ちょっとささやかな世間話

当ブログはアフィリエイト広告を含むことがあります。

食べ物 植物

どくだみを植えてはいけない理由?どくだみは化粧水、虫よけ効果と有益な植物!

投稿日:



「どくだみ」はドクダミ科の植物です。道端などに生えているどくだみはとても有名な植物ですが、植えてはいけないとも言われるようです。
そこで、どくだみについて調べてみました。

 

どくだみの名前の由来は


「どくだみ」の名前は、その植物の特性に由来しています。

どくだみは、日本や中国などのアジア地域に自生する植物で、特に日本では古くから薬草として知られています。

その名前に「毒」が含まれているにもかかわらず、一般的に用いられるどくだみには有毒性が低い種類がありますが、使用に際しては専門家の指導に従うことが重要です。どくだみの名前は、その植物が持つ苦みや特有の成分から来ている可能性がありますが、詳しい由来については複数の説があります。

どくだみの花言葉

どくだみの花言葉は「希望」と言われており、小さな花が多数集まった姿は、希望や幸福を象徴しています。気品と清らかさを持つ花姿から、古くから庭やお庭の装飾として親しまれてきました。

ドクダミを植えてはいけない


ドクダミは美しい姿と繁茂力がある一方で、その持ついくつかの特性から、植える際には慎重である必要があります。

その繁殖力が非常に強力で、環境に対して侵略的になる傾向があります。一度庭や畑に侵入すると、周囲の植物を圧倒し、その生育を妨げる可能性があります。

さらに、ドクダミはしばしば雑草として扱われ、他の植物に対して競争的になることがあります。その広がりが速く、管理が難しいため、植えてしまうと取り除くのが非常に困難になることもあります。また、一度根を残してしまうと、再生する可能性が高く、庭や園芸に混乱をもたらす可能性があります。

地域によってはドクダミが侵略的外来種として扱われており、その栽培が制限されていることもあるようです。ドクダミを植える前に、地域の法律や規制を確認することが重要です。

環境への悪影響や管理上の問題を避けるためにも、ドクダミの植え付けは慎重に検討し、場合によっては代替の植物を選択することが望ましいでしょう。

どくだみは生で食べれる、効果、効能は、料理方法は?


どくだみは健康に良いさまざまな効果と効能を持つ植物です。

どくだみには抗酸化作用があります。また、抗炎症作用もあるため、炎症性疾患の軽減にも寄与します。

生で食べることはできますが、注意が必要です。生で摂る場合は適量に気をつけ、過度に摂取しないようにしましょう。

どくだみは通常、調理されて食べられることが一般的です。

葉や茎は茹でたり、蒸したりして柔らかくし、サラダや料理の一部として使用することがあります。

どくだみの葉はティーや粉末としても利用され、健康飲料やサプリメントとして摂取されることもあります。ただし、食べ方に関しては、適度な摂取と注意が必要であることを覚えておくべきです。

どくだみの化粧水の作り方


自家製のどくだみ化粧水は、肌を整え、保湿し、健やかな肌を保つのに役立ちます。作り方は比較的簡単です。

​​ 材料はどくだみの葉(新鮮なものが望ましい)とミネラルウォーターや蒸留水

手順は

  1. 新鮮などくだみの葉を摘み、よく洗います。
  2. 葉を細かく刻んで、容器に入れます。
  3. 刻んだどくだみの葉にミネラルウォーターや蒸留水を注ぎます。水が葉を覆う程度の量を使います。
  4. 容器をしっかりと蓋をして、直射日光の当たらない涼しい場所に1週間ほど置きます。時々容器を振って、葉の成分が水に移るのを助けます。
  5. 1週間後、葉をこすり取り、液体の中に残った液を化粧水瓶などに移し替えます。

​どくだみには保湿効果や抗酸化作用があり、肌を潤し、若々しさを保つのに役立ちます。

スポンサーリンク

また、肌のトーンを整え、肌荒れや炎症を鎮める働きも期待できます。ただし、肌に合わない場合もあるので、最初はパッチテストを行い、適切な使用量を見極めることが大切です。

どくだみの虫よけ効果は

ドクダミはその特有な香りや成分によって、自然な虫よけ効果を持っています。

この植物にはシトロネラやゲラニオールといった成分が含まれており、これらは昆虫を寄せ付けない作用があります。特に蚊やハエなどの虫を寄せ付けず、その周囲に植えておくことで、自然な虫除けとして利用されてきました。

