ちょっとささやかな世間話

なるほどと思うことや気になることいろんなことなどついて書いているブログです。

植物 秋の行事、風物詩

キンモクセイは庭に植えてはいけないと言われるのはなぜ?どんな香りがする?

投稿日:2021年6月3日 更新日:



金木犀(きんもくせい)の甘く強い香りが漂ってくると秋の気配を感じますが、キンモクセイはとても香りが濃い樹木です。

キンモクセイは素敵な花の香りが特徴ですが、小さいオレンジ色の花も素敵ですね。

 

キンモクセイは庭に植えてはいけないと言われるのはなぜ?

キンモクセイの素敵な香りは魅力的ですね!庭に植えたい人もいると思います。

キンモクセイで検索すると、「キンモクセイは植えてはいけない」とあったので理由を調べてみました。

金木犀(キンモクセイ) 植えてはいけないの?

庭に植えてはいけない植物はいろいろとあります。

例えば、どくだみとかみょうがはどくだみ茶とかみょうがは薬味とかいろいろ役立つ植物なのですが、庭に植えると地下茎の成長が旺盛で駆除できない悩みにもなるようです。少しでも根が残っていると繫殖してくる生命力があるので庭に植えてはいけないと言われます。

キンモクセイを庭に植えてはいけない理由は?

キンモクセイは秋に素敵な香りが特徴の樹木です。香りを楽しみたいですね!

キンモクセイを庭に植えてはいけないというと、スピリチュアル的なことがあるのかと、推測してしまうのですが、いわれとか、由来的なものはないのです。

キンモクセイは縁起が良いと言われ家庭の庭で植えてる人も多くいます。

キンモクセイを植えてはいけない理由の一つにキンモクセイは大きく成長してしまうことです。

キンモクセイは成長力が旺盛で根も木も幅が広がり大きくなるとお庭のスペースも必要になってきます。

植物は成長するのですが、キンモクセイを庭に植えると大きく成長することで、キンモクセイの手入れ管理が大変になってくることです。

キンモクセイは手入で剪定を怠れば大木になってしまい管理が大変です。

キンモクセイはご家庭でも栽培することができますが、繫殖力が強い植物と言われていますのでそれ故にメンテナンスも必要ということです。

大きく育ったキンモクセイは少々のことでは枯れないので、剪定して管理が必要です。。

キンモクセイの開花時期

きんもくせいは中国原産の常緑樹で、赤みのある黄色い小花を咲かせます。

きんもくせいの開花時期は9月中旬から10月です。きんもくせいの花が咲いてる期間は1週間と短いです。

きんもくせいの香りは強く、ニオイは遠くまで香ります。

 

きんもくせいの花言葉は謙虚

きんもくせいの花言葉は気高い人、謙虚です。きんもくせいの香りに比べ花が小花で謙虚からきているようです。10月10日の誕生花です。

スポンサーリンク

 

きんもくせいはどんな香り

きんもくせいの香りは素敵な香りと思うのですが、香りが強すぎて嫌いな人もいると思います。

甘く強い香りがするのでキンモクセイ、香りの好き嫌いがはっきりしている植物です。キンモクセイの香りが嫌いな人はニオイを嗅ぐだけで気分が悪くなったりするようです。

キンモクセイの香りは結構強烈で、数十メートル離れていてもきんもくせいの香りを感じることがあります。

素敵な香りのキンモクセイはお香やアロマなどの商品もありリラックス効果が見込めると言われます。

(楽天市場)

キンモクセイは庭に植えてはいけないについて紹介しました。

スポンサーリンク







-植物, 秋の行事、風物詩
-

執筆者:

関連記事

母の日の定番のカーネーション、色別に花言葉はある?1本当たりの値段は?

スポンサーリンク 母の日の定番のカーネーション、色別に花言葉はある?1本当たりの値段は?目次1 母の日の定番のカーネーション、色別に花言葉はある?1本当たりの値段は?1.1 なぜ母の日に贈るカーネーシ …

春の花のたんぽぽは雑草、野草?たんぽぽの名前の由来、花言葉は?毒性は?

春はたんぽぽの季節、雑草、野草どっち?毒はありません?名前の由来、花言葉は?目次1 春はたんぽぽの季節、雑草、野草どっち?毒はありません?名前の由来、花言葉は?1.1 たんぽぽはいろんな場所に生えてい …

ドクダミの採取時期は初夏が旬ですが、てんぷらやお茶の他、生でも食べられる?

道ばたに生えている雑草と思われているドクダミ、よく見るおなじみの植物です。 ドクダミは繁殖力がとても旺盛なので「ドクダミを駆除したい」と厄介な植物として思っている人も多いです。 ドクダミは雑草ですが、 …

金木犀(きんもくせい)とは、花言葉は、きんもくせいはどんなにおいがする?

あなたはきんもくせいのニオイは好きですか? きんもくせいのニオイが漂ってくると秋の気配を感じさせるお花です。 少し暑さがマシになってきた秋のシーズン、金木犀(きんもくせい)の甘く強い香りがブーンと漂っ …

冬瓜はなぜ冬、名前の由来、旬はいつ?冬瓜は煮物が美味しいが生で食べられる?

冬瓜はなぜ冬、旬はいつ?冬瓜は煮物が美味しいが生で食べられる?目次1 冬瓜はなぜ冬、旬はいつ?冬瓜は煮物が美味しいが生で食べられる?1.0.0.1 冬瓜は何科の植物?冬瓜が体を冷やすとは?1.0.0. …

スポンサードリンク


当サイトメニュー

スポンサードリンク