ちょっとささやかな世間話

当ブログはアフィリエイト広告を含むことがあります。

夏の行事、風物詩 植物

ノウゼンカズラの花言葉は怖い?家の外壁が傷つき破壊するから庭に植えてはいけないの?

投稿日:2022年10月13日 更新日:



オレンジ色のラッパのような花が咲くノウゼンカズラ

ノウゼンカズラは、赤やピンク、白などの色鮮やかな花を咲かせるつる性の植物です。

日本では、秋になると道端や山野に咲く姿を見かけることができます。

夏に、明るいオレンジ色の花が咲くノウゼンカズラ、ノウゼンカズラは古くから庭木として親しまれてきました。

ノウゼンカズラはツルが伸びるつる性植物なので、ノウゼンカズラはガーデニングに適した花木と言われます。

フェンスや支柱、トレリスに、ノウゼンカズラのツルが這うと自然の日差し除けにもなってきれいです。

そんな空を凌ぐ勢いのある生命力を持つノウゼンカズラを庭に植えたい、庭が明るく華やかになるので植えたい、と思う人もいると思います。

でも、ノウゼンカズラを植えてはいけないと言われるのはなぜ?

主な理由の一つには、繫殖力旺盛で駆除がとても大変なことになることがあります。

ノウゼンカズラは、つるで家の外壁が破壊されかねないほど、繫殖力旺盛なことです。

ノウゼンカズラのツルは、どんどんと伸びて絡みついていきます。

ノウゼンカズラの幹は、年数を経るにつれて太くなっていきますので、駆除が大変になるようです。

ノウゼンカズラの生命力は、エネルギッシュなパワーを感じます。

ノウゼンカズラは、枝や幹から気根と呼ばれる根を出して、木や壁などに這いつくばっていくので、ノウゼンカズラの気根から家が壁が破壊されるように傷む可能性もあります。

ノウゼンカズラは、駆除しても次から次へと芽が出てきて駆除するのが大変なことが、ノウゼンカズラを植えてはいけない主な理由の一つと言われています。

ノウゼンカズラとは一体どんな植物なのでしょうか?花言葉

ノウゼンカズラは何科、何属の植物、種類、漢字では?



ノウゼンカズラはノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属、漢字で書くと「凌霄花」

ノウゼンカズラは中国原産、ノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属の落葉つる性植物です

ノウゼンカズラは、日本には平安時代に中国から伝わってきたと言われています。

ノウゼンカズラは漢字で書くと「凌霄花」凌霄花は、空を凌ぐほど高くなることから花の漢字の意味と言われます。

ノウゼンカズラの開花の季節は、夏の季節垂れ下がった枝からラッパのような花が、次から次へとたくさん咲きます。ツルの長さは10メートルにも育つようです。

ノウゼンカズラの老樹 金沢市の玉泉園

ノウゼンカズラの寿命はとても長く、石川県金沢市の玉泉園には、豊臣秀吉が朝鮮出兵の際に持ち帰った400年もの樹齢あるノウゼンカズラ老樹があります。

樹齢300年以上のノウゼンカズラの老樹が見れる

石川県金沢市の西田家庭園 玉泉園は、兼六園よりも120年池泉回遊式庭園。

ノウゼンカズラの花言葉は怖い?ノウゼンカズラは、素敵な花言葉ですが!?


