ちょっとささやかな世間話

なるほどと思うことや気になることいろんなことなどついて書いているブログです。

季節の行事、風物詩 冬の行事、風物詩

鏡餅の裏白にはどんな意味がある?裏白の向き、使い方は?鏡餅にこんぶはなぜ?

投稿日:2020年11月16日 更新日:



鏡餅にはお正月の歳神様へのお供え物、今年1年間無病息災で過ごせるように祈願する縁起物です。

鏡餅には、まあるいお餅に、みかんのような果物の橙、半紙、裏白、こんぶ、干し柿などが飾られています。

お正月の鏡餅の裏白の意味とは

鏡餅にシダのような植物が飾られています。鏡餅に飾られている植物は裏白(ウラジロ)です。

ウラジロ(裏白)はウラジロ科の常緑性多年草の大形のシダ植物です。

裏白は葉の裏が白いことから裏白と言われています。

葉の裏が白い事は、裏に持つ心に暗いことがなく潔白の意味を持ち、対に分かれている2枚の葉っぱが夫婦仲よく白髪になるまで幸せに暮らせますようにとの願いが込められているようです。

鏡餅に飾る裏白には向きがある?使い方は?

鏡餅に飾る裏白の葉は表は緑色をしていますが裏は白い色をしています。お正月に鏡餅に飾る裏白はどのように飾れば良いのでしょうか?

鏡餅に飾る裏白には地域ごとに違いもあり特に決まりはないようですが、裏白の白い色の裏面を上にして飾ることが多いようです。白い裏面を上にしているのは裏表がない気持ちを表していると言われています。

裏白の置き方、向き漢字の八の字のように末広がりに置くことで縁起が良いと言われています。

お正月の鏡餅に干し柿を飾る理由は

柿の木は長寿の木で縁起が良いと言われています。柿は幸せを“かき”集めるということで
柿を「嘉来」と書き「幸せがやって来る」という意味があると言われています。
また、干し柿を食べると種が入っていることから、子宝に恵まれるという意味も込められているようです。

鏡餅になぜこんぶを飾る?

お正月のおせち料理にもよくこんぶが入っていることが多いです。こんぶはよろこぶという縁起が良い食べ物です。

スポンサーリンク

「子生婦」とも書き、子孫繁栄を表します。こんぶは昔「広布(ひろめ)」と言われ「慶びをひろめる」となり、また同じく別称の「恵比須目(えびすめ)」は七福神の恵比寿様を連想する、大変めでたい縁起物です。

お正月の鏡餅の裏白の意味とは
鏡餅に飾る裏白には向きがある?使い方は?
お正月の鏡餅に干し柿を飾る理由は
鏡餅になぜこんぶを飾る? について調べてみました。

裏白、干し柿、こんぶにはいろんな意味が込められている縁起物です。

 

スポンサーリンク







-季節の行事、風物詩, 冬の行事、風物詩
-,

執筆者:

関連記事

大安、仏滅の縁起担ぎの六曜とは、由来、意味は?

ご家庭にはカレンダーはあることと思いますが、日付とともに大安、友引などもかかれているでしょう。 今日は「大安だから縁起がいい」などと気にする人もいるでしょう。 毎日の行動の目安として重んじる人も多いの …

菜の花は食べ過ぎても大丈夫?春の野菜の菜の花と菜花とは同じ野菜?

1月はまだまだ寒い時期で寒い日が続きますが、スーパーの店頭には早くも春を感じさせる菜の花が並んでいました。 菜の花は冬から春にかけてが旬の野菜です。 お惣菜として菜の花のおひたしが売られていましたので …

酉の市の意味、酉の日とは?商売繫盛の熊手は縁起物!?

11月には酉の市という言葉をよく聞きますが酉の市とはどんな祭礼なのでしょうか? 酉の市の熊手は、商売繫盛の縁起物として人気です。 スポンサーリンク 毎年11月の酉の日に神社で売られています。 なんで、 …

師走とは、意味、由来は?師走はイベントがいっぱいで忙しい?

師走とは、意味、由来は?師走はイベントがいっぱいで忙しい? 12月は「師走(しわす)」といいます。12月になって師走になると気ぜわしく感じる時期です。 スポンサーリンク 大掃除、お正月の準備、クリスマ …

お正月食べ物のお雑煮はお雑煮はいつ食べる?食べる理由は?地域に違いがある!

お正月の楽しみの一つにお雑煮があります。お雑煮は餅が入っているお餅主役の汁物です。お雑煮はお正月に食べる縁起物と言われています。 スポンサーリンク 私はお雑煮は白みそで食べることがが多いのですが、白み …

スポンサードリンク


当サイトメニュー

スポンサードリンク