ちょっとささやかな世間話

なるほどと思うことや気になることいろんなことなどついて書いているブログです。

車検費用はどこが安い?受付期間はいつから?車検費用の目安はいくら?

投稿日:2019年6月13日 更新日:



クルマを持つと必ず受けなければならない法定点検の車検です。車の車検は定期的に受けなければならなくて、車検費用は結構かかるものです。

車屋さんにお知り合いがいるときはその車屋さんに頼むことが多かったのですが、仕事を転職や引っ越しなどで疎遠なると新しい車検店を探さなければなりません。

車検がいくらかかるのか?などいろいろリサーチして自分に合った車検ショップを見つけることが車検費用の節約につながります。

車検費用の節約のためにネット検索して電話したり、いろいろリサーチしました。

車検を受ける車検ショップは、ディーラー、整備工場、ガソリンスタンドなどあります。

車検にかかる税金、自賠責保険と言われる法定費用はどこも一緒ですが、車検費用や付属費用は異なります。

毎回決まったところで受ける人も多いと思いますが、新たに車検をどこで受けるか悩む人もいるでしょう。

カーセンサーでネットでお近くで車検を受けれるところを探すことができますし、大まかな費用もわかります。

車検費用はどこが安い?受付期間はいつから?費用はいくら?

カーセンサーで車検費用の目安

カーセンサーで検索したから車検ショップで受けなければならないということはありません。車検にかかる費用がどれくらいかかるのか目安を知るのに役立ちます。



テレビコマーシャルなどでカーセンサーを知っている人もいると思います。

本屋さんでは中古車情報雑誌も売られています。

カーセンサー.netは、お住まいの地域の車検整備工場、車検を取り扱いしているお店の車検費用がどのくらいかかるなどおおよその目安が分かります。

五十音、都道府県からの店舗検索、近所の店舗検索では、郵便番号やメーカー、車名から費用を比較・見積もりが可能です。

車検をどこで受けるどこが安いなど、車検を受ける所が決まっていない
費用がいくら用意すればいい、など車検費用の目安として参考になります。


できる限り車検にかかるお金を節約したいと考え、車検について調べてみました。

車検はいつから受けられる、車検の受付期間は?

車検は原則として、車検証に記載さている有効期間の満了する日までに受けなければなりません。

車検は車検証の有効期限の満了する日の1か月前から受けることができます。

例えば、11月27日に車検の期日を迎えるマイカー、ハイゼットは10月27日から車検を受けることができます。

車検の受ける日を車検ギリギリまでほっておくと車検が切れたら大変です。

車検の受ける期日が過ぎてしまう恐れもありますので、車検ギリギリではなく、余裕を持って車検の受けた方が良いでしょう。

 

車検のお金はどれくらいかかるの?

今年車検だ、お金がかかるなぁ

車検の時期になると車検にかかるお金、車検費用について考えることもあると思います。

車検費用を節約したい、車検はどこが安い?、安い車検だけど安心なのか?などいろいろ考えますね。

車検の時期になると日頃に利用させていたいろんなクルマ関係、

例えば、自動車ディーラーやオートバックスなどから車検のお知らせが届きます。

それぞれ車検にかかる費用が違うのでどこがいいのか考えます。

初めて車検を受けるとなると、どのように進めてよいのか?わからないことも多くあると思います。

車検を受ける際に、必ず必要なお金は、自賠責保険+重量税+印紙代に車検を受ける自動車ディーラー、自動車整備工場などにかかる費用です。

車検を受けるために、自動車にかかる部品代などもかかります。

車検を受ける先には早期割引もあるところもあります。

車検にかかるお金を節約には早期割引はメリットがあります。


スポンサーリンク

 

車を持っていると定期的に受けることが法令で義務の車検。
車検を受けない車は、違反行為となり、公道を走ることができません。

必ず車検を受けなければなりません。

車検をどこで受ける?車検の選び方は

車検を受けるには、自動車のディーラー 街の自動車整備工場や自分で車検場に持ち込んだりするユーザー車検があります。

車検の受けるには公的機関として国が運営している全国の運輸支局、自動車登録事務所で受けることができます。

軽自動車は、全国の軽自動車検査協会車検を受けることができます。

車検にかかる費用は、 「法定費用」と「その他諸費用」 に大きく分けられます。
「法定費用」は、どの業者でも変わりませんが「その他諸費用」は車検業者によって変わります。高いと思っている車検費用は、「その他諸費用」の費用の内訳を知ることで費用を抑えることができます。