オレンジ色の花咲くノウゼンカズラの花言葉は、ポジティブな花言葉が多く、怖い花言葉は見当たらないようにも見えます。

ノウゼンカズラの花言葉は、名声、名誉、栄光、華のある人生、豊富な愛情と怖い花言葉はありません。

ノウゼンカズラの花言葉はトランペットのような花の形に似ていることから来ています。別名、トランペットフラワーとも呼ばれます。

ノウゼンカズラは次から次へと花が咲くさまは、ノウゼンカズラの花からトランペットのファンファーレが次から次へと聞こえそうで、賑やかそうなイメージの花言葉ですね。

トランペットのファンファーレは、祝福の時などに吹くこを連想することからノウゼンカズラの花言葉は名声、名誉です。

ノウゼンカズラの花言葉、華のある人生は、夏の季節に絶え間なく、赤や黄色、ピンクなどの花が咲くことから付けられた花言葉のようです。

豊富な愛情は、西洋の伝説、ノウゼンカズラと松の恋の伝説からきているようです。ノウゼンカズラは、色とりどりの花を咲かせる魅力的な植物です。

ノウゼンカズラの花言葉は、「不変の愛」「愛情の絆」「献身的な愛」などのポジティブなものだけではありません。

ノウゼンカズラ花言葉は、「束縛」「依存」「執着」「幻滅」などのネガティブなものもあるようです。

これは、ノウゼンカズラが他の植物に巻き付いて成長する性質から来ていると言われています。

ノウゼンカズラの花言葉は、相手を強く愛するあまりに、自分の意志を押し付けたり、自由を奪ったりするような恋愛を表しているようです。

ノウゼンカズラの花言葉は、一見すると恐ろしく感じるかもしれませんが、実際には愛情深いという側面もあります。

ノウゼンカズラの花は、見た目が華やかで魅力的ですので、ノウゼンカズラを贈ることは、相手に強い印象を与えることができます。

ノウゼンカズラの花言葉を知らない人に贈ると、誤解される可能性もあります。

スポンサーリンク

ノウゼンカズラの松の伝説

ノウゼンカズラには、西洋の伝説があります。

ノウゼンカズラは、夏の季節に美しい花を咲かせますが、ノウゼンカズラの花の美しさに松が恋するという伝説のお話です。

ノウゼンカズラは、繫殖力旺盛で他の木にも巻き付く花木です。

松の木は、ノウゼンカズラに恋をします。ノウゼンカズラは、松の木だけではなく他の木にも巻き付くため、嫉妬したという伝説です。

ノウゼンカズラの種類、品種

ノウゼンカズラは、中国原産の種類の他にも種類があります。

ノウゼンカズラは中国中部から南部に生息するノウゼンカズラ、アメリカノウゼンカズラ、ピンクノウゼンカズラなどの種類があります。

アメリカノウゼンカズラは名前の通り原産地は北アメリカです。

ピンクノウゼンカズラは南アフリカ原産でピンク色の花が咲きます。

ノウゼンカズラの花のひとつひとつは短い間ですが、明るいオレンジ色の花が次から次へと咲きます。

なぜ、植えてはいけない言われるのはなぜなのでしょうか?

ノウゼンカズラをお庭に植えてはいけないのは、ツルが伸びて庭の木にも巻き付き、家の壁を傷つくような繫殖力旺盛



「ノウゼンカズラは植えてはいけない」と言われますが、ノウゼンカズラを植えてはいけない植物なのはなぜ?

ノウゼンカズラは、繫殖力旺盛で駆除するのは大変、植えた後に「植えなければよかった」と後悔しないようにしたいですね。

ノウゼンカズラは壁伝いにツルが伸びるので、気根で家の壁が破壊、傷むことから

明るいオレンジ色の花ノウゼンカズラ、庭に植えたら花が咲いて明るい庭になるでしょうね。

ノウゼンカズラを庭に植えたいと思う人もいると思います。

ノウゼンカズラを植えた後、後悔することもあるようで、ノウゼンカズラを植えてはいけないと言われますがなぜでしょうか。

ノウゼンカズラを植えてはいけない理由の一つは、強力な生命力で繫殖してツルが伸びていくことです。

ノウゼンカズラは、落葉つる性植物で枝や幹から気根と呼ばれる根を出して、木や家の壁などに這いつくばってどんどん伸びていきます。気根で家がダメージを受けることもあります。

