ちょっとささやかな世間話

なるほどと思うことや気になることいろんなことなどついて書いているブログです。

食材、食事

いちじくの皮は洗う、洗わない?そのまま皮ごと食べれる?いちじくに栄養はある?

投稿日:2021年8月7日 更新日:



いちじくの皮はそのまま食べるときは洗う、洗わない?いちじくに栄養はある?いちじくの皮に毒とは?
ほんのりと上品な甘味で栄養があるといわれる果物のいちじく。

いちじくはそのまま生で食べられますが、ジャムやコンポート、お菓子やケーキのトッピングなどにも利用される果物です。
いちじくの原産地はアラビア南部です。最近スーパーで見かけたのでいちじくについて調べてみました。

いちじくの旬の時期は6月から10月です。いちじくは、表面が柔らかく十分に熟しているのが甘くて美味しいです。

いちじくの皮はとてもデリケート、いちじくはやさしく洗って皮ごとそのまま食べれます。


いちじくの皮は洗う、洗わない?


いちじくを皮ごと食べるときに、皮を洗うのか?、洗わないでそのまま食べるのか?
いちじくを皮ごと食べるときは、洗って食べましょう。

リンゴやバナナなどのように丈夫な皮と比べて、いちじくの皮はとても繊細でデリケートな皮です。
ちょっとの力でいちじくの皮の表面が破れる恐れもありますので、弱い水流で軸からやさしく洗うのが良いでしょう。

いちじくは皮ごと食べられる?

いちじくは花を食べている

いちじくを漢字で書くと無花果と書くのですが、いちじくには花が無い果物と勘違いしそうです。

いちじくの花が咲いたのをあまり見かけたことはありませんが、イチジクには花言葉もあり花もあります。

実は、いちじくの花は実の中に咲いています。

いちじくの実を割ってみると細かいつぶつぶになっていますが、細かいつぶつぶが花です。

いちじくの可食部分は花で、いちじくは花を食べてるのです。

いちじくの皮はそのまま食べるほうが良い?


いちじくを食べるときは皮をむいて食べる?それともそのまま食べるのでしょうか?

果物を食べるときは皮をむいて食べることが多いですが、いちじくは皮ごと食べれるものなのでしょうか?

いちじくの皮をむいて食べることが多いですが、いちじくの皮は柔らかくて食べれます。

果実の皮には栄養成分が詰まっています。いちじくの皮にも栄養が豊富と言われます。

欧米では、いちじくの皮ごと食べるのが一般的な食べ方のようです。

いちじくを食べるとき洗う、洗わない?どちらが良いのでしょうか?

いちじくの皮には毒があるとは?

いちじくの皮をむくと、稀にいちじくアレルギーで手や口が痒くなることがあります。痒くなる原因は、タンパク質分解酵素です。

いちじくの軸をプチっとちぎったときに、白い液が出てきます。白い液体はタンパク質分解酵素です。

スポンサーリンク

タンパク質分解酵素は、皮膚に触れてタンパク質を分解して痒くなったり痛くなったりします。

また、いちじくの産毛でもチクチク肌を刺激して痒くなったりもします。

いちじくアレルギーが心配な時は、皮をむいて食べるほうが良いでしょう。

 

イチジクの皮には栄養がある?肌に良い?


野菜の皮には栄養があると言われています。

例えば、ミカンの皮は食べないで捨てられることが多いですが、ミカンの皮を乾燥させたものは陳皮になります。

陳皮にはポリフェノールが含まれてますし、陳皮茶や漢方にも使われています。

イチジクは栄養成分が豊富なので不老長寿の果物とも言われます。

いちじくには食物繊維が含まれているので腸の働きをよくする作用があるとされますが、いちじくの食べ過ぎるのは良くないです。

イチジクの皮と実の間には栄養が含まれているとされます。

いちじくの栄養成分は?


 

いちじくの栄養成分は水溶性食物繊維のペクチン、ビタミンやカリウム、カルシウム、鉄分、亜鉛などのミネラル分、ポリフェノールなどが含まれています。

いちじくは水溶性食物繊維のペクチンが豊富に含まれるため、腸の働き活発にさせます。

食物繊維も豊富なので食べ過ぎには注意が必要です。

また、いちじくには女性にとってうれしい栄養成分が含まれています。

イチジクの皮にはポリフェノールの一種のアントシアニン、エストロゲン、ザクロエラグ酸

アントシアニンは抗酸化作用があり活性酸素を除去する働きや目の働きを良くする効果があると言われています。

植物性エストロゲンは女性特有の症状を和らげる効果が期待でき、女性ホルモンと同じ働きをするとされています。

ザクロエラグ酸はポリフェノールの一種で肌にしみや色素の沈着を防ぐ肌に良い効果があります。

いちじくのドライフルーツは栄養成分が濃縮されています。

最近スーパーの野菜売り場でいちじくを見かけましたので紹介しました。

いちじくは皮ごと食べれる果物です。

スポンサーリンク







-食材、食事
-

執筆者:

関連記事

たくあんは洗う、洗わない?たくあんは食べすぎると良くない?

日本の伝統食でコリコリとした食感のたくあん、たくあんは干した大根を糠や塩で漬けて作るお漬物ですが、干さない大根で作るたくあんなどいろいろ調理方法があるようです。 たくあんはごはんと一緒に食べると美味し …

クエン酸の健康効果は、クエン酸を含む食べ物は、疲労回復によいの!?

クエン酸は疲労回復に良いとされています。 クエン酸は梅干など酸っぱい食べ物に含まれていますが、酸味の成分はクエン酸です。 スポンサーリンク クエン酸についてカンタンに見てみたいと思います。 スポンサー …

米ぬかを食べると美容・美肌に良いの?食べる量はどれくらい?食べる方法は?

米ぬかを食べると美容に良いの?どんな栄養成分が入っている? 米ぬかとはお米を精米するときに出る果皮、種皮、胚芽などの部分です。米ぬかを使った商品は美容液やぬか漬けなど多くの商品があります。 普段は捨て …

刺身のつまの赤紫色の葉っぱはベニタデ、蓼(タデ)は栄養ある?

お刺身のつまに添えてあるかいわれ大根のような形をした小さな赤紫色の葉っぱは? お刺身を食べるとき、お刺身のつまに添えてある赤紫色の葉っぱ小さい赤紫色の葉っぱは蓼(タデ)という植物です。 赤紫色の葉っぱ …

ドクダミはニオイ、繫殖力がすごいですが毒はあるの?ドクダミの採取時期はいつ?

ドクダミのニオイは独特。 何気なくいろんな場所に生えているドクダミですが、ドクダミはどんな植物なのか、興味深い植物です。 ドクダミは抜いても生えてくる生命力のため厄介モノ扱いされる雑草。ドクダミの繫殖 …

スポンサードリンク


サイトカテゴリー

スポンサードリンク


アクセス解析レポート