ちょっとささやかな世間話

当ブログはアフィリエイト広告を含むことがあります。

季節の行事、風物詩 秋の行事、風物詩 植物

彼岸花は庭に植えてはいけない?火事になるとは何?日本の彼岸花の名所は?

投稿日:2020年7月31日 更新日:



彼岸花は庭に植えてはいけないの?彼岸花を持ち帰ると火事になる?

彼岸花は別名曼珠沙華とも呼ばれます。

ヒガンバナは9月中旬以降、お彼岸の時期に田んぼやあぜ道に花を咲かせる真っ赤な花を咲かせます。

真っ赤な花の彼岸花はきれいですね。

秋のお彼岸のころに開花する彼岸花は、秋の風情をとても感じる風物詩です。

ヒガンバナは秋のお彼岸の時期に咲くお花で、真っ赤なお花がとても鮮やかな色をしています。

家庭でお庭に彼岸花を植えているのをあまり見かけません。

彼岸花を植えてはいけないと言われますがなぜでしょうか?

彼岸花は、毒があることと縁起が悪いことを思い起こさせることが彼岸花を植えていけないと言われてるようです。

ヒガンバナは田んぼやあぜ道などに咲いていますが、彼岸花の根には毒があります。

ヒガンバナが植えてあるとねずみやもぐらなどの動物の被害から農産物を守るために役立つと言われています。

ヒガンバナはお彼岸の頃に咲くことからなのか、幽霊花などと呼ばれることもあるようで、ヒガンバナに対して不吉なお花のイメージをいだく人もいるようです。



ヒガンバナ(彼岸花)について調べてみると庭に植えてはいけないようですが、なぜでしょか?

ヒガンバナは庭に植えてはいけないお花なの?

ヒガンバナはヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草です。

彼岸花は日本だけでなく、中国や韓国などのアジア各国にも分布しており、それぞれに異なる文化や意味合いを持っています。

ヒガンバナの原産地は、中国で別名、曼珠沙華、リコリスとも呼ばれます。リコリスはギリシャ神話の海の女神と言われています。

ヒガンバナはなぜ庭に植えてはいけないと言われるのでしょうか?

彼岸花は仏教の伝説に登場する花で、不吉な花として忌み嫌われることがあります。

一般的には、墓地や寺院などの仏教施設に植えられていることが多いです。これは、彼岸花が仏教の教えに関係するからです。

彼岸花は春分や秋分の日に咲くことから、「この世」と「あの世」がつながる日に現れる花と考えられています。そのため、先祖の霊を供養する場所に植えられることが多いのです。

彼岸花は、毒があることが縁起が悪いことを思い起こさせることが彼岸花を植えていけないと言われてるようです。

ヒガンバナはお彼岸の頃に咲くことからなのか、幽霊花などと呼ばれることもあるようで、ヒガンバナに対して不吉なお花のイメージをいだく人いるようです。

ヒガンバナを植えていけないと言われる所以の一つです。

ヒガンバナは庭に植えてはいけないことはないです。

ヒガンバナをお庭に植えている家庭もあり、ヒガンバナを観賞用に育てている人もいるようです。

ヒガンバナの球根には毒があり、モグラ除けにヒガンバナを植えることもあります。ヒガンバナの根には強い毒があります。

ヒガンバナの根の強い毒なので、間違えてヒガンバナの根を食べたりしたら大変です。

彼岸花は根が強くて広がりやすく、他の植物を駆逐する性質があります。そのため、自然保護の観点からも彼岸花を植えることは避けるべきです。

彼岸花は美しい花ですが、植える場所や方法には注意が必要です。

スポンサーリンク

 

彼岸花を持ち帰ると良くない?彼岸花を持ち帰ると火事になる?

彼岸花を持ち帰ると良くないのはなぜ?

ヒガンバナを持ち帰ると良くないのでしょうか?