ノウゼンカズラのツルは、他の木にも巻き付く恐れがあります。ほかの木にも巻き付いたら駆除するのが大変ですし、根絶するのは困難なことになることもあります。

ノウゼンカズラは、根が少しでも残っていたら、駆除したつもりでもまた芽がでてきます。

ノウゼンカズラが壁に這って伸びていくと壁が傷んだりもしますし、近所の庭にも進出していく恐れもあります。

ノウゼンカズラが近所の庭にも浸食したら、ご近所トラブルになりかねません。

ノウゼンカズラは地下茎が伸びていくので、駆除が大変なので植えてはいけない

ノウゼンカズラを植えてはいけない理由は、地下茎、根が原因の一つです。

ノウゼンカズラは、生命力があるので、どんどん気根、地下茎がだんだんと増えていきますので、駆除するのが大変になります。

ノウゼンカズラを根元から抜いたと思っても、地下茎が残っていれば地下茎から芽が出てきます。

ノウゼンカズラの地下茎は生きているので新芽がどんどん出てきます。

ノウゼンカズラを駆除し取り除いたようでも、地下茎が残っている限り芽がでてきます。ノウゼンカズラを駆除するのはなかなか大変のようです。

ノウゼンカズラは、高さがあるので駆除するのは一苦労です。

ノウゼンカズラを植えたことを後悔しないため、植えてはいけないのが主な理由かもしれません。

ノウゼンカズラを駆除するには、根ごと掘り起こす、強力な除草剤を切り口に直接塗るなどの駆除方法があって、駆除するには時間と根気がいる作業となります。

ノウゼンカズラの花は夏に咲いているので、ノウゼンカズラの剪定の時期は12月から3月の寒い時期が適しています。

ノウゼンカズラには毒性があるから?

ノウゼンカズラの花は、レバコールと言うアレルギー成分が含まれているといわれます。

ノウゼンカズラの花びらは、アレルギー性の物質が含まれているようで、花の汁が肌に付くとかぶれることがあるようです。

アレルギー性の物質成分の花の汁が手につくと、かぶれる恐れがあります。

ノウゼンカズラを剪定する際は、手袋などをして、ノウゼンカズラの花の汁を、触らないように注意が必要です。

 

 

夏の季節に、明るくきれいな花が咲くノウゼンカズラの花、お庭が明るくなるのでノウゼンカズラの花を植えたいと思います。

ノウゼンカズラを植えてはいけない主な理由は、家の壁を破壊するような繫殖力旺盛で駆除が大変なことが主な理由のようですね。

ノウゼンカズラを植えたらダメなことはないのですが、ノウゼンカズラを植えたら、駆除するのが大変です。

駆除したと思っても、また地下茎から出てくるので、駆除が大変なことを気にかけて置いて植えたほうが良さそうです。

ノウゼンカズラを植えてはいけないのはなぜ?ノウゼンカズラの花言葉は、怖い?ノウゼンカズラについて調べてみました。


スポンサーリンク

-夏の行事、風物詩, 植物

執筆者:

関連記事

金木犀(きんもくせい)とは、きんもくせいの花言葉、どんなにおいがする?

あなたはきんもくせいのニオイは好きですか? きんもくせいのニオイが漂ってくると秋の気配を感じさせるお花です。 少し暑さがマシになってきた秋のシーズン、金木犀(きんもくせい)の甘く強い香りがブーンと漂っ …

半夏生とは、意味、由来は?半夏生にタコを食べるのはなぜ?半夏生鯖のいわれは?

半夏生とは、由来は、半夏生にタコはなぜ?半夏生鯖いわれは? 季節の言葉として「半夏生」の日があります。 半夏生とは季節の雑節のひとつです。 半夏生は夏の季語です。 半夏生とは半夏という薬草が生えるころ …

紫蘇(しそ)の種類は、しそと大葉の違うもの?えごまと大葉の違いは?

お刺身に添えてつまにも使われる大葉ですが、大葉としそとはどこが違うのでしょうか。 スーパーでよく見る大葉、しそ、えごま、同じようにみえる緑色の葉っぱですが、しそ、大葉はさしみのつまなどで馴染みがありま …

梅雨はなんで梅、意味、理由は?梅干しでごはんを食べると美味しいですね。

梅雨はなんで梅、意味、理由は?梅干しでごはんを食べると美味しいですね。 毎年話題で気なるのが、「今年の梅雨入りの時期」。 梅雨の時期は雨がシトシトと降るので、外に出かけるのも面倒になります。 梅雨はな …

たんぽぽみたいな秋に咲く雑草はノゲシ、たんぽぽとの違いは?

たんぽぽみたいな秋に咲く雑草はノゲシ、たんぽぽとの違いは? 秋の季節、たんぽぽみたいに黄色い花を咲かせる野草を野原でよく見かけます。たんぽぽのように黄色の花を咲かせるのは、ノゲシです。 セイヨウタンポ …







カテゴリー

スポンサードリンク


PAL CLOSET ONLINE STORE(パルクローゼットオンラインストア)

テキストのコピーはできません。