ちょっとささやかな世間話

なるほどと思うことや気になることいろんなことなどついて書いているブログです。

植物 生活 食材、食事

どくだみの毒性とは?ドクダミ茶を作る時、ドクダミの採取時期と注意点は?

投稿日:2021年4月9日 更新日:



どくだみの毒性とは?ドクダミ茶を作る時、ドクダミの採取時期と注意点は?


独特なニオイが特徴の植物ドクダミ

ドクダミは役に立つ植物であると同時に繫殖力旺盛で嫌われることもあります。

ドクダミは湿気の多いジメジメした場所を好んで生えていますが、ドクダミはどんな植物なのかとても興味深くおなじみの植物です。
ドクダミは抜いても生えてくる強い生命力が特徴です。

ドクダミの繫殖力はとても旺盛なので嫌われ者の植物ですが、同時に薬草などにも利用される喜ばれる植物でもあります。

ドクダミのニオイは臭くイメージであまりよくない印象ですがドクダミはとても有用な植物です。

ドクダミは梅雨のころに、白い小さい可憐な花を咲かせます。
ドクダミの花言葉は白い追憶野生 です。

ドクダミとは?ドクダミには毒がある?
ドクダミの花が咲いている時期が採取時期?
ドクダミ茶を作り方は?
ドクダミを作る時の注意点は?

ドクダミとは?ドクダミには毒がある?


ドクダミはドクダミ科ドクダミ属の多年草です。東アジア地域に分布し、日本の全国各地でみることができるおなじみの野草です。
ドクダミは、春から夏の梅雨のころに十字の形をした白い花を咲かせます。ドクダミは古くから薬草として利用されてきた重宝される植物です。

ドクダミという名前からして毒がありそうですがドクダミとの名前から毒の名が付いてますが、ドクダミには毒は一切ありません。ドクダミは解毒作用があると言われています。

また、ドクダミはてんぷらなどで食べられますし、ドクダミ茶はご存知の通りです。また、化粧水にも使われたりする役に立つ植物と言えます。

ドクダミを利用したどくだみ茶は、通常はドクダミを陰干しして煎じて茶にして飲みます。

ドクダミの生の葉はクセのある独特のニオイがあるため、なにか毒が含まれているとイメージさせることからドクダメ(毒溜め)と呼ばれるようになったことからドクダミの名前の由来はドクダメ(毒溜め)からきているようです。

ドクダミの臭い、似ているニオイは

ドクダミのにおいは独特でくさいのですが、ドクダミのニオイが好きという人もいるようです。私はあまり好きではありませんが、好き嫌いがはっきりするニオイです。

ドクダミの臭いは、ハーブのようなコリアンダーのような、独特のニオイです。

ドクダミの葉を手でこすって嗅いでみたことがあります。ドクダミの独特のニオイは身近に体験することができます。

 

ドクダミの花が咲いている時期が採取時期?


スポンサーリンク

ドクダミの開花時期は6月から7月に花が咲きます。春から夏にかけての5月ごろがドクダミの採取時期でドクダミの花が咲くころの時期の若い葉っぱが良いようです。

ドクダミの花が咲いている時期が最適な収穫時期と言われます。ちょうど、梅雨入り前ですね。

ドクダミ茶を作り方は?

ドクダミは根もとから摘みます。

摘んだドクダミは洗ってすぐに風通しの良い日陰干しにつるして乾燥させます。

ドクダミが乾燥してスカスカの状態になったら、ハサミで切断してタッパーウェアなどの容器に入れて保存します。花も茎もパサパサになります。

ドクダミを作る時の注意点は?


ドクダミは道ばたや庭の片隅に咲いていることが多い植物です。道ばたのドクダミは自動車の排ガスや動物のフンなどで汚れていることもあります。
また、お庭などに自生するドクダミも排ガスや動物のフンなどで汚れていることもあります。ドクダミを料理したり、お茶にしたりするときはキレイな場所ドクダミを採取しましょう。

ドクダミは乾燥させたぱらぱらの状態で保存します。せっかく乾燥させたのに湿ったら元も子もないありません。

ドクダミを作る時期は梅雨入りの時期と重なることもあり湿りやすい時期でもあります。乾燥させたドクダミにカビが生えたら台無しです。

湿気ない場所に保管するか、乾燥材を入れて保管するのが良いでしょう。


(楽天市場通販ショップ)

ドクダミはてんぷらやお茶で食べれますが、生でも食べられる?採取時期は初夏が旬!


ドクダミとは?ドクダミには毒がある?
ドクダミの花が咲いている時期が採取時期?
ドクダミ茶を作り方は?
ドクダミを作る時の注意点は?
について調べてみました。

ドクダミは古そこら辺に生えている雑草ですが、古くから薬草として利用されてきました。
ドクダミ茶は便秘改善効果があると言われてます。ドクダミ茶を飲み過ぎると下痢になるようですのでドクダミ茶の飲み過ぎに注意が必要です。

ドクダミから作る化粧水もあります。ドクダミのレシピもあるくらい食べられる野草です。


スポンサーリンク







-植物, 生活, 食材、食事
-

執筆者:

関連記事

梅雨の時期、弁当が傷まないように弁当作りの対策、注意は?

雨の日が多い梅雨時期は、暑さも重なり湿気が多くジメジメする季節で、作ったお弁当が傷まないか、気になるところです。 梅雨の時期は、暑さと湿気が多くなるので細菌の発生のリスクもあります。 お弁当が傷んでお …

アルコール、次亜塩素酸、除菌スプレー、除菌水、除菌、ウイルス対策

除菌やウイルスについてはいつの季節も話題になっています。 雑菌、ウィルスなどは梅雨の時期や花粉の飛散などのリスクは季節関係なく1年を通してあります。 雑菌、ウィルスなどは目に見えないので空気中のどこに …

昼飯、夕飯、雨の日にも便利な宅配デリバリーでポイントが貯まる!

昼飯、夕飯、雨の日にも便利なデリバリー。ポイントが貯まる楽天デリバリー スポンサーリンク 休日は自宅で過ごす方、今日は外に出たくないけど、自炊をしたり、買い物するのも面倒、そんな時に役立つのが出前や宅 …

たんぽぽの根は強く、長く、たくましく再生する!?コーヒー、お茶で食用にも!?

たんぽぽの根は強く、長く、たくましく再生する!?コーヒー、お茶で食用にも!?目次1 たんぽぽの根は強く、長く、たくましく再生する!?コーヒー、お茶で食用にも!?1.1 たんぽぽの根の特徴は強く、長い? …

バナナの皮の色が緑色から黄色、黒い部分があるバナナに、色が変化はなぜ?

朝食、デザート、ちょっとおなかがすいたときお手軽に食べれるバナナ、バナナは甘く美味しい果物です。 お手頃な値段で買えて、栄養も豊富なので魅力的な果物です。 バナナの皮の色は時期によって緑色、黄色、茶色 …




サイトカテゴリー

スポンサードリンク


アクセス解析レポート