ちょっとささやかな世間話

なるほどと思うことや気になることいろんなことなどついて書いているブログです。

植物 夏の行事、風物詩

ノウゼンカズラは植えてはいけないのはなぜ?何科、漢字で書くと、花言葉は?

投稿日:2022年10月13日 更新日:



オレンジ色のラッパのような花が咲くノウゼンカズラ

夏の季節に明るいオレンジ色の花が咲くノウゼンカズラ、ノウゼンカズラは古くから庭木として親しまれてきました。

ノウゼンカズラはガーデニングに適した花木と言われ、ノウゼンカズラはツルが伸びるつる性植物なので、フェンスや支柱、トレリスにツルが這うようにすると自然の日差し除けにもなってきれいです。

そんな空を凌ぐ勢いのある生命力を持つノウゼンカズラを庭に植えたい、

庭が明るく華やかになるので植えたい、と思う人もいると思います。

でも、ノウゼンカズラを植えてはいけないのはなぜ?と言われる主な理由の一つは、繫殖力旺盛で駆除が大変なことになることがあります。

ノウゼンカズラのツルはどんどんと伸びて絡みついていきますし、ノウゼンカズラの幹も年数を経るにつれて太くなっていきます。

ノウゼンカズラの生命力にエネルギッシュなパワーを感じますが、ノウゼンカズラは枝や幹から気根と呼ばれる根を出して木や壁などに這いつくばっていくのでノウゼンカズラの気根から壁が傷む可能性もあります。

ノウゼンカズラは駆除しても次から次へと芽が出てきて駆除するのが大変なことがノウゼンカズラを植えてはいけない主な理由の一つと言われています。

ノウゼンカズラとは一体どんな植物なのでしょうか?

ノウゼンカズラは植えてはいけないのはなぜ?何科、何属の植物、種類、漢字では?



ノウゼンカズラはノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属、漢字で書くと「凌霄花」

ノウゼンカズラは中国原産、ノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属の落葉つる性植物です

ノウゼンカズラは、日本には平安時代に中国から伝わってきた植物と言われています。

ノウゼンカズラは漢字で書くと「凌霄花」凌霄花は、空を凌ぐほど高くなることから花の漢字の意味と言われます。

ノウゼンカズラの開花の季節は夏の季節、垂れ下がった枝からラッパのような花を次から次へとたくさん咲きます。ツルの長さは10メートルにも育つと言われます。

ノウゼンカズラ寿命はとても長く、石川県金沢市の玉泉園には、豊臣秀吉が朝鮮出兵の際に持ち帰った400年もの樹齢あるノウゼンカズラ古木もあります。

ノウゼンカズラの種類

ノウゼンカズラは中国原産の種類の他にも種類があります。

ノウゼンカズラは中国中部から南部に生息するノウゼンカズラ、アメリカノウゼンカズラ、ピンクノウゼンカズラなどの種類があります。

アメリカノウゼンカズラは名前の通り原産地は北アメリカです。

ピンクノウゼンカズラは南アフリカ原産でピンク色の花が咲きます。

ノウゼンカズラの花のひとつひとつは短い間ですが、明るいオレンジ色の花が次から次へと咲きます。

なぜ、植えてはいけない言われるのはなぜなのでしょうか?

ノウゼンカズラはお庭に植えてはいけないのは、ツルが伸びる生命力で庭の木にも巻き付くから



 

「ノウゼンカズラは植えてはいけない」と言われますが、なぜノウゼンカズラは植えてはいけない植物なのでしょうか?

ノウゼンカズラを駆除するのは大変なようで、植えた後に「植えなければよかった」と後悔しないようにしたいですね。

ノウゼンカズラは壁伝いにツルが伸びるので気根で壁が傷むことから

ノウゼンカズラの明るいオレンジ色の花が庭に植えたら花が咲いて明るい庭になるので、ノウゼンカズラを庭に植えたいと思う人もいると思います。

でも、ノウゼンカズラを植えてはいけないと言われます。

なぜ?

