ちょっとささやかな世間話

なるほどと思うことや気になることいろんなことなどついて書いているブログです。

寝苦しい夏の夜、エアコンがないとき、部屋を涼しくするには?涼しくなるグッズは?

投稿日:2019年4月28日 更新日:



寝苦しい夏の夜、エアコンが無いとき部屋を涼しくするために

毎年、梅雨が明けたら暑い夏がやってきます。

またあの暑い夏が来ると思うとゾッする人も多いと思います。

近年の夏の異常な暑さはカラダにとても応えます。

エアコンをつけたほうが涼しいのです。

夏の熱帯夜の寝苦しい夜の暑さ対策はされていますか?

夏の暑さにはエアコンが必要と思いますが、エアコンが無い部屋で過ごす人もいると思います。

夏の寝苦しい熱帯夜、エアコン無しでエアコン以外の方法で夏の熱帯夜を乗り切るためにはどうすればいいのか?について調べてみました。

夏の寝苦しい夜、エアコン無しで寝るときの暑さ対策

夏の暑さはエアコンがあると、とても快適に過ごせることは言うまでもありません。

でも、寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけっぱなしでエアコンに頼ってばかりいると、温度差などによりカラダが参ってしまいますね。

エアコンが無くてもできるエアコン以外の方法で寝苦しい夜の熱帯夜の暑さを少しでもやわらげる方法を調べてみました。

夏の寝苦しい夜、エアコン無しでエアコン以外の方法は

夏の暑い夜を過ごすためには外からの空気を室内に取り込むことです。
・窓を開けて外の空気の通り道を作る
・窓に背を向けて扇風機をつける
・換気扇で空気の流れをつくる
・保冷剤、冷却マットなどの保冷グッズを使用する
・凍らせたペットボトルを扇風機の前に置く

これだけで多少は涼しくなると思います。

暑さ対策に窓を開けて家の中に空気の流れを作る

窓を開けて扇風機などを利用して空気を循環さて、お部屋に熱がこもらないようする環境作りをすることで少し涼しさを感じます。

夏の熱帯夜、窓を閉めきった部屋はとても暑くて辛いものです。

窓を閉めたままで暑い空気がこもった部屋で寝ると、汗でカラダや布団などがビチョビチョになります。

気分的にイライラしてとても寝苦しく嫌なものです。

窓を開けることで、空気の通り道をつくると多少涼しく感じます。

夜は昼と比べると涼しく感じるので、窓を開けることで、外のひんやりとした空気がお部屋に入ってきてきます。

外の空気は涼しいので、涼しい風が入ってきて空気が入れ替わり涼しく感じられます。

最近では玄関に鍵のついた網戸もなどもあります。玄関に鍵がついているので防犯上も安心です。

エアコン無しで過ごす時は、扇風機をつけて部屋に空気の流れを作ると多少涼しくなります。

窓を開けてる時は、防犯には気をつけてくださいね。

 

