菜と思われがちですが、ビタミンCやカリウム、葉酸などカラダにうれしい栄養素が含まれている野菜です。

キンカン

キンカンはジャムや甘露煮などに料理できる果物です。

ミカンやリンゴも大寒の時期が旬の果物です。

大寒は1年で空気が乾燥する時期です。
冬の季節は空気が乾燥する季節で、大雁の時期も、空気が乾燥します。

空気が乾燥すると風邪もひきやすい季節です。大寒に限らず、寒さ対策、体調管理に気をつけて過ごすことが大事ですね。

大寒を過ぎれば、大寒の次は春の訪れの立春です。

二十四節気第1節気は立春です。

二十四節気第1節立春はいつ、立春の挨拶文

スポンサーリンク

-季節の言葉
-

執筆者:

関連記事

二十四節気、春の季節の季語の雨水はいつ。雨水におひな様を飾ると良い!?

二十四節気は、季節を表す言葉に四季(春夏秋冬)がありますが、二十四節気は四季よりも季節を細かく24に分けられています。 二十四節気は中国で考えられた季節を表す言葉であり、日本の季節感にはずれもあるかも …

二十四節気大雪とは、読み方、意味は、大雪の頃の食べ物は?

二十四節気第21節気は大雪(たいせつ)です。 大雪とは、雪が降りだすころで、山沿いでは雪が降り、平地でも雪が降る所もあります。大雪の時期はこれから本格的に寒くなってくる季節です。 立冬 ➡ 小雪 ➡  …

二十四節気小暑の期間はいつからいつまで、読み方、意味、飲食は?

二十四節気第11節気は小暑 芒種 ➡ 夏至 ➡ 小暑です。 小暑の期間はいつからいつまで 小暑は、夏至の15日目を指し、例年、7月7日頃です。読み方はしょうしょです。 小暑のこの時期は梅雨明けのころで …

冬から春に向かっているのに、寒いのは寒の戻り、意味、時期、原因は!?

天気予報で「寒の戻り」という言葉を聞いたことがあると思います。 「寒の戻り」とは何でしょうか? スポンサーリンク 一般的に春は一気に訪れるのではなく、冬から寒暖を繰り返しながら徐々に暖かくなっていきま …

二十四節気小寒とはいつ、読み方、意味は?小寒と大寒、食べ物は?

二十四節気第23節気は小寒で(しょうかん)と読みます。 寒さが厳しくなってきたと感じる季節です。 大雪 ➡ 冬至 ➡ 小寒です。 小寒とはいつ、小寒の意味は? 小寒は冬至から15日後になります。太陽の …







カテゴリー

スポンサードリンク


PAL CLOSET ONLINE STORE(パルクローゼットオンラインストア)

テキストのコピーはできません。