ちょっとささやかな世間話

なるほどと思うことや気になることいろんなことなどついて書いているブログです。

季節の行事、風物詩 冬の行事、風物詩 季節の言葉

三寒四温の意味は、時期・季節はいつ?三寒四温の逆の四字熟語はある?

投稿日:2018年12月4日 更新日:



三寒四温(さんかんしおん)の意味は、時期、季節はいつ?

春先になると、「三寒四温(さんかんしおん)」という言葉をよく耳にします。

三寒四温の中身を単純に見てみると3つ寒い、4つ温かいとあります。

3つ寒い、4つ温かい とはどんな意味なんでしょうか?

三寒四温は何かの意味の四字熟語みたいですが、どんな意味か分かりませんね。

三寒四温の意味、時期などについて調べてみました。

三寒四温の意味、季節はいつの季語



三寒四温の時期は、2月から3月初めの早春の時期ですが、三寒四温は、冬の季語と言われています。

スポンサーリンク

さむい冬から季節が進んで、冬から春に季節が変わるころ、気温は寒くなったり、暖かくなったりを繰り返して、だんだん季節は徐々に春めいてきます。

三寒四温とは、冬の終わりごろになると、三日くらい寒い日が続くと、四日くらい暖かくなるという天候が規則的に繰り返されることを三寒四温といいます。

三寒四温は、シベリア高気圧が影響しているとのことです。

中国東北部や朝鮮半島はシベリア高気圧から寒気の影響を直接受けるために、寒気の周期もハッキリしています。

冬に季節になると、天気予報でよく「西高東低」という言葉を多く聞くことがあります。

天気予報で、西高東低を聞くだけでまた寒くなるのかと思ったりします。

西高東低になると、シベリア高気圧の勢力が強まることがよくあります。

冬になると、シベリア高気圧から七日くらいの周期で、寒気強まったり弱まったりして吹いてきます。

冷たい空気が大陸中央部にたまり、それが大きくなって周辺へ寒気を送り出して起こると言われます。

三寒四温の起こる場所は、中国北部や朝鮮半島が多く日本で三寒四温が起こるのは稀で、ひと冬に一度くらい起こるようです。

日本が三寒四温の影響を受けない理由は、日本海という緩衝帯があるからです。

日本列島は、太平洋高気圧などの影響が大きく、シベリア高気圧の影響をハッキリと受けないため、大陸のような三寒四温は、日本ではまれと言われています。

三寒四温の使い方

手紙を送るときは、拝啓、早春の候、晩秋の候など、冒頭に季節の言葉を入れることはよくあります。

三寒四温の頃は、三寒四温の候とも使われるようです。

三寒四温と逆の反対語はある?

三寒四温を調べていると「三寒四温 逆」という検索ワードがでてきます。

三寒四温は、寒い日が三日、暖かい日が四日と七日間隔で、寒い日と暖かい日が繰り返される現象です。

三寒四温と逆の気象現象があるのか思うかもしれませんが、三寒四温の反対語の四字熟語は調べてみてもありません。

三寒四温は冬から春になる前の時期で、気温の変化が激しい時期でもあり、服装には注意が必要です。

スポンサーリンク







-季節の行事、風物詩, 冬の行事、風物詩, 季節の言葉

執筆者:

関連記事

二十四節気の一つの小雪は何日、意味は、小雪の頃の食べ物、花は?

二十四節気第20節気は小雪です。 風情のある言葉、こゆきと書いて小雪です。小雪の読み方はしょうせつです。 霜降 ➡ 立冬 ➡ 小雪です。 小雪は、小さい雪と書きますが、冬はまだまだかなと思うかもしれま …

ポインセチアの原産地、クリスマスに飾る理由、花言葉は怖い、結婚しないとは?

クリスマスの代表的花で知られているポインセチア、クリスマスシーズンには、お花屋さんでもよく見かける植物です。 ポインセチアの赤色と緑色がクリスマスの雰囲気にとてもマッチしています。 ポインセチアの華や …

二十四節気立秋、旬の食べ物立秋とは名ばかり?いつ!?残暑見舞いは立秋の候

二十四節気第13節立秋、立秋とは名ばかり、いつ!? 二十四節気では、第13節気は立秋(りっしゅう)です。 立秋といえばもう季節は秋になりますが、季節は秋ですがまだまだ暑い時期、立秋とはいえ名ばかりの時 …

二十四節気、第4節春分とは、由来は、春分の日の食べ物はぼた餅を食べる?

二十四節気、第4節春分とは、由来は、春分の日の食べ物はぼた餅 スポンサーリンク 二十四節気 春分について 春分のころは、暑さ、寒さも彼岸までとのことばのとおり、冬も終わり春の過ごしやすい季節に徐々にな …

二十四節気白露とは、意味は何、白露の旬の食べ物は!?

二十四節気第15節気白露です。 二十四節気では、「立秋」とか「春分」とかはよく耳にしますが、「白露」という言葉は少しなじみがないかもしれませんね。 二十四節気では 立秋 ➡ 処暑 ➡ 白露となります。 …




サイトカテゴリー

スポンサードリンク


アクセス解析レポート