ちょっとささやかな世間話

なるほどと思うことや気になることいろんなことなどついて書いているブログです。

季節の行事、風物詩

おみくじは結びつける、持ち帰る?おみくじの捨て方、保管方法は?

投稿日:2018年11月18日 更新日:



古来より人々の運勢を占ってきたおみくじ、神社で参拝したあと、おみくじを引いて吉凶を占うことはよくあります。

神社でお参りするときに興味本位で運だめしにおみくじですが、おみくじは神意と言われます。

おみくじを引いてみて、おみくじで大吉がでたら喜び、凶だったら悲しんだりといろいろです。

おみくじの結果を信じるか、信じないかは人それぞれです。

そこで、おみくじについての歴史、おみくじを持ち帰るなど、神社で吉凶を占うおみくじについて調べてみました。

おみくじの由来、歴史

もっとも古い形式のおみくじは、祭りのときの神役を選ぶものと言われます。

神役をつとめるのにふさわしい年齢の村人の名前を書いた紙を、一人につき1枚ずつ人数分用意して、その前で神官が御幣を振って、そこについた紙に名前を書かれたものが神役にしたのでした。この風習は鎌倉時代に広まったようです。

用水の引水の順番、漁場の割り当て、畑の割り替えなど、村人同士で話し合いがつかないときなどには、おみくじで決めたようです。

江戸時代には寺社への参詣のとき、参詣客を相手に、今日のようなおみくじが広まっていったとされます。

 

引いたおみくじはどうすればいい?

初詣では今年の吉凶を占う意味においても、おみくじをひくのが楽しみの一つでもあります。

おみくじの種類

おみくじの種類としては中でも、大吉、中吉、小吉、吉、凶、大凶が一般的ですが、おみくじの種類は神社により最大12段階まで種類があります。

大吉>中吉>小吉>吉>半吉>末吉>末小吉>凶>小凶>半凶>末凶>大凶

見たことも無いようなおみくじもあるかもしれませんね。

おみくじを結ぶ場所は?おみくじは持ち帰る?

おみくじは神意をはかるメッセージですが、ひいたおみくじはどうされていますか?

引いたおみくじをどうするかという扱いの決まり事はありません。

吉が出たおみくじは財布に入れて持ち歩いたりもしますし、自宅で保管される人もいるでしょう。

凶がでたおみくじは、神社境内のおみくじ専用に結ぶ場に括り付けて納める人もいるでしょう。

おみくじで凶が出た時、凶のおみくじを持って帰るのも「なんか凶を持ち帰るの」と凶のおみくじをいつまでもあまり持っていたくはないです。

おみくじを捨てたらバチが当たるような気がして、その場でポイと捨てる人は少ないと思います。

おみくじを結ぶ場所の名前は?

神社の境内に、たくさんのおみくじを木に結んでいる光景を見たことがあると思います。

おみくじを結ぶ場所の名前はおみくじ結び所。引いたおみくじは、おみくじ結び所でおみくじ結びを結ぶようにしましょう。

ひいたおみくじを木の枝に結ぶのは結ぶことで神様と縁を結ぶとされています。結ぶということに意味があるようです。

木の枝に凶のおみくじを結ぶと、凶をその場にとどめることになるようです

スポンサーリンク

もし、ひいたおみくじがあまり良くなければ、利き手と反対の手で結ぶと良いようです。

おみくじが大吉は結ぶ、持ち帰る?

おみくじで大吉がでたら嬉しいです。凶と大吉でしたら断然大吉のおみくじがい良いですね。

ひいたおみくじが大吉だと、記念に持って帰る人もいると思います。

大吉のおみくじは持ち帰る、おみくじ結び所に結ぶ、については特に決まり事はありません。

おみくじは神意をはかるものですから、持ち帰るおみくじは粗末には扱わないようにした方が良いですね。

おみくじの保管方法

神棚に保管、財布やかばんにいれて持ち歩いたり、手帳に挟んで置いたりすることが多いようです。

もし、持って帰った後でも、いらなくなったおみくじはポイ捨てなどはしないで、近くの神社で結んだり、お焚き上げしてもらったりしたら良いと思います。

おみくじの捨て方は?

おみくじを家で捨てるなら、燃えるゴミとして捨てます。

おみくじは神意が書かれたものですので、粗末な捨て方をしないで、半紙に包んでお清めの塩と一緒にビニール袋に入れて捨てると良いでしょう。

おみくじを神社で捨てるときは、古いお札を受付ているところにお納めするのが良いです。神社での行事のどんと焼きのときにも、古いおみくじを捨てることできます。

おみくじが凶の確率は少ない?凶はラッキーなの?

年初に引いたおみくじが大凶だったら、幸先に不安を感じる人もいるでしょう。

おみくじの中に凶、大凶が入っている確率的には少ないようです。少ない確率を当てたとしたら、それはラッキーなのかもしれません。

おみくじを信じるかは人それぞれですが、凶のおみくじは少ない確率なのでラッキーともいわれているようです。

凶のおみくじには健康、学問、商売などについて、気をつけることややるべきことがかかれています。

もし、あなたに凶のおみくじが出たとしても、ポジティブに受け止めて凶のおみくじは自分対する戒めとして、今後のご自身の参考になさってはいかがですか?

おみくじに書かれていることを参考にして日々の生活で生かせればいいですね!

 

スポンサーリンク







-季節の行事、風物詩
-

執筆者:

関連記事

金木犀(きんもくせい)とは、きんもくせいの花言葉、どんなにおいがする?

あなたはきんもくせいのニオイは好きですか? きんもくせいのニオイが漂ってくると秋の気配を感じさせるお花です。 少し暑さがマシになってきた秋のシーズン、金木犀(きんもくせい)の甘く強い香りがブーンと漂っ …

たんぽぽの綿毛の花言葉は愛の神託、別れと思わせぶりと神秘的で意味が深い!?

たんぽぽの綿毛の時期、季節は?綿毛の花言葉は別れ、思わせぶりと神秘的で意味が深い!? たんぽぽの花が咲いている時期は意外にも短いです。 たくさんたんぽぽが群生して咲いている様子は黄金を散りばめた様でと …

桃の節句(ひな祭り)の行事食はなぜちらし寿司、菱餅、はまぐりなの?意味がある?

3月3日は桃の節句ですね。 桃の節句は女の子の健やかな成長を祝うために雛人形や桃の花を飾ってちらし寿司,ひし餅、ハマグリのお吸い物などの祝い膳を食べる風習です。桃の節句は「雛祭り」や「上巳(じょうし) …

招き猫は豪徳寺が有名ですね!招き猫の色、猫の手の御利益、意味は?

スポンサーリンク 顔をかしげて前足をあげ、耳の上をこする猫の姿、愛らしいしぐさの招き猫。 店先に座って「おいで、おいで」と手招きをしている招き猫、招き猫は商家の縁起物として親しまれています。 片手をあ …

大安、仏滅の縁起担ぎの六曜とは、由来、意味は?

ご家庭にはカレンダーはあることと思いますが、日付とともに大安、友引などもかかれているでしょう。 今日は「大安だから縁起がいい」などと気にする人もいるでしょう。 毎日の行動の目安として重んじる人も多いの …

スポンサードリンク


当サイトメニュー

スポンサードリンク


アクセス解析レポート