エアコン無いとき、扇風機をつける暑さ対策の効果は

夏の暑い熱帯夜に窓を閉め切ったままいるのはとても不快感を感じます。窓を開けただけでも多少涼しくなりますが、まだまだ暑く感じます。

そこで、扇風機を開けた窓に背を向けて風の流れを作ってみてはいかがでしょうか。

外の涼しい風を取り込み、外からの空気を扇風機で循環させることで涼しい効果があります。

外からの空気を取り込み、換気扇を回すことで循環させる

換気扇がついている部屋は、換気扇を回すと空気が循環して多少涼しく感じられます。

換気扇を回すことで風の流れを作り、お部屋の空気を滞留させない効果があります。

窓を開けて、扇風機と換気扇を回したら涼しく感じます。

ただ換気扇の音が気になるますが。

ふすまなどの仕切りを使って部屋の広さを小さくして、窓を開けて換気扇をすると幾分涼しく感じます。

暑さ対策に保冷剤やペットボトルを利用する方法

保冷枕で多少涼しくなります。保冷枕ではアイスノンが有名です。

アイスノンは商品説明によると、8時間以上冷却が持続します。

保冷枕だけではなく、持ち運びできる保冷剤もあるので、保冷剤は寝苦しい夜だけではなく、家事や外出をしている時などいつでもどこでも利用できるメリットがあります。

スポンサーリンク

最近では涼しくなるタオルもあります。猛暑日の外出にも首にかけたタオル、スカーフやバンダナに保冷剤を巻いていると快適です。

凍ったペットボトルを利用する。冷蔵庫で凍らせたペットボトルをタオルでまいて体にあてると涼しく感じると思います。

凍ったペットボトルを扇風機の風に当てることで、多少ですが、涼しい風を感じなります。

冷凍庫で凍らせておいたタオルを額にのせると涼しく感じられます。

暑さ対策の寝具、冷却マット

夏の寝苦しい夜にあたたかい布団に入るのはダニも増えそうですし嫌ですね。
いろんな冷却マットが販売されていますので、楽天市場やアマゾンのコメント欄などを参考にしてみて購入はいかがでしょうか。

その他の暑さ対策はクールバスクリンをお風呂に入れるなど夏の寝苦しい夜、暑さ対策で少しでも気分よく夏を乗り切りたいですね。

エアコンが無いときに過ごすときの、家の中の暑さ対策

暑い日は昼間の室温も上がり、昼間室内の温度が上がれば夜も部屋は暑いままです。
夜になっても室温はさがりませんので、寝苦しい夜を過ごすことになります。
日当たりが良すぎる部屋は、遮光シートや遮光カーテン、すだれやよしずで日差しを遮るのも効果的です。

そこで寝室にもすだれ、よしずをしてみてはいかがでしょうか。

居間にはすだれをする人も多いようですが寝室まですだれをしていますか。

(楽天市場)

暑さ対策にすだれとよしずですが、違いと効果はあるの

すだれとよしずとは、効果は

すだれとかよしずは涼をとるのには効果的。

よしずはアシという植物を原料としてつくられています。アシは水を吸うために打ち水と同じ効果があります。
よしずが吸った水が蒸発する時に発生する気化熱が熱を奪ってくれるため、入ってくる風が涼しく感じます。

暑い日が続くとき少しでも涼しくできればいいですね。

スポンサーリンク







-未分類

執筆者:

関連記事

ガチャガチャ空カプセルケースはどこで売っている?もらえるところはどこ?再利用、使い道は?

景品の入れ物に使いたい、風鈴や工作の素材に使いたい、いろいろと使い道があるガチャガチャ空カプセルケース。 ショッピングセンターなどに置いてあるガチャガチャカプセルの機械で運だめしで楽しんだ人も多いと思 …

クリスマスの赤い葉っぱの名前、由来は?クリスマスのギザギザの葉っぱの名前は?

クリスマスの赤い葉っぱの名前、由来は?クリスマスのギザギザの葉っぱの名前は?目次1 クリスマスの赤い葉っぱの名前、由来は?クリスマスのギザギザの葉っぱの名前は?1.1 クリスマスによくみる赤い葉っぱの …

節分は日本だけの行事?豆まきをする意味は?なぜ年の数だけ豆を食べる?

節分の日に「鬼は外、福は内」と掛け声をかけながら豆まきをする日本の伝統行事ですが、日本各地の神社でも季節の行事として節分の日に節分祭で豆まきが行われます。 節分の日のニュースで芸能人や力士、俳優などが …

銭湯で書いてはいけない絵がある?銭湯とスーパー銭湯の違いはどこ?

広いお風呂に入ると気分的にほっこりするので、リフレッシュのために銭湯とかスーパー銭湯には時々利用します。 銭湯の壁には富士山が定番のように書いてありますが、夕日、サル、紅葉は、書いてはいけない絵のよう …

スイカには水分が多く栄養があるのかな、美味しいスイカはどこでわかる、スイカの日とは

スイカには水分が多く栄養があるのかな、美味しいスイカはどこでわかる、スイカの日とは スイカは夏の季節にとても人気の夏野菜のひとつです。冷えたスイカに塩をふって食べるととても美味しいですね。 スポンサー …




カテゴリー

スポンサードリンク


アクセス解析レポート