ちょっとささやかな世間話

なるほどと思うことや気になることいろんなことなどついて書いているブログです。

季節の言葉

二十四節気第13節気は立秋、立秋とは名ばかりなの、いつ!?

投稿日:2018年9月15日 更新日:

二十四節気第13節立秋、立秋とは名ばかり、いつ!?

二十四節気では、第13節気は立秋(りっしゅう)です。

立秋といえばもう季節は秋です。

でも、立秋でもまだまだ暑い時期、立秋とはいえ名ばかりの時期です。

二十四節気では、小暑 ➡ 大暑 ➡ 立秋です。

スポンサーリンク
 

立秋とは

よく、天気予報やニュースなどで「もう暦の上では秋がはじまる次期ですが」といわれることがありますが、まだまだ暑い時期でもあり秋を実感できない時期です。

二十四節気は中国でつくられたものなので日本の気候とは違和感がある部分があります。

それ故に、立秋は暦の上ではもう秋の季節ですが、八月八日だとまだ立秋とはいえ秋の気配も感じられないと思います。

立秋は太陽の黄経が百三十五度に達する時刻を含む日を指します。新暦では八月八日ごろにあたります。

立秋は八月八日から八月二十二日をさします。

時期的にまだまだ暑い時期ですが、この日を境に少しずつ涼しくなっていきます。

立秋は七十二候

立秋のころはまだ涼しい秋風が吹いてくる頃ではないのですが、七十二候では

涼しい風が立ち始め(初候)

寒蝉(かんせん)が鳴きはじめ(次候) 寒蝉とはヒグラシのこと

朝霧が降り深い霧が立ちこめる(末候)

スポンサーリンク

ヒグラシは夏の半ば過ぎに鳴くのをよく聞きますのでヒグラシが鳴くと暑い夏が徐々に秋に近づいているのが感じます。

立秋のころ旬を迎える食べ物は

立秋のころの食べ物は夏野菜が主です。この時期の野菜として

ナス

オクラ

ゴーヤ

トウモロコシ などの夏野菜が店先に並んでいます。

また、さんまも取れ始める時期です。

さんまを焼いて食べるととても美味しい季節です。

立秋と残暑見舞い

立秋の時期、普段なかなか会えない方やお世話になった方に送る残暑見舞い。残暑見舞いは立秋以降に送ります。

残暑見舞いは立秋を超えた時期から八月末頃までですので立秋と重なる時期です。

残暑見舞いなどでは、立秋の候 を使いますが

立秋とは名ばかりの暑さではございますが

暦の上ではもう秋ですがまだまだ暑い日が続きます

残暑見舞いを送る時節の挨拶として使われます。

普段会えない分、お仕事のこと、近況報告、お世話になったお礼などを残暑見舞いとして送るととてもよろこばれることでしょう。

二十四節気第14節気は処暑です。

スポンサーリンク







-季節の言葉
-

執筆者:

関連記事

冬から春に向かっているのに、寒いのは寒の戻り、意味、時期、原因は!?

天気予報で「寒の戻り」という言葉を聞いたことがあると思います。 「寒の戻り」とは何でしょうか? スポンサーリンク 一般的に春は一気に訪れるのではなく、冬から寒暖を繰り返しながら徐々に暖かくなっていきま …

二十四節気の夏至、夏至はいつですか?、夏至の風習、夏至に食べる食べ物は?

二十四節気の夏至、夏至はいつですか?、夏至に食べる食べ物は?目次1 二十四節気の夏至、夏至はいつですか?、夏至に食べる食べ物は?1.1 夏至はいつですか?1.2 夏至の七十二候では1.3 夏至の風習1 …

二十四節気第23節気は小寒、意味は、食べ物は?

二十四節気第23節気は小寒(しょうかん)です。 寒さが厳しくなってきたと感じる季節です。 大雪 ➡ 冬至 ➡ 小寒です。 スポンサーリンク スポンサーリンク

二十四節気18節気霜降とは、意味は、食べ物は?

二十四節気18節気は霜が降りると書いて、霜降(そうこう)です。 スポンサーリンク 秋分 ➡ 寒露 ➡ 霜降です。寒露から15日ごろで二十四節気立冬の前日までの期間です。 霜降について調べてみました。 …

節分は日本だけの行事?豆まきをする意味は?なぜ年の数だけ豆を食べる?

節分の日に「鬼は外、福は内」と掛け声をかけながら豆まきをする日本の伝統行事ですが、日本各地の神社でも季節の行事として節分の日に節分祭で豆まきが行われます。 節分の日のニュースで芸能人や力士、俳優などが …

スポンサードリンク


当サイトメニュー

スポンサードリンク