ちょっとささやかな世間話

当ブログはアフィリエイト広告を含むことがあります。

食べ物

こめ油とキャノーラ油はどちらがいい?栄養成分、味わいはどうなの?

投稿日:



こめ油、キャノーラ油、なんとなくよく似てますね。

米油とキャノーラ油はどちらも植物性の油で、料理によく使われますが、栄養価や味わい、使い方に違いがあります。

米油とキャノーラ油の特徴など、どちらがいいのか?を調べてみました。

米油は米の胚芽や糠から抽出される油

米油とは、米の胚芽や糠から抽出される油です。

日本では古くから使われている油で、和食に合う淡白な風味が特徴です。

オレイン酸やビタミンEなどの抗酸化物質が豊富に含まれており、コレステロール値を下げたり、老化防止に効果があると言われています。

こめ油の特徴

こめ油の特徴は、熱に強くて酸化しにくいことです。

揚げ物や炒め物に向いています。

こめ油にはオリザノールという成分が含まれており、コレステロールや血圧を下げる効果があると言われています。こめ油は風味があまりないので、料理の味を邪魔しません。

キャノーラ油は菜の花の種から抽出される油

キャノーラ油とは、菜の花の種から抽出される油です。

カナダで開発された品種で、アブラナ科の植物です。

キャノーラ油は菜の花から抽出される植物油で、カナダで開発されました。

キャノーラ油の特徴

キャノーラ油の特徴は、オメガ3脂肪酸やビタミンEが豊富に含まれていることです。

抗酸化作用や血液サラサラ効果が期待できます。

キャノーラ油は熱に弱くて酸化しやすいので、生で食べるサラダやドレッシングに向いています。

キャノーラ油はやや甘みがあるので、料理の味に合わせて使い分けましょう。

 

 

こめ油とキャノーラ油、どれがいい?

両方とも植物性の油で、健康に良い油と言われています。

こめ油は米ぬかから抽出された油で、ビタミンEやオリザノールという抗酸化物質が豊富に含まれています。キャノーラ油は菜種から抽出された油で、オメガ3脂肪酸やオレイン酸が多く含まれています。

スポンサーリンク

どちらもコレステロールを下げる効果があります。

こめ油は加熱に強く、高温で揚げ物や炒め物に使えます。

キャノーラ油は加熱に弱く、低温でサラダやマリネに使うのがおすすめです。

こめ油とキャノーラ油のの味わいや香り

こめ油は米の香りがして、和食や中華料理に合います。キャノーラ油はほとんど無味無臭なので、洋食やエスニック料理に合います。

こめ油とキャノーラ油、どれがいいについて調べてみました。両方とも健康に良い油です。
こめ油とキャノーラ油は用途や好みによって使い分けるのが良いでしょう。

スポンサーリンク

-食べ物

執筆者:

関連記事

芽が出たじゃがいもは食べれる? 捨てる?どうする?葉っぱは食べれる?

じゃがいもはナス科の植物です。トマトやナス、ピーマンなどもナス科で食用にできるものですが、ナス科の植物には有毒な成分を含むものもあります。 じゃがいもの芽には毒があると言われますが、 芽が出たじゃがい …

ザクロ酢の効果は?ザクロ酢を飲むタイミング、作る方法は?

ザクロ酢は、料理に風味を加えるためにサラダドレッシングやマリネ液として使われたり、料理の仕上げにかけられることもあります。 また、その豊かな酸味や特有の風味を活かして、飲み物に加えられることもあります …

焼き芋はほくほくした食感と香りが魅力、焼き芋の作り方、保存方法は?

焼き芋の魅力とは 焼き芋は、その香ばしい香りとほくほくの食感で人々を引き寄せる、秋の風物詩で、この素朴な料理にはとても魅力があります。 まずその香りは、どこか懐かしく、ほっこりとした気分になります。 …

なめこは生で食べれる?腐るとどうなる?加熱で楽しむ、美味しいなめこ

ヌルヌルした食感のキノコのなめこ、味噌汁などで食べると美味しいです。 なめこはそのまま生で食べれるのでしょうか?なめこについて調査してみました。 なめこは生で食べれる? なめこは他のきのこ類と同様、生 …

丸干しいわしの素朴な魅力、そのままの美味しさが広がる食卓

丸干しいわしの素朴な魅力、そのままの美味しさが広がる食卓 いわしの丸干しを焼いて食べると香ばしい香りが食欲をかきたてます。いわしの丸干しは栄養がある食べなさいと言われたのを思い出します。 スーパーの魚 …







カテゴリー

スポンサードリンク


PAL CLOSET ONLINE STORE(パルクローゼットオンラインストア)

テキストのコピーはできません。