ちょっとささやかな世間話

なるほどと思うことや気になることいろんなことなどついて書いているブログです。

季節の言葉

二十四節気冬至とは、意味は?かぼちゃを食べるとは、食べ物は?

投稿日:2018年10月25日 更新日:

二十四節気第22節気は冬至です。

小雪 ➡ 大雪 ➡ 冬至です。

冬至はニュースなどでもよく取り上げられることが多いので結構なじみがある季節です。

冬至の日に、カボチャを食べたり、ゆず湯に入ったりするニュースを聞いたことがあるでしょう。

冬至の時期は、年の瀬、クリスマス、年末、年初お正月ととても忙しい時期です。

冬至とは、どんな時期なのでしょうか?冬至についてみてみたいと思います。

スポンサーリンク

冬至とは、意味は

冬至は北半球で1年で最も昼間の時間が短い日です。冬至は天球上で太陽が通る横道で一番南の点「冬至点(とうじてん)」を太陽がそこを通過する時刻を含む日のことを冬至といいます。

暦の上では立冬と立春の真ん中にあたります。

太陽の黄経が二百七十度に達し、新暦では12月22日ごろになります。

12月22日ごろはまさに冬本番という時期ですね。

近年、お正月に大雪だったことがありましたが、冬至から約十日後くらいの間に強い低気圧が通過することがあります。年末低気圧です。

冬至に行う風習は、意味がある!

冬至には柚子湯に入る風習がありますが、なんで柚子湯に入る意味は何でしょうか?

柚子を浮かべたお風呂にはいる

冬至には、柚子(ゆず)を浮かべたお風呂に入る風習が広く行われています。柚子を浮かべたお風呂に入ると、柚子の香りと柚子によってカラダの芯まで温まりとてもリラックスができます。

柚子の皮には香り、クエン酸、ビタミンCなどが含まれる柚子湯に入れば風邪予防、美肌効果もありまた、ゆずの香りにも癒されます。

柚子を浮かべたお風呂に入るのは、無病息災を祈るためとされています。湯治(とうじ)と冬至の語呂合わせになっています。

冬至にはなぜカボチャをたべる?

冬至にカボチャを食べる風習があります。

夏から秋にかけて収穫したカボチャを保存しておき、冬にカボチャを食べる風習です。

冬は野菜が不足になりがちなります。カロテンやビタミンなどを含んでいるかぼちゃを食べることで、冬に栄養を摂ることができるかぼちゃを食べる風習になったようです。

冬至には「ん」のつくものを食べる良い!

冬至には「ん」のつく食べものを食べると運気があがると言われます。冬至に、運気回復をすることを願って冬至の七種(とうじのななくさ)と呼ばれる食べ物を供える「運盛り」という風習が行われてきました。

冬至の七種は

なんきん(かぼちゃ)、れんこん、にんじん、ぎんなん、きんかん、かんてん、うんどん
どの食べ物にも、ひらがなで表記したら「ん」がついています。

この冬の七種は、「ん」が2つある食べ物なので運をたくさん取り込む「運盛りの野菜」といわれ、冬至を境に運を盛り返す意味でかぼちゃを食べられるようになった由来の一つです。

冬至七種の風習の食べ物は、「ん」のつく食べ物で運をつける!冬至の季節にかぼちゃ?

スポンサーリンク

冬至の朝に小豆粥を食べる

冬至の日には「ん」のつく食べ物のほかに小豆粥を食べる風習もあります。冬至に食べる小豆粥は邪気を払い幸福を呼ぶ赤い色の小豆粥とされ冬至粥と呼ばれています。

冬至の七十二候では

乃東生 夏枯草生ず なつかれくさしょうず
麋角解 大鹿角落とす おおしかがつの落とす
雪下出麦 雪下麦を出だす 雪の下で麦が芽を出す

冬至の食べ物

冬至の季節の食べ物はフグ、かぼちゃなどがあります。

フグ
フグは冬のグルメです。フグ鍋などでカラダが温まります。

カボチャ
カボチャは夏が旬ですが、カボチャにはかたい皮でおおわれていますので保存がききます。野菜の少ない冬には貴重な栄養源です。カボチャの身にはカロテンが豊富でかぜをひかないように抵抗力を高めます。カボチャにはビタミンC、食物繊維などを含んでいます。

カボチャは保存がききますが、冬至カボチャに年を取らすなと言われ、カボチャは冬至を過ぎると傷んできますので、年内に食べるようにしましょうという意味です。

ほうれん草
ほうれん草は11月から1月にかけてがほうれん草の旬です。ほうれん草の栄養成分はビタミン、ミネラル、カロテンなどが豊富な野菜といえます。ほうれん草は夏でも収穫できますが冬の方が糖度も増し栄養価も高くなります。

冬至についてカンタンに紹介させていただきました。

二十四節気小寒とはいつ、読み方、意味は?小寒と大寒、食べ物は?

年末から新年の時期が冬至、クリスマス、お正月などの行事もあり、楽しい時間を過ごしたいですね。

 

スポンサーリンク







-季節の言葉

執筆者:

関連記事

二十四節気大雪とは、読み方、意味は、大雪の頃の食べ物は?

二十四節気第21節気は大雪(たいせつ)です。 大雪とは、雪が降りだすころで、山沿いでは雪が降り、平地でも雪が降る所もあります。大雪の時期はこれから本格的に寒くなってくる季節です。 立冬 ➡ 小雪 ➡  …

二十四節気の夏至、夏至はいつ?、北海道、東北地方など夏至に食べる食べ物は?

二十四節気の夏至、夏至はいつですか?夏至に食べる食べ物は?目次1 二十四節気の夏至、夏至はいつですか?夏至に食べる食べ物は?1.1 夏至はいつですか、昼の長さ、日照時間は?1.2 夏至の七十二候では2 …

二十四節気立秋、旬の食べ物立秋とは名ばかり?いつ!?残暑見舞いは立秋の候

二十四節気第13節立秋、立秋とは名ばかり、いつ!? 二十四節気では、第13節気は立秋(りっしゅう)です。 立秋といえばもう季節は秋になりますが、季節は秋ですがまだまだ暑い時期、立秋とはいえ名ばかりの時 …

二十四節気、第7節立夏とは、立夏の時期の食べ物は

日本には、季節を表す言葉がたくさんあります。 季節の言葉は日常生活に季節感を与えてくれます。 また、季節を表す言葉には日常生活においてお手紙などの挨拶としても使われます。 二十四節気、穀雨の次は 二十 …

二十四節気小満とは、小満の時期の食べ物は!?

二十四節気第8節気は、小満(しょうまん)になります。 穀雨 ➡ 立夏 ➡ 小満   二十四節気で、立春とか立秋とかは有名ですが、小満は、立春などと比べるとあまり聞くことはないようです。 日常 …




サイトカテゴリー

スポンサードリンク


アクセス解析レポート