ドクダミは庭や農園で、その周囲に植えられたり、葉を摘んで乾燥させておくことで、害虫を遠ざけるために利用されています。また、ドクダミから作られたエッセンシャルオイルは、防虫スプレーやキャンドルなどに加工され、室内や屋外での虫除けとしても有効です。

ただし、個人の感受性によって効果は異なるため、必ずしも全ての昆虫に対して効果があるとは限りません。そのため、他の虫よけ対策と併用するか、個々の状況に合わせて使用することが重要です。

ドクダミ茶の作り方


ドクダミ茶を作る手順は以下の通りです

材料はドクダミ(乾燥させたものが望ましいが、新鮮なものでも可)、お湯、蜂蜜や砂糖(任意)

作り方の手順

  1. ドクダミ茶を作る際は、まず適量のドクダミを準備します。乾燥させたものが手に入れば、2〜3グラム(ティースプーン1杯程度)を使用しますが、新鮮なものを使う場合はより多めに取っても問題ありません。
  2. 鍋やポットにお湯を沸かします。お湯の量はお好みで調整してくださいが、一般的に1杯分に対してドクダミを1〜2杯分程度使います。
  3. 沸騰したお湯の中にドクダミを入れ、蓋をして5〜10分程度、火を止めた状態で浸しておきます。時間が経過するほど、茶色味が増し、香りや味が濃厚になります。
  4. ドクダミの有効成分をよく抽出するため、煮出しの際は蓋をしておくのがベストです。お好みで、煮出し時間を調整してください。
  5. 時間が経ったら、茶こしや濾布を使って、ドクダミの葉や茎を取り除きます。
  6. 飲む前に、蜂蜜や砂糖を加えて甘みを調整することができます。その後、温かいうちにお召し上がりください。

ドクダミ茶は、その特有の味と香りから、多くの人に愛飲されていますが、飲む際には個人の体質やアレルギーに留意することが重要です。また、ドクダミには人によっては過敏反応を引き起こすことがあるので、初めて飲む場合や過剰な摂取は避け、専門家の助言に従うことをお勧めします。

どくだみについて調査してみました。

どくだみはとても有益な植物ですが、どくだみを植える前に後悔しないように、どくだみを植える時は繫殖力旺盛ですので気をつけた方が良いようですね。


スポンサーリンク

-食べ物, 植物

執筆者:

関連記事

金木犀と銀木犀の違いと見分け方は?庭木で植える前に知っておきたいことは?

金木犀と銀木犀の違いと見分け方 金木犀(きんもくせい)と銀木犀(ぎんもくせい)は、秋の訪れを告げる花でありながら、その姿や香りに微妙な違いがあります。 まず、花の色から見てみましょう。金木犀は、淡いク …

トマトに含まれる栄養成分は?糖度は?トマトを毎日食べることは健康に良い?

トマトはサラダや料理などでよく使われるトマト、野菜売り場でよく見かる野菜です。 トマトは何科の植物、旬はいつ? トマトはナス科(ソラナス科)の植物です。一般的にはナス科の一員として分類されています。 …

アロエは苦い?アロエの不思議な一面 苦みの中に広がる自然の力

アロエの不思議な一面 苦みの中に広がる自然の力 鉢植えでよく見かけるアロエ、カラダに良いようですがどのようなものなのでしょうか? アロエについて調べてみました。 アロエの苦みって何?驚きの味覚体験を解 …

さつまいも 糖 質 太る?さつまいも一本は食べ過ぎ? 食べ 過ぎは良くない?

さつまいもは年中見かけます。糖分が多そうで太らないか気になります。 ホクホクしたさつまいもは美味しいですね。 さつまいもについて調べてみました。   さつまいも 何科?旬はいつ? さつまいも …

枝豆に栄養がある?枝豆は100gのカロリーは?枝豆の美味しいゆで方は?

枝豆の旬は夏の季節ですね、スーパーの野菜売り場には、枝豆が並んでいました。 枝豆は1パック200円前後の値段で売られていました。 旬の枝豆を塩ゆでするとおつまみにもなりますし、おにぎりやサラダなどにも …







カテゴリー

スポンサードリンク


PAL CLOSET ONLINE STORE(パルクローゼットオンラインストア)

テキストのコピーはできません。