ちょっとささやかな世間話

なるほどと思うことや気になることいろんなことなどついて書いているブログです。

植物 秋の行事、風物詩

金木犀(きんもくせい)はなぜ庭に植えてはいけないの?どんな匂いがする?

投稿日:2021年6月3日 更新日:

金木犀(きんもくせい)の甘く強い香りが漂ってくると秋の訪れを感じる、とても甘い香りが濃い樹木です。

きんもくせいは素敵な花の香りが特徴ですが、オレンジ色の小さい花も素敵ですね。

こんなに素敵な香りがする金木犀、金木犀は繫殖力があるために大きくなって管理が大変になるから植えてはいけないと言われます。


金木犀(きんもくせい)は庭に植えてはいけないと言われるのはなぜ?

きんもくせいの素敵な香りに懐かしさ、昔の切なくて懐かしい秋の夕暮れの思い出を感じる人もいると思います。

キンモクセイの素敵な香りは魅力的ですね!

きんもくせいを庭に植えたい人もいると思います。

きんもくせいは縁起が良い樹木と言われますが、きんもくせいを検索すると、「キンモクセイは植えてはいけない」とあったので理由を調べてみました。

なんで「きんもくせいは植えてはいけない」のでしょうか?

金木犀(きんもくせい) 植えてはいけないの?


庭に植えてはいけない植物はいろいろとあります。

例えば、どくだみとかみょうがはどくだみ茶とかみょうがは薬味とかいろいろ役立つ植物なのですが、庭に植えると地下茎の成長が旺盛で駆除できない悩みにもなるようです。少しでも根が残っていると繫殖してくる生命力があるので、庭に植えると大変なようです。

金木犀(きんもくせい)を庭に植えてはいけない理由は?

きんもくせいは秋に素敵な香りが特徴の樹木です。香りを楽しみたいですね!

金木犀はスピリチュアル的な魅力のある縁起が良い木?

秋に小さいお花を咲かせてとても良い香りがするきんもくせいは、風水的に縁起の良い木と言われています。

きんもくせいを庭に植えてはいけないというと、スピリチュアル的なことがあるのかと、推測してしまうのですが、いわれとか、由来的なものはないのです。

きんもくせいは縁起が良いと言われ家庭の庭で植えてる人も多くいます。

きんもくせいを植えてはいけない理由の一つに大きく成長してしまうことです。

きんもくせいは成長力が旺盛で、根も木も幅が広がり大きくなるとお庭のスペースも必要になってきます。

植物は成長するのですが、きんもくせいを庭に植えると大きく成長することで手入れ管理が大変になってくることです。

きんもくせいは手入で剪定を怠れば大木になってしまい管理が大変です。

きんもくせいは家庭でも栽培することができますが、繫殖力が強い植物と言われていますので、それ故にメンテナンスも必要になるということです。

大きく育ったきんもくせいは少々のことでは枯れないので、剪定して管理が大変になるのできんもくせいは植えてはいけないということです。

キンモクセイは運気が上がる縁起の良いと言われますが。。


昔の中国では月にキンモクセイの木があると信じられていた神秘的な木されている言い伝えがあるようです。

キンモクセイと言う名前からも金運がアップしそうな縁起がよさそうな木ですね。

スポンサーリンク

キンモクセイを植えると縁起が良いとされる方角は、北東、東、東南、南西、これらの方角にキンモクセイを植えると良いとされています。

 

キンモクセイが咲く開花時期は?

きんもくせいは中国原産の常緑樹で、江戸時代に伝わったとされています。きんもくせいの花は赤みのある黄色い小花を咲かせます。

今では日本では秋を感じさせる香木でおなじみになりましたね。

きんもくせいの開花時期は9月中旬から10月です。きんもくせいの花が咲いてる期間は1週間と短いです。

キンモクセイの香りはとても強いにおいで、きんもくせいの香りが漂ってくると秋の季節感を感じる風物詩でもあります。

 

金木犀(きんもくせい)の花言葉は謙虚


きんもくせいの花言葉は気高い人、謙虚、真実、初恋です。

きんもくせいは大きい樹木のわりには、オレンジ色の小さいお花を咲かせ、強い香りを漂わせますが、小さい花が謙虚に見えます。きんもくせいの姿、香りに比べてお花が小さいお花をなので謙虚からきているようです。

きんもくせいの花の時期は短く、散るのも早いので散り際から気高い人が花言葉になっているようです。

きんもくせいは10月10日の誕生花です。

 

(楽天市場)

金木犀(きんもくせい)はどんな匂いがする、例えると?


きんもくせいの匂いが漂ってくると、秋っぽさをとても感じます。

きんもくせいは、香水やアロマセラピーに使われるようにリラックス効果があることは知られています。

きんもくせいの匂いは素敵な香りと思うのですが、きんもくせいの香りがあまりにも強すぎて嫌いな人もいるようです。

きんもくせいの強く甘い匂いは香水やアロマにも使われています。

きんもくせいの匂いが甘く強い香りがするので、香りの好き嫌いがはっきりしている植物です。キンモクセイの香りが嫌いな人はニオイを嗅ぐだけで気分が悪くなったりするようです。

きんもくせいの匂いは結構強烈なので、数十メートル離れていてもきんもくせいの匂いを感じることもあり、きんもくせいのにおいで秋の訪れをとても感じる秋の風物詩です。

素敵な香りのきんもくせいはお香やアロマなどの商品もありリラックス効果が見込めると言われます。

金木は庭に植えてはいけないについて紹介しました。

スポンサーリンク







-植物, 秋の行事、風物詩
-,

執筆者:

関連記事

たんぽぽに毒性?たんぽぽは花、葉、茎も食べれる野草、栄養あるハーブ!?

たんぽぽに毒性?たんぽぽは花、葉、茎も食べれる野草、栄養あるハーブ!? 春の季節に公園や道端に太陽をあびて群れをなして黄色い花を咲かせるおなじみのたんぽぽ。 たんぽぽはたんぽぽ茶やたんぽぽコーヒーなど …

南天の木の言い伝えとは?植える場所、理由、方角、花言葉は?

お正月に飾られる縁起の良い木で知られる南天の木、南天が自生しているのを所々で見かけます。 南天の木は縁起の良い木と昔から言われおり、赤く丸い小さな実が人気ですね。 南天の実は仙人が実を食べたと言われ、 …

タンポポみたいな花の雑草ぶたな(豚菜)の花言葉、開花時期は?たんぽぽとの違いは?

タンポポみたいな花の雑草ぶたな(豚菜)の花言葉、開花時期は?たんぽぽとの違いは?目次1 タンポポみたいな花の雑草ぶたな(豚菜)の花言葉、開花時期は?たんぽぽとの違いは?2 ブタナとは、ブタナの開花時期 …

ヒガンバナ(彼岸花)は庭に植えてはいけない?持ち帰ると火事になるとは?

ヒガンバナ(彼岸花)は庭に植えてはいけない、持ち帰ると火事になる? 秋に田んぼやあぜ道に花を咲かせるヒガンバナ(彼岸花)、ヒガンバナは9月中旬以降、お彼岸の時期に真っ赤な花を咲かせます。 秋のお彼岸の …

刺身のつまのたんぽぽのような花は食べるもの?添える意味は何?

刺身のつまのたんぽぽに似た花は食用菊、食べると香りと味が楽しめる?     お刺身に添えてあるたんぽぽ?似た花は食用菊で食べれます目次1 お刺身に添えてあるたんぽぽ?似た花は食用菊 …

スポンサードリンク


サイトカテゴリー

スポンサードリンク


アクセス解析レポート