ちょっとささやかな世間話

なるほどと思うことや気になることいろんなことなどついて書いているブログです。

季節の行事、風物詩 何の記念日

千羽鶴はお見舞いに贈ることが多いですが、意味は、由来は?折り紙の日は?

投稿日:2019年1月3日 更新日:



千羽鶴はお見舞いに贈ることが多いですが、意味は、由来は?折り紙の日は?

日本の伝統文化の折り紙ですが、子供のころ、折り紙でいろんなものを折って遊んだという思い出も、折り紙の鶴を折ったことがあるかもしれません。

折り紙で鶴はとても人気がある作品ですが、お見舞い時に折り紙の鶴を連なりになっている千羽鶴をお見舞いで贈ることが多いのですが、なぜなんでしょうか?

平和のシンボルとして千羽鶴は世界に広がっています。そんな千羽鶴に意味などついて調べてみました。

折り紙の歴史、折り紙の日

千羽鶴を折るためには折り紙が必要です。最近は日本には多くの記念日がありますが、お折り紙の日もあります。

折り紙の日は、11月11日です。

1が4つ並ぶことから正方形の折り紙を表していることから11月11日に折り紙の日を1980年に制定されました。

折り紙が生まれたのは室町時代で、江戸時代には文献に登場し、折り紙は庶民にも広まっていきました。着物の模様に折り紙が描かれるなどポピュラーなものになっていったようです。

スポンサーリンク

 

千羽鶴の歴史、意味

1797年に京都で出版された「秘伝千羽鶴折形」には、一枚の紙に切り込みを入れて、多数の折り紙がつながった形に折る「連鶴」が紹介されています。千羽鶴が始まったのもこの頃といわれています。

千羽鶴の意味

「鶴は千年、亀は万年」という言葉を聞いたことがあるでしょう。

鶴は長寿のとても縁起の良いシンボルとされています。

長寿のシンボルである鶴を折ることで長寿や病が癒えると信じられていたようです。

千羽折ることは、鶴は千年からきているといわれています。千羽は必ずしも千羽折るということでもなく、数量の多さを意味するだけという説もあります。千羽鶴は平和のシンボルとしても世界に広まっています。

千羽鶴が平和のシンボルとされる由来は?

広島で被爆し原爆症で死亡された佐々木貞子さんが自身の延命を祈って作ったのが由来と言われています。
このエピソードが英語圏の作家であるカルル・ブルックナーやエレノア・コアなどによって紹介されたことで、広く知られるようになった。

彼女をしのんで作られた原爆の子の像には世界中から千羽鶴が送られ供えられています。

千羽鶴について調べてみました。

千羽鶴は「鶴は千年、亀は万年」と長寿のシンボルとされ、病気の回復の願いがかなえられると信じられていました。

千羽鶴が世界に広がったのは、広島で被爆し原爆症で死亡した佐々木貞子さんが自身の延命を祈って作ったのが由来でこのエピソードが英語圏の作家によって広く知られるようになった。

千羽鶴がお見舞いで贈られるのは病気の回復を信じる思いによるものです。

 

スポンサーリンク







-季節の行事、風物詩, 何の記念日

執筆者:

関連記事

菜の花は食べ過ぎても大丈夫?春の野菜の菜の花と菜花とは同じ野菜?

1月はまだまだ寒い時期で寒い日が続きますが、スーパーの店頭には早くも春を感じさせる菜の花が並んでいました。 菜の花は冬から春にかけてが旬の野菜です。 お惣菜として菜の花のおひたしが売られていましたので …

ゆず湯に入るとピリピリと痛むのはなぜ?ゆずは何個いれる?使ったゆずの使い道はある?

ゆず湯に入るとピリピリと痛むのはなぜ?ゆずは何個いれる?使ったゆずの使い道はある? 冬の季節、カラダが凍えた時、お風呂に入るのは最高ですね。 お風呂に入ってカラダがほぐれるような瞬間、とても気持ちいい …

鏡餅の裏白にはどんな意味がある?裏白の向き、使い方は?鏡餅にこんぶはなぜ?

鏡餅にはお正月の歳神様へのお供え物、今年1年間無病息災で過ごせるように祈願する縁起物です。 鏡餅には、まあるいお餅に、みかんのような果物の橙、半紙、裏白、こんぶ、干し柿などが飾られています。 お正月の …

二十四節気大暑の候、意味、食べ物は?大暑と天ぷらとの関係は?

二十四節気第12節は大暑(たいしょ)です。 大暑は夏の季語です。 大暑という漢字を見ただけでもすごく暑いイメージですが、本当にとても暑い時期です。 大暑の時期には、各地では花火大会や夏祭りなど夏の行事 …

桃の節句(ひな祭り)の行事食はなぜちらし寿司、菱餅、はまぐりなの?意味がある?

3月3日は桃の節句ですね。 桃の節句は女の子の健やかな成長を祝うために雛人形や桃の花を飾ってちらし寿司,ひし餅、ハマグリのお吸い物などの祝い膳を食べる風習です。桃の節句は「雛祭り」や「上巳(じょうし) …

スポンサードリンク


当サイトメニュー

スポンサードリンク