ちょっとささやかな世間話

なるほどと思うことや気になることいろんなことなどついて書いているブログです。

季節の行事、風物詩

ダルマの目、どちらから入れるのが正しいの?

投稿日:

ダルマは禅宗の始祖である、達磨大師が座禅する姿を形に表したものです。

ダルマは願掛けする伝統的な縁起物です。

よく選挙の当選した人がダルマに目を入れている光景を見かけることがあります。

ダルマに目を入れる行為は何を意味するのか、ダルマは両目が入っていないのはなにか意味があるのだろうかなどについて調べてみました。

ダルマは、目が白いままで売られていて、買ってから願いを込めて片目をいれ、願いが成就したらもう片方の目を書き入れる習わしです。

スポンサードリンク

目を入れるという行為には意味があるの

ダルマに目を入れる行為には意味があります。

目を入れるという行為は「ダルマに魂を入れる」開眼という意味です。

ダルマの生産地で有名なのが群馬県高崎市で「高崎だるま」といわれ、全国の80%のシェアがあります。

スポンサーリンク

ダルマの目を入れる

・その昔、蚕(かいこ)が良い繭(まゆ)を作るようにとの願いを込めてダルマの左目(向かっては右)にだけ目を入れたことが商人に広まっていったとの説。

・江戸時代に天然痘がはやったとき、目のないダルマを用意して、お客の要望に応じて目を書き入れたのが、目無しで売って、購入したお客が自身で目を書き入れるという習慣につながったとという説。

ダルマの右目、左目、どちらを先に入れるのが正しいの?

ダルマの右目、左目、どちらを先に入れるのが正しいのでしょうか?

答えは、明確なルールがないようです。

ただ、お寺と神社は違うようです。

お寺では右目(向かって左)、神社では左目(向かって右)に先に入れることが多いようです。

高崎ダルマでは向かって右から入れるのが正しいとされています。他の生産地でも高崎ダルマと同じとしているところが多いです。

 

以上、ダルマの目はどちらから入れるについてカンタンに調べてみました。

ダルマは達磨大師が原型であります。

ダルマに目を入れる行為は、ダルマに魂を入れることです。

ダルマの目は左から先に入れることが多いようです。

日頃、ダルマについて目にすることはないのですが、ダルマについて調べてみました。

ダルマは赤い色、ダルマの形の意味、由来は

スポンサードリンク

スポンサーリンク







-季節の行事、風物詩

執筆者:

関連記事

クリスマスケーキはいつ食べる、食べる日、日時とクリスマスとの関係とは?

クリスマスケーキはいつ食べる、食べる日、日時とクリスマスとの関係とは?目次1 クリスマスケーキはいつ食べる、食べる日、日時とクリスマスとの関係とは?1.1 クリスマスケーキはいつ食べる?食べる日は24 …

たんぽぽの綿毛の花言葉は愛の神託、別れと思わせぶりと神秘的で意味が深い!?

たんぽぽの綿毛の時期、季節は?綿毛の花言葉は別れ、思わせぶりと神秘的で意味が深い!?目次1 たんぽぽの綿毛の時期、季節は?綿毛の花言葉は別れ、思わせぶりと神秘的で意味が深い!?1.1 たんぽぽの綿毛の …

豆まきは昼、夜、時間帯は?外にまいた豆はどうする?掃除する?大豆の代わりに落花生?

節分の日には「鬼は外、福は内」の掛け声で豆まきをする家庭もあると思います。 日本の季節の伝統行事である節分に豆まきすること 節分の行事を子供さんに教えることが必要と、豆まきをする家庭もあるようですね。 …

鏡餅の裏白にはどんな意味がある?裏白の向き、使い方は?鏡餅にこんぶはなぜ?

鏡餅にはお正月の歳神様へのお供え物、今年1年間無病息災で過ごせるように祈願する縁起物です。 鏡餅には、まあるいお餅に、みかんのような果物の橙、半紙、裏白、こんぶ、干し柿などが飾られています。 お正月の …

クリスマスの食べ物は、なぜ、チキン、ケーキなのか、理由、意味、発祥、由来は!?

クリスマスの食べ物は、なぜ、チキン、ケーキなのか、理由、意味、発祥、由来は!?目次1 クリスマスの食べ物は、なぜ、チキン、ケーキなのか、理由、意味、発祥、由来は!?1.1 クリスマスの食べ物は七面鳥だ …

スポンサードリンク


当サイトメニュー

スポンサードリンク