ちょっとささやかな世間話

当ブログはアフィリエイト広告を含むことがあります。

植物 秋の行事、風物詩

金木犀(きんもくせい)はなぜ家の庭木で植えてはいけないの?どんな匂いがする?

投稿日:2021年6月3日 更新日:

金木犀(きんもくせい)の甘く強い香りは、漂ってくると秋の訪れを感じる、とても甘い香りが濃い匂いがする樹木です。

きんもくせいは素敵な花の香りが特徴ですが、オレンジ色の小さい花も素敵ですね。

 

こんなに素敵な香りがする金木犀ですが、庭に植えてはいけないと言われているようです。

それは、金木犀は、繫殖力が強く、大きくなってしまったら、木の枝や管理が大変になるから、金木犀は、植えてはいけないと言われているようです。



金木犀(きんもくせい)は庭に植えてはいけないと言われるのはなぜ?


きんもくせいの素敵な香りは、懐かしい秋の夕暮れの思い出を感じる人もいると思います。

キンモクセイの素敵な香りは魅力的ですね!

日本の庭木で、その香りの美しさから三大香木の一つと言われている金木犀、きんもくせいを庭に植えたい人はいると思います。

金木犀は、沈丁花、クチナシの花と日本三大香木と呼ばれています。

金木犀は、何科の植物、原産地はどこ?

金木犀は、モクセイ科の植物で、金木犀の原産地は中国で、中国では、桂花と呼ばれます。

昔の中国では、月にキンモクセイの木があると信じられていたようで、金木犀は、神秘的な木としての言い伝えがあるようです。

日本には、江戸時代の伝わってきたと言われています。

金木犀の特徴は、赤みのある小さなお花を咲かせます。金木犀の仲間である銀もくせいは白い花、薄黄もくせいは薄黄色です。

白いお花を咲かせる仲間の銀モクセイ、赤みのある小花を金として、金木犀と呼ばれるようになったようです。

金木犀は、9月から10月の秋の季節に花を咲かせます。

金木犀の特徴は、金木犀の花が開花するころ、金木犀から離れていても、木の存在がわかるほど素敵な花の香りが遠くまで匂います。

きんもくせいは縁起が良い樹木とも言われますが、きんもくせいを検索すると、「キンモクセイは植えてはいけない」とあったので理由を調べてみました。

なんで「きんもくせいは植えてはいけない」のでしょうか?

金木犀(きんもくせい) はなぜ家の庭に植えてはいけない理由は何?


庭に植えてはいけない植物はいろいろあります。

例えば、どくだみは、ドクダミ茶、みょうがは、薬味とかいろいろ役立つ植物なのです。

しかし、どくだみやみょうがは、庭に植えると地下茎の成長が旺盛で駆除できないことで、悩みにもなるようです。

少しでも根が残っていると繫殖してくる生命力があるので、庭に植えると大変なようです。

金木犀(きんもくせい)を庭木で植えてはいけないのはなぜ、理由は?

きんもくせいは秋に素敵な香りが特徴の樹木です。香りを楽しみたいですね!

金木犀を家の植えてはいけない理由は?縁起が関係ある?

きんもくせいを植えてはいけない理由の一つに大きく成長してしまうことです。

きんもくせいは、成長力が旺盛で、成長すると、根も木も幅が広がり大きくなり、広い庭のスペースが必要になってきます。

植物は成長するのですが、金木犀が成長すると、金木犀の大きさは、5メートル以上にもなり、場合によっては、もっともっと成長することもあります。

きんもくせいを庭に植えると、大きく成長して、手入れ管理が大変になってくることかです。

きんもくせいは、手入で剪定管理を怠れば、大木になってしまい後々の管理が大変です。

きんもくせいは家庭でも栽培することができますが、繫殖力が強い植物と言われていますので、それ故にメンテナンスも必要になるということです。

大きく育ったきんもくせいは、丈夫で少々のことでは枯れません。金木犀は、剪定して管理が大変になるので、きんもくせいは植えてはいけないということです。

金木犀を家の庭木で植えてはいけない理由は、嫌な虫がつくから?

