ちょっとささやかな世間話

なるほどと思うことや気になることいろんなことなどついて書いているブログです。

植物

タンポポみたいな花の雑草ブタナ(豚菜)の花言葉、開花時期は?たんぽぽとの違いは?

投稿日:2021年4月20日 更新日:



タンポポみたいな花の雑草ブタナ(豚菜)の花言葉、開花時期は?たんぽぽとの違いは?

たんぽぽに似た野草、ノゲシとブタナ。

ブタナはたんぽぽのように黄色い花を咲かせる雑草、茎がひょろっと伸びているのがブタナの特徴でたんぽぽの違いはとてもわかりやすいです。

ブタナとは、ブタナの開花時期、花言葉がある?

ブタナの生息している場所は、道ばた、野原などいろんな所で生えています。道路沿いのコンクリートの割れ目からも咲いてました。

ブタナはキク科エゾコウゾリナ属、ブタナは外来種です。

ブタナは別名タンポポモドキ

ブタナの開花時期は6月から9月ごろ

ブタナの花言葉は最後の恋、意外な花言葉ですね。

ブタナ(豚菜)の名前の由来はフランスではフランス語でSalade de pore(豚のサラダ)と言われており、豚のサラダがブタナの名前の由来と言われています。

ブタナの名前は、愛着あるかわいらしい名前ですね。

ブタナは雑草でも食用できる野草で、新しくやわらかい葉が料理には適しおり、料理方法は炒めたり、サラダにしたりして食べられます。ブタナはヨーロッパでは一般的に食べている地域もあるようです。

スポンサーリンク

たんぽぽみたいな花の雑草ブタナ、ブタナとたんぽぽの違いは

ブタナとたんぽぽの違いは茎の長さが違います。茎の長さがたんぽぽよりもブタナのほうが長いのが特徴で、ブタナの花は枝分かれして咲きます。

ブタナは別名、タンポポモドキと言われています。

近くの野原でブタナが映えていたので、ブタナの茎と花を塩コショウで炒めて食べてみました。
ちょっと枯れ始めたブタナですが、ブタナの茎は筋っぽくて硬く、あまり食べるところは無く、草を食べてる感じです。茹でたら柔らかくなって食べやすいかもしれませんね。

たんぽぽみたいな秋に咲く雑草はノゲシ、たんぽぽとの違いは?

(楽天市場)

近くの野原にたんぽぽに似た花、ブタナ、普段はあまり意識することはないのですが、調べてみるととても面白いです。

スポンサーリンク







-植物
-, ,

執筆者:

関連記事

ブラックベリーは植えてはいけない?ブラックベリーの花言葉、栄養成分は?

ブラックベリーは植えてはいけないといわれるのはなぜ?花言葉、栄養成分は?目次1 ブラックベリーは植えてはいけないといわれるのはなぜ?花言葉、栄養成分は?2 ブラックベリーは植えてはいけないといわれるの …

カスミソウが好きな人多いですね、花言葉は怖いって?感謝、清らかな心です

カスミソウが好きな人多いですね、花言葉は怖いって?感謝、清らかな心です目次1 カスミソウが好きな人多いですね、花言葉は怖いって?感謝、清らかな心です1.1 カスミソウはどんな植物、原産地、咲く開花時期 …

ひまわり(向日葵)は何科の植物、原産地はどこ?ひまわりの季節は何月?

夏に咲くひまわり(向日葵)の黄色い花は夏のイメージがピッタリの植物です。 ひまわりの種を撒いて、芽が生えてくるとひまわりの成長を観察するのは、とても興味深いものです。 ひまわりは16世紀にヨーロッパに …

たんぽぽの根は強く、長く、たくましく再生する!?コーヒー、お茶で食用にも!?

たんぽぽの根は強く、長く、たくましく再生する!?コーヒー、お茶で食用にも!?目次1 たんぽぽの根は強く、長く、たくましく再生する!?コーヒー、お茶で食用にも!?1.1 たんぽぽの根の特徴は強く、長い? …

金木犀(きんもくせい)はなぜ庭に植えてはいけないの?どんな香りがする?

金木犀(きんもくせい)の甘く強い香りが漂ってくると秋の気配を感じますが、とても香りが濃い樹木です。 きんもくせいは素敵な花の香りが特徴ですが、オレンジ色の小さい花も素敵ですね。 金木犀(きんもくせい) …

スポンサードリンク


当サイトメニュー

スポンサードリンク