ちょっとささやかな世間話

当ブログはアフィリエイト広告を含むことがあります。

季節の言葉 季節の行事、風物詩 秋の行事、風物詩

十五夜はいつ?十三夜とは?十五夜は何をする、何を食べる?

投稿日:2019年8月5日 更新日:



中秋の名月の月を眺めて楽しむ十五夜は、お月見をする、お団子を食べる、すすきをかざるなどの日本古来の風習です。

古くからの日本の風習の十五夜、中秋の名月、なぜお団子を食べるの?、
日本の風習の年中行事として十五夜、
子供のころお月見と慣れ親しんだ十五夜、由来、十三夜とは
十五夜と十三夜の違いは
十五夜は何する?何食べる?

なぜすすきをかざるの?

十五夜とは、由来、中秋の名月など、十五夜のお月見について調べてみました。

子供のころお月見と慣れ親しんだ十五夜、由来、十三夜とは


日本の秋の風習のお月見、月を見ながらお月見団子を食べるのもいいものですね。

お月見については、月の季語の歌が数多く詠まれてきました。

十五夜には、月見団子、ススキ、何をするもの、何を食べる、十五夜の意味などを調べてみました。

十五夜と十三夜の違いは

お月見について、十五夜と十三夜とは、何か意味があるのだろうか?

十五夜

中秋の名月の風習は、平安時代から始まったと言われています。

十五夜は、中国から渡来した風習で旧暦の八月十五日の満月のお月見、中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)とも呼ばれるもので、平安時代に貴族が月を眺め楽しむものでした。

旧暦で秋は七月、八月、九月の三ヵ月で、中秋の名月は、三ヵ月の真ん中を中秋といい、八月十五日になります。

十五夜と十三夜の違いは?

旧暦の八月十五日前後は雨の日が多い時期なのでので、秋の長雨でお月見ができないこともあり、雨で見えない月を無月といって風情を楽しんでいたようです。

でも、やはり月を見ながら月見を楽しみたいので、一か月後の「十三夜(じゅうさんや)」に月を鑑賞するようになったといわれます。

お月見は、旧暦の八月十五日、九月の十三夜にお月見をすることになります。

スポンサーリンク

十五夜の月は、満月ですが、九月の十三夜の月は満月ではなく、九月の十三夜は満月になる前のやや欠けた月になります。

十五夜は何する?何食べる?

中国から伝わってきたものですが、十五夜は何をする、何をたべる?行事でしょうか。

農作物をお供えして収穫をお祝いする

お月見は、収穫をお祝いする行事です。

米やイモなどの農作物をの収穫に感謝する行事で、月の神さまは農耕の神さまといわれ、農作物が無事収穫できたことに感謝して、秋に収穫した農作物をお供えする風習です。

お月見の時期は農産物の収穫の時期です、稲刈りや芋ほりなど秋の収穫祭と同じ時期にあたります。

「芋名月(いもめいげつ)」、「豆名月(まめめいげつ)」、「栗名月(くりめいげつ)」などと呼ばれて、稲や芋をなどを月にお供えすることで、秋の収穫に感謝する収穫祭として広がっていったようです。

十五夜の行事食は?

十五夜を芋名月とも呼び、里芋、サツマイモをお供え物としたり、里芋のけんちん汁などが食卓に並ぶようです。

十五夜は何する?十五夜ではすすきを飾りますが、なぜ?

すすきをお供えする意味は?

すすきをお供えする姿は、稲穂が垂れているようにみえます。

ススキは、イネ科の植物でススキには神様を宿す言われ、月の神様をお招きするために、稲穂の代わりにすすきをお供えすると言われます。また、ススキは魔よけの効果もあるとされてます。

お供えするススキの本数は、1本とか3本、5本とか、ススキをお供えする本数に決まり事はありません。

お供えするススキの本数は、奇数が良いと言われています。

ススキ1本ではさみしいと思うなら、3本、5本が良いのかもしれませんね。

月見団子をお供えする意味は?

月見団子をお供えする風習になったのは江戸時代で、お米を使ったお団子をお供えするようになったと言われます。

月見団子をお供えする数は地域によって違うようですが、月見団子を15個お供えするのが多いようです。

月見団子は、お月見した後にお月さんに感謝して食べるようです。

平安時代に中国から渡来したお月見の風習が今の時代までつながっている風習なんですね。

お米のできはとても重要なことですので、お米が無事に収穫できたことに感謝して、米粉で月のカタチをした団子をお供えする風習になったようです。

十五夜と十三夜の違い
お月見で何をするの
お月見では何を食べる
なぜすすきをかざる

十五夜のお月見について調べてみました。

中秋の名月の頃になると夏の暑さも徐々に収まってきます。
十五夜のお月見には、農作物への感謝の意味がある日本の伝統行事です。

スポンサーリンク

-季節の言葉, 季節の行事、風物詩, 秋の行事、風物詩
-,

執筆者:

関連記事

二十四節気大暑の候、意味、食べ物は?大暑と天ぷらとの関係は?

二十四節気第12節は大暑(たいしょ)です。 大暑は夏の季語です。 大暑という漢字を見ただけでもすごく暑いイメージですが、本当にとても暑い時期です。 大暑の時期には、各地では花火大会や夏祭りなど夏の行事 …

節分飾りの柊(ひいらぎ)と鰯(いわし)の頭はいつから?いわれは?地域は?

節分の時期には、よく、柊(ひいらぎ)と鰯(いわし)の頭を戸口に飾っている家をみかけます。 なんで、玄関に柊と鰯の頭を玄関に飾るのか、不思議だったのですが、玄関に柊と鰯の頭を玄関に飾る地域は主に西日本の …

クリスマスの赤い葉っぱの名前、由来は?クリスマスのギザギザの葉っぱの名前は?

クリスマスの赤い葉っぱの名前、由来は?クリスマスのギザギザの葉っぱの名前は? 12月は、気分的にウキウキするイベントごとが多い時期ですね。 都会に出かけると所々できらきらとイルミネーションが輝いてます …

二十四節気処暑とは、意味、処暑は秋の季語、処暑の候は?

二十四節気の処暑とは、意味は 二十四節気立秋の次の節気は処暑です。 処暑についてはあまりピンとこないのですが、処暑の頃になると夏の暑さが収まり暑さが少し一段落したような暑さが和らぐ時期です。 処暑はま …

彼岸花は庭に植えてはいけない?火事になるとは何?日本の彼岸花の名所は?

彼岸花は庭に植えてはいけないの?彼岸花を持ち帰ると火事になる? 彼岸花は別名曼珠沙華とも呼ばれます。 ヒガンバナは9月中旬以降、お彼岸の時期に田んぼやあぜ道に花を咲かせる真っ赤な花を咲かせます。 真っ …







カテゴリー

スポンサードリンク


PAL CLOSET ONLINE STORE(パルクローゼットオンラインストア)

テキストのコピーはできません。