金木犀を庭の木として植えてはいけない理由一つとして、嫌な虫がつくことが理由のようです。

金木犀の香りは、香りが強すぎて嫌と感じる人もいますが、金木犀の香りを嗅いだ時、葉っぱに、虫がついていたら嫌なものですね。

金木犀には、カイガラムシ、ハダニ、毛虫のようないろんな多くの害虫が付くことがあります。

金木犀の匂いを嗅いでいた時、目の前に虫がいるのも嫌なものですね。

金木犀はスピリチュアル的な魅力のある縁起が良い木?


金木犀の香りは魔除け?スピリチュアルな意味もある

秋の季節、とても素敵な香りと小さいお花を咲かせるするきんもくせい、金木犀は、風水的に縁起の良い木と言われています。

神社の境内やお寺でもよく見かけますね。

きんもくせいを家の庭木で植えてもよい?

きんもくせいを庭に植えてはいけないというと、スピリチュアル的なことがあるとか、推測してしまうのですが、いわれとか、由来的なものはないのです。

きんもくせいは縁起が良いと言われますので、家庭の庭で植えてる人も多くいます。

ただ、金木犀は、管理しないと大きく育ち、管理が大変になっていきます。

 

キンモクセイは運気が上がる縁起の良いと言われますが

きんもくせいを植える方角は?

キンモクセイと言う名前からしても、金運がアップしそうな縁起がよさそうな木です。

キンモクセイを植えると縁起が良いとされる方角は、北東、東、東南、南西、これらの方角にキンモクセイを植えると良いとされています。

南西の方角は、裏鬼門と言われ金木犀のように香りのよい木を植えると良いようです。

 

キンモクセイが咲く開花時期は?

きんもくせいは中国原産の常緑樹で、江戸時代に伝わったとされています。きんもくせいの花は赤みのある黄色い小花を咲かせます。

今では日本では秋を感じさせる香木でおなじみになりましたね。

スポンサーリンク

きんもくせいの開花時期は9月中旬から10月です。きんもくせいの花が咲いてる期間は1週間と短いです。

キンモクセイの香りはとても強いにおいで、きんもくせいの香りが漂ってくると秋の季節感を感じる風物詩でもあります。

 

金木犀(きんもくせい)の花言葉は謙虚、気高い人、誘惑


きんもくせいの花言葉は気高い人、謙虚、真実、初恋です。そのほかにも、誘惑、陶酔と言う花言葉もあります。

きんもくせいは、大きい樹木のわりに、オレンジ色の小さいお花を咲かせ、強い香りを漂わせます。

大きい樹木、小さい花から、きんもくせいの姿、香りに比べてお花が小さい、ことから謙虚と言う花言葉が合いますね。

きんもくせいの花と香り、なんとなく雅やかで上品なお花ですね。

きんもくせいの香りは、アロマや香水にも使われているように、素敵な香りですね。

きんもくせいの花の時期は、短く、散るのも早いので、散り際から気高い人が花言葉になっているようです。

きんもくせいの素敵な香りは、遠くまで匂いが漂います。

金木犀の素敵な甘い香りは、どこから匂ってくるのか、きんもくせいの香りに誘われて、自分の意志とは関係なく、ついつい香りの元へ導かれてしまいそうですね。

キンモクセイの素敵な香りには、リラックス効果があり、そんな香りに、誘惑、陶酔なんて花言葉が合いそうですね。

ちょっと怖い花言葉で、隠世(かくりよ)と言う花言葉もあるようです。隠世の意味は、永遠に変わらない神の世界、あの世を指します。

金木犀は、神社、お寺に植えられているのを見かけることありますからかな。

ちなみに、きんもくせいは10月10日の誕生花です。

(楽天市場)

金木犀の香りが苦手ですか?

きんもくせいの香りは強く甘い香りがするので、香りの好き嫌いがはっきりしている植物です。

甘い強い香りのきんもくせい、私的にはいい香りだと思いますが、香りが強いキンモクセイの好きな人と香りが強くて嫌いな人と、好き嫌いは分かれるようです。

きんもくせいの香りが嫌いな人には、ちょっと鬱陶しい香り、この香りは強すぎなど、感じている人もいるかもしれませんね。

キンモクセイの香りが嫌いな人は、ニオイを嗅ぐだけで気分が悪くなったりもするようです。

きんもくせいの香りはとても強い香りは、トイレの芳香剤にもよく使われていて、昔は、おトイレの前に植えてあることが多かったようです。

きんもくせいを、便所の花と言っていた人もいました。

金木犀(きんもくせい)はどんな匂いがする、例えると?匂いの効果は?


