ちょっとささやかな世間話

なるほどと思うことや気になることいろんなことなどついて書いているブログです。

季節の言葉

青春、朱夏、白秋、玄冬は季節を表す言葉です。季節には色がある?

投稿日:2018年11月11日 更新日:

季節には色があります。

というと何のことかわかりませんね。

スポンサーリンク

季節の色とは

春を青春(青)

夏を朱夏(朱)

秋を白秋(白)

冬を玄冬(黒)です。

また、東南西北の方位には、それぞれ守り神がいるとのこと。

東には青龍「天から恵みの雨を降らせ、豊作をもたらし、家運を隆盛させる」

西には白虎「女性に子宝と安産を授け、夫婦円満に導き」

南には朱雀「その翼で災厄を祓い、福を招き」

北には玄武「長寿と富を招く亀と災厄を寄せ付けない蛇の霊力をあわせもち長寿と繁栄をもたらす」

 

陰陽五行説とは

 

青春、朱夏、白秋、玄冬との季節を表す言葉はどのようにしてうまれたのでしょうか。

古代中国の春秋戦国時代の思想家鄒衍(すうえん)がとなえた陰陽五行説からきています。

五行とは、万物を五つの要素からとらえる考え方です。

「木・火・土・金・水」

「青・赤・黄・白・黒」

「青龍・朱雀・黄龍・白虎・玄武」

「東・西・中央・南・北」

など五要素をそれぞれ対応させてあてはめます。

この五つの要素を生活に対応させ、災いを避け、幸福を招くという考え方です。

春は青春、春は青い?

春とのイメージは春の季節自体を青春といっていたので、青春、青年という言葉のように若いというイメージがしっくりします。

春は、木や青、龍、東などに対応しています。青春のほかに、春の季節のことを「青帝(せいてい)」とか「東帝(とうてい)」とか言ったりします。

春の語源は、草木の芽が出てきてふっくらと「張る」という説や農耕で田畑を「墾(ひら)く」からきている節、天候が「晴れる」からという説もあります。

 

夏は朱夏、夏は朱い?

春が青色でありますが夏は朱色の「朱夏」といいます。

夏のイメージは熱、暑いなどのイメージですね。

スポンサーリンク

夏が朱色というのは古代中国の春秋戦国時代の思想家、鄒衍が唱えた陰陽五行説からきています。

夏は、火や赤、南などに対応しています。

五行説から夏のことを「赤帝(せきてい)」、「朱炎(しゅえん)」などといいます。

「炎帝(えんてい)」は夏の異名で、古代中国で夏の炎暑を点綴という神の仕業と考えたことに由来します。

夏という言葉の語源は、ウラル=アルタイ語系の「若い」を意味する言葉からきているという説や「暑い」や「熱」という言葉が変化したという説などがあります。

秋は白秋、秋は白いの?

秋にも色を付けた呼び方があります。

白秋ですがなんか聞いたことがあると思いませんか。

歌人の北原白秋もこちらからペンネームとしてつけられたようです。

秋は、金や白、虎などに対応しています。

秋の季節のことを「白帝(はくてい)」、「金秋(きんしゅう)」などといわれています。

秋という言葉の語源は、五穀豊穣で実りが「飽き満ちる」ほどだという説や紅葉などで野山が「赤く」色づくところからきているという説などがあります。

中国の想像上の神獣「白沢(はくたく)」がいます。白沢は六本の角と九つの眼をもち、人の言葉を理解するという怪物で、立派な政治家が現れた時に出現し、病魔を防ぐ力があると信じられてきました。

江戸時代には白沢の絵を持っていれば災難や病気を免れることができるとされ、旅のお守りとして重宝されたとのことです。

冬は玄冬、冬は黒いの?

「玄」という字は「北」のことで「黒」を意味します。

冬のことを表す言葉として、玄冬のほか、「玄帝(げんてい)」とか「玄瞑(げんめい)」言います。

北方を守る神獣を「玄武」といい、玄武は水の神とされています。胴体が亀で頭と尻尾が蛇になっています。

玄武は、富を招く亀と、災厄をよせつけない蛇の霊力をあわせもち、長寿と繁栄をもたらす神といわれています。

冬という言葉の語源は「ふゆ」が魂が近くに「触れる」という意味から、神をまつる「秋」に続く季節だからという説、さらに「万物が冷える」「ふるえる」からという説などがあります。

参考 季節の実用語

以上、季節の言葉をみてみるとそれぞれの季節にはいろんな特徴があります。

春は青春、夏は朱夏、秋は白秋、冬は玄冬

毎年春夏秋冬と1年が過ぎてゆき1年ごとに年を取ります。

歳をとるごとに「あーまた1年が過ぎたな」と思います。

スポンサーリンク







-季節の言葉

執筆者:

関連記事

二十四節気第22節気冬至とは、意味は、食べ物は?

二十四節気第22節気は冬至です。 小雪 ➡ 大雪 ➡ 冬至です。 冬至はニュースなどでも取り上げられることが多いようで結構なじみがある季節です。 冬至の日にはカボチャを食べたり、ゆず湯に入ったりするの …

二十四節気小暑の期間はいつからいつまで、読み方、意味、飲食は?

二十四節気第11節気は小暑 芒種 ➡ 夏至 ➡ 小暑です。 小暑の期間はいつからいつまで目次1 小暑の期間はいつからいつまで2 小暑の時期は七夕の節句3 小暑の七十二候は4 小暑の時期の飲食は 小暑は …

二十四節気18節気霜降とは、意味は、食べ物は?

二十四節気18節気は霜が降りると書いて、霜降(そうこう)です。 スポンサーリンク 秋分 ➡ 寒露 ➡ 霜降です。寒露から15日ごろで二十四節気立冬の前日までの期間です。 霜降について調べてみました。 …

二十四節気第14節気処暑とは、意味、食べ物は!?

二十四節気第14節気 処暑とは 二十四節気第14節気は処暑です。 大暑 ➡ 立秋 ➡ 処暑です。 スポンサーリンク スポンサーリンク

二十四節気17節気寒露とは、寒露の意味は、寒露はいつ!?

二十四節気17節気は寒露です。 白露 ➡ 秋分 ➡ 寒露です。 スポンサーリンク 寒露のころになると朝晩がめっきり冷え込むようになってきます。寒露のころの気候はとても過ごしやすい時期です。 では、寒露 …

スポンサードリンク


当サイトメニュー

スポンサードリンク