ノウゼンカズラを植えてはいけない理由は、強力な生命力で繫殖してツルが伸びていくことです。

ノウゼンカズラは、落葉つる性植物で枝や幹から気根と呼ばれる根を出して木や壁などに這いつくばってどんどん伸びていきます

ノウゼンカズラのツルが他の木にも巻き付く恐れがあります。ほかの木にも巻き付いたら駆除するのが大変です。

スポンサーリンク

ノウゼンカズラの根もまた、少しでも残っていたら駆除したつもりでもまた芽がでてきます。

ノウゼンカズラが壁に這って伸びていくと壁が傷んだりもしますし、近所の庭にも進出していく恐れもあります。

ご近所トラブルになったら大変ですね。

ノウゼンカズラは地下茎で伸びていくので、駆除が大変なので植えてはいけない

ノウゼンカズラは植えてはいけない理由は、地下茎、根が原因の一つです。

ノウゼンカズラを植えたら、生命力があるのでどんどん気根、地下茎とだんだんと増えていきますので駆除するのが大変になります。

ノウゼンカズラを根元から抜いたと思っても、地下茎が残っていれば地下茎から芽が出てきます。

ノウゼンカズラの地下茎は生きているので新芽がどんどん出てきます。

ノウゼンカズラを駆除し取り除いたようでも、地下茎が残っている限り芽がでてきます。ノウゼンカズラを駆除するのはなかなか大変のようです。

また、ノウゼンカズラは、高さがあるので駆除するのは一苦労です。

ノウゼンカズラを駆除するには、根ごと掘り起こす、強力な除草剤を切り口に直接塗るなどの駆除方法があって、駆除するには時間と根気がいる作業となります。

ノウゼンカズラの花は夏に咲いているので、ノウゼンカズラの剪定の時期は12月から3月の寒い時期にします。

ノウゼンカズラには毒性があるから?

ノウゼンカズラの花にはラバコールと言う成分が含まれているといわれます。

ノウゼンカズラの花びらにはアレルギー性の物質が含まれているようで花の汁が肌に付くとかぶれることがあると言われています。

アレルギー性の物質成分が花の汁が手に付くとかぶれる恐れがあるので、花の汁は触らないように注意が必要です。

ノウゼンカズラにも花言葉がありますが、どんな花言葉でしょうか?

ノウゼンカズラの花言葉は怖い?ノウゼンカズラの花に恋する松の伝説とは?


ノウゼンカズラの花言葉には、怖い花言葉は見当たらないです。

ノウゼンカズラの花言葉は、名声、名誉、栄光、華のある人生

ノウゼンカズラの花言葉はトランペットのような花の形に似ていることから来ています。別名、トランペットフラワーとも呼ばれます。

ノウゼンカズラは次から次へと花が咲くさまは、ノウゼンカズラの花からトランペットのファンファーレが次から次へと聞こえそうで賑やかそうなイメージが花言葉になったようです。

トランペットのファンファーレは祝福の時などに吹くことからノウゼンカズラの花言葉は名声、名誉です。

ノウゼンカズラの花言葉華のある人生は、夏の季節に絶え間なく花が咲くことから付けられた花言葉のようです。

ノウゼンカズラの松の伝説

ノウゼンカズラには、西洋の伝説があるようです。

ノウゼンカズラは、夏の季節に美しい花を咲かせますが、ノウゼンカズラの花の美しさに松が恋するというお話。

ノウゼンカズラは他の木にも巻き付く花木ですが、ノウゼンカズラは、松の木だけではなく他の木にも巻き付くため嫉妬したという伝説のお話です。

 

夏の季節にこんなに明るくきれいな花が咲くノウゼンカズラの花、ノウゼンカズラの花を植えたいと思いますが、ノウゼンカズラを植えてはいけない主な理由は、繫殖力旺盛で駆除が大変なことですね。

ノウゼンカズラを植えたらダメなことはないのですが、ノウゼンカズラを植えたら、駆除したと思ってもまた地下茎から出てくるので、駆除が大変なことを気にかけて置いて植えたほうが良さそうです。

ノウゼンカズラを植えてはいけないのはなぜ?について調べてみました。


スポンサーリンク







-植物, 夏の行事、風物詩

執筆者:

関連記事

つくしとすぎなの関係は?すぎなの分類は何科?すぎなの生える場所は?

日本では、年中、道端や野原に自生しているすぎな、すぎなは雑草のようにたくましく自生しています。 つくしが生えていると春の季節をしみじみと感じます。つくしとともにすぎなが自生しています。 すぎなとつくし …

打ち水で暑さ対策、打ち水のしきたり、歴史、打ち水の効果はあるの?

打ち水で暑さ対策、打ち水のしきたり、歴史、打ち水の効果は? 京都の町では水をまく「打ち水」をまく光景をよくみることがあります。 京都は盆地なので夏の気温はジメジメしてとても暑いのです。 暑くなって涼み …

ツルニチニチソウを植えてはいけないのは伸びすぎ?原産地、何科、花言葉は?

ツルニチニチソウと検索すると植えてはいけないと検索されることがあるようです。 なぜ、ツルニチニチソウを植えてはいけないのでしょうか? ツルニチニチソウは青や紫色のきれいな花を咲かせ、葉っぱは一年を通じ …

金木犀(きんもくせい)とは、きんもくせいの花言葉、どんなにおいがする?

あなたはきんもくせいのニオイは好きですか? きんもくせいのニオイが漂ってくると秋の気配を感じさせるお花です。 少し暑さがマシになってきた秋のシーズン、金木犀(きんもくせい)の甘く強い香りがブーンと漂っ …

ブラックベリーは植えてはいけない?ブラックベリーの花言葉、栄養成分は?

ブラックベリーは植えてはいけない?ブラックベリーの花言葉、栄養成分は? ブラックベリーの果実は、ジャムやジュース、スムージーなどで食べれるのが魅力的な植物です。 ブラックベリーは、黒い実をつけることか …




サイトカテゴリー

スポンサードリンク


アクセス解析レポート