ちょっとささやかな世間話

当ブログはアフィリエイト広告を含むことがあります。

秋の行事、風物詩 食材、食事

さんま(秋刀魚)にはうろこがない?さんまは頭から食べることができる?

投稿日:2021年7月28日 更新日:



さんま(秋刀魚)にはうろこがない?さんまは頭から食べれる?

秋が旬の味覚のさんまは、塩焼きでたべるとおいしいですね。

屋台などで焼いているさんまは、においが食欲がかきたてられます。

スーパーなどで売られているさんま、表面はツルツルしていてさんまにうろこがあるのか?と思ったりもします。

さんま(秋刀魚)にはうろこがあるのか?について調べてみました。

結論から申し上げますと、さんまにはうろこがありますがすぐにはがれてしまうので、うろこが無いように見えるのです

さんま(秋刀魚)にうろこはない?

スーパーなどのお店で売られているさんまは表面がツルツルしています。

さんまは、うろこはない魚と思ってしまいますが、さんまにもうろこはあります。

さんまのうろこは、色は半透明の白くて丸い形しています。

さんまのはらわたなどの内臓を食べたとき、固い透明のうろこを見かけたことありませんか?

さんまの水揚げは大きな網でしますが、さんまは水揚げするときにさんま同士がこすれて、うろこはほとんど取れてしまいます。

ただ、さんまのはらわたを食べるときに、はらわたからうろこが出てくることがあるので、気を付けて食べるようにしましょう。

秋刀魚(さんま)のはらわたなど内臓を取らないでも食べれる理由は?

さんまの頭は食べることができる?骨やしっぽは食べることができる?

スポンサーリンク

サンマの頭は食べれる?骨まで食べる?

さんまは捨てるところが無い魚ですので頭やしっぽ、骨も食べれます。

さんまの頭や骨を食べる、食べないは人それぞれ好き嫌いと言えます。

さんまの頭や骨を残す人も多いのですが、さんまは頭やしっぽ、骨まで食べれます。

さんまの骨は固いのですが、骨も食べることもできますが、骨を柔らかくしてから食べれます。

さんまの甘露煮というおかずは、さんまを甘露煮にすれば骨まで柔らかくなりますので、骨がとても食べやすくなります。

油で炒めて塩をかけて骨せんべいなんてのもいいかもしれません。

さんまには、うろこがない?

さんまの頭は食べれる?骨は食べる?について調べてみました。

年によっては、さんまが不漁とのニュースもありますが、さんまは栄養がある魚なので、秋の旬の時期に食べたいですね。

スポンサーリンク

-秋の行事、風物詩, 食材、食事
-

執筆者:

関連記事

オクラの産毛、ヘタ、ガクはそのまま取らないでも食べられる?生で食べれる?

オクラのネバネバした食感が特徴の野菜オクラは栄養が豊富なすごい野菜と言われます。 おくらのネバネバ成分は水溶性食物繊維で栄養成分が豊富な良い野菜と言われています。オクラは、ヌメリのネバネバ成分の他に、 …

おせち料理の意味とは?伝統ある料理の美味しさといつ食べるべきか

おせち料理の意味とは?伝統ある料理の美味しさといつ食べるべきか おせち料理の意味、由来、中身の具材には意味がある!? 新年を迎える準備のため、おせち料理を作るご家庭も多いでしょう。最近ではネット通販が …

いちじくの皮は洗う、洗わない?そのまま皮ごと食べれる?いちじくに栄養はある?

いちじくの皮はそのまま食べるときは洗う、洗わない?いちじくに栄養はある?いちじくの皮に毒とは? ほんのりと上品な甘味で栄養があるといわれる果物のいちじく。 いちじくはそのまま生で食べられますが、ジャム …

みかんは一日何個まで食べたら良い?みかんを食べすぎるのは良くない?

冬の季節の果物のみかん、みかんはビタミンCが豊富に含まれている柑橘系の果物です。 みかんは果物だからカラダによさそう、だからみかんを何個でも食べたら良いように思いますが、実際はどうなんでしょうか? み …

秋の味覚の栗、ドングリ、銀杏は果物、野菜、種子?ドングリは食べられる。

秋の味覚の栗、ドングリ、銀杏は果物、もしくは野菜、種子?ドングリは食べられる。 秋は、食欲の秋といわれるように食べ物が美味しい季節です。 また、秋はとても過ごしやすいシーズンなのでバーベキューやハイキ …







カテゴリー

スポンサードリンク


PAL CLOSET ONLINE STORE(パルクローゼットオンラインストア)

テキストのコピーはできません。