ちょっとささやかな世間話

当ブログはアフィリエイト広告を含むことがあります。

生活

冬のマスクは結露で湿ると不快!原因は結露、簡単に実践できる対策、対処法は?

投稿日:



最近、気温が急激に下がってきていますね。

寒い季節になると、マスクの中が湿ってしまい、メイクが崩れたり、不快な思いをすることがあります。この問題に悩む方も多いことでしょう。

このような問題に直面し、マスクの内部を何度も拭いても、直ぐに湿ってしまい、どう対処すべきか日々考えていました。特に仕事中にマスクの問題に気を取られたくありませんよね。

ここでは、簡単に実践できる対策方法を紹介します。

マスクの中が湿る原因は?

マスクの中が湿る主な原因は「結露」


冷たい外気と暖房された室内の空気の対比が結露を引き起こすのと同様に、マスク内外でも同じ現象が起こり、マスク内部が湿ってしまうのです。寒い季節には、これは避けられないことです。

マスクの中が湿った場合の対処法

寒い季節にマスクが湿るのは避けられないかもしれませんが、メイクが崩れたり、肌が荒れたり、不快に感じることは防げます。

スポンサーリンク

簡単にできる対処法です。

口呼吸から鼻呼吸への切り替える

口からの吐息には水蒸気が多く含まれているため、鼻呼吸に切り替えることで、マスク内の湿りをかなり抑えることができます。ただし、話す機会が多い場面では完全に湿りを避けるのは難しいかもしれません。

マスクと顔の間にガーゼやティッシュを挟む

マスク内にティッシュを挿入することで、湿りを和らげることができます。

特にキッチンペーパーは吸水率が高く、ふにゃふにゃになりにくいですが、最初は違和感があるかもしれません。

ガーゼを挟むこともおすすめできます。ガーゼは湿気を吸収する能力が高い上、簡単に手に入れて再利用できるため、環境にもやさしい方法です。

速乾性の高いマスクを選ぶ

速乾性のあるマスクを使用すると、マスク内の湿りが軽減される可能性があります。

一般的な不織布マスクと比較して、水滴が気になりにくくなるでしょう。

インナーマスクの利用する

個人的に効果的だった方法は、インナーマスクの使用です。

不織布マスクと顔の間にインナーマスクを挿入することで、口とマスクの間に空間ができ、水滴が直接肌に触れず、快適に過ごすことができます。

マスクを外す機会がある場合に、マスク内の水滴を拭くこともできます。
感染症対策として必要なマスクは、特に仕事中に外すことが難しいことがあります。
自身に合った湿度対策を見つけ、冬の季節も快適に過ごしましょう。

スポンサーリンク

-生活

執筆者:

関連記事

レターパックはコンビニで売っている?利用方法、料金、サイズ、重さで便利配達方法です。

もし、あなたがA4サイズの証明書、チケット、カタログなどを送るとしたら? ヤフオク、メルカリなどでちょっとした品物を送るとしたらレターパックはとても便利です。 宅配で品物を送るとき、「ちょっとした品物 …

米のとぎ汁を大根の下茹でに使うと良いのはなぜ?とぎ汁の代用はできる?

米を洗うときにでるお米のとぎ汁、お米のとぎ汁は、美容、掃除、料理などに役立つようです。料理では、大根の下茹でといえば米のとぎ汁と言われるくらい役立つ米のとぎ汁。 お米を研ぐとでてくるお米のとぎ汁、米の …

銭湯で書いてはいけない絵がある?銭湯とスーパー銭湯の違いはどこ?

広いお風呂に入ると気分的にほっこりするので、リフレッシュのために銭湯とかスーパー銭湯には時々利用します。 銭湯の壁には富士山が定番のように書いてありますが、夕日、サル、紅葉は、書いてはいけない絵のよう …

ダニ捕りロボの使い方と効果は?使用後はどうする?販売店はどこで売ってる?

ダニに刺されたり嚙まれたりと、ダニに悩まされている人も多いと思います。 ダニが多いのは梅雨だけではありません。7月から9月にかけてはダニの多い季節です。 ダニは目に見えないのがやっかいです。 ダニは繫 …

暑さ対策にすだれとよしずですが、違いと効果はあるの

暑さ対策にすだれとよしずですが、違いと効果は 今年の夏は暑いのだろうか、ここ近年の夏の暑さに恐怖を覚えるほど夏の暑さは異常なきびしさです。 暑い夏を乗り切るための暑さ対策には、エアコンや扇風機などの家 …







カテゴリー

スポンサードリンク


PAL CLOSET ONLINE STORE(パルクローゼットオンラインストア)

テキストのコピーはできません。