車検を受けるには、民間車検という方法もあります。
国から認可を受けた整備工場、自動車販売店、ガソリンスタンドなどです。

 

実際にかかった車検にかかる費用

車検はスピード車検で車検を受けることにしました。

軽貨物車両にかかる車検にかかる費用は

車検法定費用として、自賠責保険 25070円 重量税 5200円 印紙代 1100円 合計31370円(車検を受ける際にかかる費用)

自動車整備にかかる費用は整備費用や発煙筒など 13000円くらいでした。

整備内容をもっと充実プランもありました。整備内容を充実させればもっとお金はかかるでしょう。

クルマは日頃のメンテナンスが大事です。



クルマは日頃のメンテナンスが大事です。

マイカーは、クルマが止まるととても困るので、オイル交換、バッテリーチェックなどはマメにしています。

どんなモノでも当てはまることですが、自動車はいつまでも新車のままではありません。タイヤはすり減りますしオイルも消耗します。ブレーキパッドも消耗します。ランプの球も切れます。

車検を受ける際に、例えばタイヤがすり減っていたのでタイヤを交換、ブレーキパットが減っているなど、今車がどれだけ整備が必要なのか、部品を交換するのにどれだけの費用がかかるのか、丁寧に説明してくれたら安心です。

この部品がどれだけ消耗していますとか、現物まで見せて説明をしてくれると安心です。

車検費用だけでなく費用の比較以外にも、整備の範囲、部品交換、サービス面も比較対象できます。

手間、価格面のバランスを考えながら検討して、いろんな会社、整備工場などでお見積りをしてみて納得できる所で車検を探してみるのもいいかもしれません。



ネットで車検を比較・選びができる

ネットで車検を受けることができる整備工場などの検索ができるサイトです。お近くの整備工場や車検を取り扱っているガソリンスタンドなどが検索できます。参考として、車検費用の相場や費用、サービスなどが検索できます

カーセンサー

カーセンサーはテレビなどのコマーシャルなどで知っていると思います。

車検費用がどのくらいなのか、車検費用のおおよその目安が分かります。

車検をどこで受けるかは、費用、メンテナンスなどいろいろと考えてみて、検討してみてはいかがでしょうか。

カーセンサーの車検費用一括見積もり

以上、車検についていろいろと調べてみました。


スポンサーリンク







-未分類

執筆者:

関連記事

椿油はどんな効果、効能があるの?保湿効果、オレイン酸を含む椿油搾りかす椿石鹸

椿油はどんな効果、効能があるの?保湿効果、オレイン酸を含む椿油搾りかす椿石鹸 椿(ツバキ)とは   日本の花木ではよく知られている椿です。 椿の花ことばは 赤花は「気取らない優美さ」 白花は …

クリスマスの食べ物で人型クッキーの名前は、ジンジャーブレッドマンクッキー!?

クリスマスのクッキー、人型クッキーの食べ物の名前は、ジンジャーブレッドマンクッキー!? クリスマスにはチキン、クリスマスケーキが人気なんですが、欧米ではクリスマスの食べ物ではクッキーも人気です。 クリ …

ゲオCD、DVDの宅配レンタル、月額コース、通常会員、レンタル料金はいくらかかる?

ゲオCD、DVDの宅配レンタル、月額コース、通常会員、レンタル料金はいくらかかる? 最近、自宅で過ごす機会も多くなっているようです。休日は、映画を見て過ごしたい人もいると思います。 自宅で映画を見たり …

梅雨はなんで梅、意味、理由は?梅干しでごはんを食べると美味しいですね。

梅雨はなんで梅、意味、理由は?梅干しでごはんを食べると美味しいですね。目次0.0.1 梅雨はなんで梅、意味、理由は?梅干しでごはんを食べると美味しいですね。1 梅雨 なぜ梅雨と読む、梅雨の梅の意味、理 …

二十四節気大雪とは、読み方、意味は、大雪の頃の食べ物は?

二十四節気第21節気は大雪(たいせつ)です。 大雪とは、雪が降りだすころで、山沿いでは雪が降り、平地でも雪が降る所もあります。大雪の時期はこれから本格的に寒くなってくる季節です。 立冬 ➡ 小雪 ➡  …




カテゴリー

スポンサードリンク


アクセス解析レポート