ヒガンバナを持ち帰ると火事になるようなことを言われる話があります。

ヒガンバナを持ち帰るといけないと言われる訳は、ヒガンバナの根に強い毒があることです。ヒガンバナの根に毒があるので持って帰ると食べたりしたら大変です。

彼岸花には、不吉なイメージを連想させる別名が多くあることも理由の一つのようです。

ヒガンバナは鮮やかな赤い色をしていますね。ヒガンバナの赤色が火事を連想させるようで、火炎花とも呼ばれています。

彼岸花が赤い花で火事をイメージすることがヒガンバナを持ち帰ると良くないようです。

彼岸花の花言葉

ヒガンバナの花言葉情熱、悲しい思い出、独立、再会、あきらめ、思うのはあなた一人

ヒガンバナの花言葉はいろんな意味があります。

秋のお花、彼岸の頃に咲くヒガンバナ(彼岸花)について調べてみました。

日本各地には、彼岸花の名所があります。秋の風情を楽しんでみるのもいいかもしれません。

日本全国のヒガンバナの名所、日本の原風景を思い出すようです。



ヒガンバナの咲く様は日本の原風景のようで美しいです。

ヒガンバナの名所は日本全国に多くあります。

彼岸花は美しい景色を作るために植えられることもあります。

埼玉県の金鑽公園では毎年9月下旬から10月上旬にかけて約500万本の彼岸花が咲き誇ります。この光景は「曼珠沙華の絨毯」と呼ばれ、多くの観光客を引きつけます。

日本全国にあるヒガンバナの名所を楽天トラベルで調べました。

宮城県  羽黒山公園
栃木県  常楽寺
埼玉県  権現堂公園
埼玉県  巾着田
長野県  嶺岳寺
神奈川県 宝城坊日向薬師周辺
愛知県  矢勝川
岐阜県  津屋川堤防
京都府  穴太寺周辺、大原の里
奈良県  葛城一言主周辺、仏隆寺
滋賀県  桂浜園地
兵庫県  円照寺、多可町
広島県  三次市吉舎町辻
福岡県  つづら棚田、ヨシビ棚田
佐賀県  江里山棚田
大分県  七ツ森古墳
熊本県  番所の棚田
宮崎県  皇子原公園
長崎県  鉢巻山展望所

9月中旬のころに咲くヒガンバナは、真っ赤なお花はとても美しいです。

秋の風物詩として季節を感じるのもいいですね。


スポンサーリンク

-季節の行事、風物詩, 秋の行事、風物詩, 植物
-

執筆者:

関連記事

おせち料理の具材は何がある?伝統的な食材と料理のバリエーション

おせち料理の具材は何がある?伝統的な食材と料理のバリエーション おせち料理の具材にも意味があります。具材の一部ですが、意味について調査してみました。 おせち料理において、えびの存在の意味は? おせち料 …

ドクダミはてんぷらやお茶で食べれますが、生でも食べられる?採取時期は初夏が旬!

ドクダミはてんぷらやお茶で食べれますが、生でも食べられる?採取時期は初夏が旬! 道ばたに生えている雑草のようなドクダミ、よく見るおなじみの植物ですね。 ドクダミは繁殖力がとても旺盛なので、「ドクダミを …

酉の市の意味、酉の日とは?商売繫盛の熊手は縁起物!?

11月には酉の市という言葉をよく聞きますが酉の市とはどんな祭礼なのでしょうか? 酉の市の熊手は、商売繫盛の縁起物として人気です。 スポンサーリンク 毎年11月の酉の日に神社で売られています。 なんで、 …

クリスマスの食べ物は、なぜ、チキン、ケーキなのか、理由、意味、発祥、由来は!?

クリスマスの食べ物は、なぜ、チキン、ケーキなのか、理由、意味、発祥、由来は!? クリスマス頃には、街では楽し気なクリスマス音楽が聞こえてきて、クリスマス気分を盛り上げてくれます。 クリスマスでは、食卓 …

南天の木の言い伝えとは?魔よけで切ると災いが起こる?植える場所、理由、方角は?

お正月に飾られる縁起の良い木で知られる南天の木、南天が自生しているのを所々で見かけます。 南天の木は縁起の良い木と昔から言われおり、赤く丸い小さな実が人気ですね。 南天の実は仙人が実を食べたと言われ、 …







カテゴリー

スポンサードリンク


PAL CLOSET ONLINE STORE(パルクローゼットオンラインストア)

テキストのコピーはできません。