きんもくせいの匂いが漂ってくると、秋の季節感をとても感じます。

きんもくせいの匂いはとても強くて、数十メートル離れていてもきんもくせいの匂いを感じることもあります。

きんもくせいの強く甘い香りは、香水やアロマなどの商品にも使われています。素敵な香りのきんもくせいはお香やアロマなどの商品もありリラックス効果が見込めると言われます。

きんもくせいの香りの効果は

リラックス効果
金木犀の香りは、その芳香が穏やかで心地よいため、リラックス効果があります。この香りを嗅ぐことで、緊張やストレスが緩和され、心身のリラックスを促すことができます。

心地よい気分
金木犀の香りは、多くの人にとって幸福感や心地よさをもたらします。その芳香は、心を癒し、ポジティブな気分を引き起こすことがあります。

集中力の向上
金木犀の香りは、集中力を高める効果があるとされています。この香りを嗅ぐことで、注意力が向上し、集中しやすくなると言われています。

ストレス軽減
金木犀の香りは、ストレスや不安を軽減する効果があります。その芳香は、自律神経を整える働きを持ち、リラックスした状態に導くことができます。

睡眠の改善
金木犀の香りは、睡眠の質を向上させる効果があるとされています。この香りを寝る前に嗅ぐことで、リラックスし、より深い眠りに入ることができるかもしれません。

個人によっては、金木犀の香りに対する反応はいろいろでにおいの好き嫌いがあります。香りの効果は、個人の感じ方や体質に合わせて使用することが重要です。

日本三大香木の沈丁花

三大香木の一つの沈丁花はどんな香りがする?縁起の良しあしは?毒がある?

金木は庭に植えてはいけないといわれますがなぜ?

きんもくせいを植えてはいけない理由の一つとしては、大きくなると管理が大変になることです。

きんもくせいについて調べみました。


スポンサーリンク

-植物, 秋の行事、風物詩
-,

執筆者:

関連記事

庭にレモンバームは注意が必要?植えてはいけない場所とは

庭にレモンバームは注意が必要?植えてはいけない場所とは レモンの香りがするなんて、素敵ですね。 自然でいい香りがするレモンバーム、少し気になるハーブでホームセンターでレモンバームの種が約200円くらい …

さんま(秋刀魚)にはうろこがない?さんまは頭から食べることができる?

さんま(秋刀魚)にはうろこがない?さんまは頭から食べれる? 秋が旬の味覚のさんまは、塩焼きでたべるとおいしいですね。 屋台などで焼いているさんまは、においが食欲がかきたてられます。 スーパーなどで売ら …

ノウゼンカズラの花言葉は怖い?家の外壁が傷つき破壊するから庭に植えてはいけないの?

オレンジ色のラッパのような花が咲くノウゼンカズラ ノウゼンカズラは、赤やピンク、白などの色鮮やかな花を咲かせるつる性の植物です。 日本では、秋になると道端や山野に咲く姿を見かけることができます。 夏に …

母の日の定番のカーネーション、色別に花言葉はある?1本当たりの値段は?

母の日の定番のカーネーション、色別に花言葉はある?1本当たりの値段は? 母の日プレゼントの定番カーネーション、毎年、5月の第2日曜日は母の日、母の日のプレゼントにカーネーションをプレゼントするのはお馴 …

沈丁花の香り、どんな魅力?春の訪れと共に咲く美しさを探る!

沈丁花の香り、どんな魅力?春の訪れと共に咲く美しさを探る 日本三大香木は、金木犀(キンモクセイ)、沈丁花(ジンチョウゲ)、梔子(クチナシ)と3種類の花木(カボク)です。 白とピンク色のかわいらしい花を …







カテゴリー

スポンサードリンク


PAL CLOSET ONLINE STORE(パルクローゼットオンラインストア)

テキストのコピーはできません。