ちょっとささやかな世間話

なるほどと思うことや気になることいろんなことなどついて書いているブログです。

植物

タンポポみたいな花の雑草ブタナ(豚菜)とたんぽぽの違いは?開花時期と花言葉!?

投稿日:2021年4月20日 更新日:



タンポポみたいな花の雑草ブタナ(豚菜)とたんぽぽの違いは?開花時期と花言葉!?

たんぽぽに似た野草、ノゲシとブタナ。

ブタナはたんぽぽのように黄色い花を咲かせる雑草、茎がひょろっと伸びているのがブタナの特徴でたんぽぽの違いはとてもわかりやすいです。

たんぽぽみたいな花の雑草ブタナ、ブタナとたんぽぽの違いは

ブタナとたんぽぽの違いは茎の長さが違います。茎の長さがたんぽぽよりもブタナのほうが長いのが特徴で、ブタナの花は枝分かれして咲きます。

ブタナは別名、タンポポモドキと言われています。

ブタナとは、ブタナの開花時期、花言葉がある?

ブタナの生息している場所は、道ばた、野原などいろんな所で生えています。道路沿いのコンクリートの割れ目からも咲いてました。

ブタナはキク科エゾコウゾリナ属、ブタナは外来種です。

ブタナは別名タンポポモドキ

ブタナの開花時期は6月から9月ごろ

ブタナの花言葉は最後の恋、意外な花言葉ですね。

ブタナ(豚菜)の名前の由来はフランスではフランス語でSalade de pore(豚のサラダ)と言われており、豚のサラダがブタナの名前の由来と言われています。

スポンサーリンク

ブタナの名前は、愛着あるかわいらしい名前ですね。

ブタナは雑草でも食用できる野草で、新しくやわらかい葉が料理には適しおり、料理方法は炒めたり、サラダにしたりして食べられます。ブタナはヨーロッパでは一般的に食べている地域もあるようです。

近くの野原でブタナが映えていたので、ブタナの茎と花を塩コショウで炒めて食べてみました。
ちょっと枯れ始めたブタナですが、ブタナの茎は筋っぽくて硬く、あまり食べるところは無く、草を食べてる感じです。茹でたら柔らかくなって食べやすいかもしれませんね。

たんぽぽみたいな秋に咲く雑草はノゲシ、たんぽぽとの違いは?

(楽天市場)

近くの野原にたんぽぽに似た花、ブタナ、普段はあまり意識することはないのですが、調べてみると面白いですね。

スポンサーリンク







-植物
-, ,

執筆者:

関連記事

カスミソウが好きな人多いですが、どんなお花、花言葉は感謝、清らかな心、怖いとは?

細かく繊細に分かれた茎の先に、小さい可憐な白い花がたくさん咲いているカスミソウ。カスミソウの花束は見栄えが良く白い色がとてもきれいですね。 スポンサーリンク 白くふわふわしたカスミソウは卒業式、お別れ …

ドクダミの採取時期は初夏が旬ですが、てんぷらやお茶の他、生でも食べられる?

道ばたに生えている雑草と思われているドクダミ、よく見るおなじみの植物です。 ドクダミは繁殖力がとても旺盛なので「ドクダミを駆除したい」と厄介な植物として思っている人も多いです。 ドクダミは雑草ですが、 …

カスミソウの1本の値段、相場はいくら?売っている場所はどこ?

カスミソウの1本の値段、相場はいくら?売っている場所はどこ?目次1 カスミソウの1本の値段、相場はいくら?売っている場所はどこ?2 カスミソウはどこで売っている?2.1 贈ると喜ばれるカスミソウの花束 …

たんぽぽに毒?たんぽぽは花、葉、茎も食べられる野草、栄養あるハーブ!?

たんぽぽに毒?たんぽぽは花、葉、茎も食べられる野草、栄養あるハーブ!?目次1 たんぽぽに毒?たんぽぽは花、葉、茎も食べられる野草、栄養あるハーブ!?1.0.0.1 日本で生息しているたんぽぽは在来種の …

キンモクセイは庭に植えてはいけないと言われるのはなぜ?どんな香りがする?

金木犀(きんもくせい)の甘く強い香りが漂ってくると秋の気配を感じますが、キンモクセイはとても香りが濃い樹木です。 キンモクセイは素敵な花の香りが特徴ですが、小さいオレンジ色の花も素敵ですね。 &nbs …

スポンサードリンク


当サイトメニュー

スポンサードリンク