ちょっとささやかな世間話

なるほどと思うことや気になることいろんなことなどついて書いているブログです。

季節の行事、風物詩

おみくじは結びつける、持ち帰る?おみくじの家での捨て方、保管方法は?

投稿日:2018年11月18日 更新日:



昔から人々の運勢を占ってきたおみくじ、神社で参拝したあとにおみくじを引いて吉凶を占うことあると思います。

神社でお参りするときに興味本位で運だめしにおみくじですが、おみくじは神意と言われます。

おみくじを引いてみて、おみくじで大吉がでたら喜び、凶だったら悲しんだりといろいろです。

おみくじの結果を信じるか、信じないかは人それぞれです。

そこで、おみくじについての歴史、おみくじを持ち帰るなど、神社で吉凶を占うおみくじについて調べてみました。

おみくじの由来、歴史

もっとも古い形式のおみくじは、祭りのときの神役を選ぶものと言われます。

神役をつとめるのにふさわしい年齢の村人の名前を書いた紙を、一人につき1枚ずつ人数分用意して、その前で神官が御幣を振って、そこについた紙に名前を書かれたものが神役にしたのでした。この風習は鎌倉時代に広まったようです。

用水の引水の順番、漁場の割り当て、畑の割り替えなど、村人同士で話し合いがつかないときなどには、おみくじで決めたようです。

江戸時代には寺社への参詣のとき、参詣客を相手に、今日のようなおみくじが広まっていったとされます。

 

引いたおみくじはどうすればいい?

初詣では今年の吉凶を占う意味においても、おみくじをひくのが楽しみの一つでもあります。

おみくじの種類

おみくじの種類としては中でも、大吉、中吉、小吉、吉、凶、大凶が一般的ですが、おみくじの種類は神社により最大12段階まで種類があります。

大吉>中吉>小吉>吉>半吉>末吉>末小吉>凶>小凶>半凶>末凶>大凶

見たことも無いようなおみくじもあるかもしれませんね。

おみくじを結ぶ場所は?おみくじは持ち帰る?

おみくじは神意をはかるメッセージですが、ひいたおみくじはどうされていますか?

引いたおみくじをどうするかという扱いの決まり事はありません。

吉が出たおみくじは財布に入れて持ち歩いたりもしますし、自宅で保管される人もいるでしょう。

凶がでたおみくじは、神社境内のおみくじ専用に結ぶ場に括り付けて納める人もいるでしょう。

おみくじで凶が出た時、凶のおみくじを持って帰るのも「なんか凶を持ち帰るの」と凶のおみくじをいつまでもあまり持っていたくはないです。

おみくじを捨てたらバチが当たるような気がして、その場でポイと捨てる人は少ないと思います。

おみくじを結ぶ場所の名前は?

神社の境内に、たくさんのおみくじを木に結んでいる光景を見たことがあると思います。

おみくじを結ぶ場所の名前はおみくじ結び所。引いたおみくじは、おみくじ結び所でおみくじ結びを結ぶようにしましょう。

ひいたおみくじを木の枝に結ぶのは結ぶことで神様と縁を結ぶとされています。結ぶということに意味があるようです。

木の枝に凶のおみくじを結ぶと、凶をその場にとどめることになるようです

もし、ひいたおみくじがあまり良くなければ、利き手と反対の手で結ぶと良いようです。

スポンサーリンク

おみくじが大吉は結ぶ、持ち帰る?

おみくじで大吉がでたら嬉しいです。凶と大吉でしたら断然大吉のおみくじがい良いですね。

ひいたおみくじが大吉だと、記念に持って帰る人もいると思います。

大吉のおみくじは持ち帰る、おみくじ結び所に結ぶ、については特に決まり事はありません。

おみくじは神意をはかるものですから、持ち帰るおみくじは粗末には扱わないようにした方が良いですね。

おみくじの保管方法

おみくじは、神棚に保管したり、財布やかばんにいれて持ち歩いたり、手帳に挟んで置いたりすることが多いようです。

おみくじを持って帰っても、いらなくなったおみくじはポイ捨てなどはしないで、近くの神社で結んだり、お焚き上げしてもらったりしたら良いようです。

おみくじを家で捨てるには、塩でお清めすると良い?

おみくじを家で捨てるなら、燃えるゴミとして捨てると思います。

おみくじは神意が書かれたものです。

おみくじは、粗末な捨て方をしないで、半紙に包んでお清めの塩と一緒にビニール袋に入れて捨てると良いです。

去年のおみくじやお守りなどを神社で捨てるときは、古いお札を受付ているところにお納めするのが良いです。神社での行事のどんと焼きのときにも、古いおみくじを捨てることできます。

おみくじが凶の確率は少ない?凶はラッキーなの?

年初に引いたおみくじが大凶だったら、幸先に不安を感じる人もいるかもしれませんね。

おみくじの中に凶、大凶が入っている確率的には少ないようですので、少ない確率を当てたとしたら、それはラッキーなの事なのかもしれません。

おみくじを信じるかは人それぞれですが、凶のおみくじは少ない確率なのでラッキーともいわれているようです。

凶のおみくじには、健康、学問、商売などについて、これから気をつけることややるべきことがかかれています。

もし、あなたに凶のおみくじが出たとしても、ポジティブに受け止めて凶のおみくじは自分対する戒めとして、今後のご自身の参考になさってはいかがですか?

おみくじに書かれていることを参考にして日々の生活で生かせればいいですね!

 

スポンサーリンク







-季節の行事、風物詩
-

執筆者:

関連記事

三寒四温の意味は、時期・季節はいつ?三寒四温の逆の四字熟語はある?

三寒四温(さんかんしおん)の意味は、時期、季節はいつ? 春先になると、「三寒四温(さんかんしおん)」という言葉をよく耳にします。 三寒四温の中身を単純に見てみると3つ寒い、4つ温かいとあります。 3つ …

干し柿の作り方、効能、栄養成分は?白い粉の正体は?

秋になると果物の代表といえば、梨ですね。 それと・・・秋には柿が実ります。柿は秋の代表的な果物です。 スポンサーリンク 田舎の方に行くと秋から冬にかけて軒下に柿がつるしてあるのをみかけます。 干し柿は …

酉の市の意味、酉の日とは?商売繫盛の熊手は縁起物!?

11月には酉の市という言葉をよく聞きますが酉の市とはどんな祭礼なのでしょうか? 酉の市の熊手は、商売繫盛の縁起物として人気です。 スポンサーリンク 毎年11月の酉の日に神社で売られています。 なんで、 …

ゆず湯に入るとピリピリと痛むのはなぜ?ゆずは何個いれる?使ったゆずの使い道はある?

ゆず湯に入るとピリピリと痛むのはなぜ?ゆずは何個いれる?使ったゆずの使い道はある? 冬の季節、カラダが凍えた時、お風呂に入るのは最高ですね。 お風呂に入ってカラダがほぐれるような瞬間、とても気持ちいい …

お年玉の意味、由来、 お年玉を子供に説明するとなると?

お年玉の意味、由来、 お年玉を子供に説明するとなると? 子供さんにとってお正月の楽しみの一つにお年玉です。 お年玉という風習はどのようにして広まったのでしょうか? お年玉という風習の意味、由来は? お …




サイトカテゴリー

スポンサードリンク


アクセス解析レポート